1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳TAG2所感

 先週末のAOUエキスポ2011にてついに新作・鉄拳 TAG TOURNAMENT 2の詳細が明らかとなりました。
 多分他の鉄拳ファンと同じく、私も先週末はあちこちのサイトをまわってましたよ。
 今更ながらまとめと感想をば。

「鉄拳タッグトーナメント2」に驚愕の新カードシステム登場、プロデューサーの原田勝弘氏が講演(GIGAZINE)
『鉄拳タッグトーナメント2』、『ドラゴンボール ZENKAIバトルロイヤル』の新情報が公開(ファミ通.com)
TEKKEN OFFICIAL TEKKEN TAG TOURNAMENT 2


・タッグアサルト
今作一番の注目システムになりそうなタッグアサルト。ざっくり言うなら2人がかりのコンボといった感じでしょうか。バウンド技にチェンジボタンを仕込むことによってちょっとスローになり、パートナーが1回技を入れた後、もう一度元のキャラが技を入れられるというTAGらしいシステム。通常のタッグコンボは前回のように回復量も削るのに対して、アサルトのほうは回復量は削らず実ダメージ重視ということで、上手く差別化が出来そう。

 以前のムービーでは一度のコンボで複数回交代してたようですが、今回は1回挟むだけになっているようですね。まだまだ調整段階ということで、今後も仕様が変わる可能性大。1ラウンド中に1回だけになるかもですね。でないと普通のシングルコンボの意味無くなっちゃうし。

 このシステムに関しては、今後どういう方向に持って行くのか未知数なのですが、調整は難しそう。自由度を上げ過ぎると壁コンボや起き攻めを含めたダメージがとんでもないことになりそうだし、かといって制約を加えるとこれまでのコンボにアサルトを挟んだだけというちょっと地味なものになってしまうかもしれません。

・ステージギミック
 現行の鉄拳6(BR)でも一部のステージにあった壊れる壁や床のギミックからタッグコンボに持ち込めるように。
 これはこれで面白いとは思うんですが、個人的には今の壊れる床とかも正直「邪魔くさいな~」と思ってしまうことがしばしばなのでなんとも…。1試合に1回しか狙えないというのもなんだかね。
 まぁこれはオマケ程度ということで。

・リプレイがTAG仕様
 今回KOした後のリプレイがいつものスローじゃなくて、前作TAGのようにスピーディーな3連続仕様になってますね。個人的な好みでいえばスロー再生のほうが好きなんですが…。たまに「今のどうなったんだ?」って感じのKOシーンの確認にもなって便利だったし。
 これに伴って(かどうかはわかりませんが)、KO後の死体蹴りも今回の仕様では出来なくなってるらしいですね。ちょっと寂しいような気もしなくもないですが、まぁ余計なトラブルを避ける意味でも仕方なかったかも。

・キャラクター
 新キャラクター(一応)のジェイシーは事前の憶測通りジュリアだったようで。随分スタイルが変わってるようなのですが、ジュリア使いさん的にはどうなんでしょうね。メインキャラの技が大幅に変わってたら、自分ならショックすぎて正直立ち直れそうもないです…。
 その他ではトレイラーを見る限りオーガはまず確定で、さらに準っぽい人も出てきそうですね。飛鳥との差別化はどうなるんでしょ。あと旧キャラで出てないのはクニミツとミシェールくらいでしょうか。

・新カード
 カード周りは一新されて、今まで1キャラ1枚だったのが、1枚ですべてのキャラを登録できるようになり、回数制限も無くなることに。さらに読み込みは流行りの非接触式。しかも他社のゲーム(当面はセガのみ?)も同じカードで登録できるってんだからこれは凄いですね。いつかどこかがやるだろうなとは思ってましたが、まさかこんな早く実現するとは。
 しかもおサイフケータイならばカードすら不要ということで、逆に言えばこれでゲーセンでの電子マネー普及の下地にもなりそう。

・新ライブモニタ
 ライブモニタに操作パネルがついて、動画を見たり自分の情報にアクセスしたり出来るように。これまではほぼ動画の垂れ流しだったモニタに、VFターミナルの機能が付いたような感じでしょうか。
 プレイヤーからすれば便利になるのはありがたいんですが、お店側からしたらどうなんでしょうね。今までのモニタは捨てちゃうんでしょうか…。たまーに昔のモニタを他のゲームにつなげてるところはありますけど。

・稼働時期
 気になる稼動日はこれまで通り今年の夏ということで名言はされませんでした。原田氏によると開発度はまだ50%らしいのでお目見えするのはまだまだ先のようですが、ファンとしては1日でも早くやりたいと思う反面、長く遊べるようにじっくり作り込んで欲しいとも言える複雑な心境。なんというかあんまり急いでゲーム作って面白くなった試しもないしね…。
 夏と言うと普通に考えたら7月~8月あたりでしょうか。ちなみに今年は闘劇の日程も柔軟になるようで(分割開催?)、その辺のスケジュールの心配はなさそう。
 差し当たり次の出展は、3月12~13日のエンターブレインフェス2011だそうで。でもわずか1ヶ月弱しかあいてないから、AOUのバージョンとあんまり変わらないかもですね。

ちなみに過去作の発表スケジュールはどうだったかというと、

鉄拳5
04年5月15日 E3にて映像出展
04年7月3日~ ロケテスト開始
04年7月6日 プライベートショーに出展
04年9月2日 AMショーに出展
04年10月20日 ロケテスト
04年11月16日 稼動開始

鉄拳6
07年2月16日 AOU2007にて映像出展
07年6月18日 プライベートショーにてプレイアブル出展
07年7月7日 第1回ロケテスト
07年9月15日 AMショーに出展
07年11月14日 稼動日発表
07年11月19日 最終ロケテスト(事実上の先行稼動)
07年11月26日 稼動開始

 もちろんそのまま比較はできないでしょうが、プレイアブル出展からだいたい4~5ヶ月で本稼働を迎えてますね。
 今回も同じような感じなら、だいたい7月あたりには稼動を迎えている…かも。

 なんにせよ楽しみでしかたない!



あと関係ないけど
原田さん絵上手い!

スポンサーサイト

鉄拳6BR in AMショー

なんだか直接鉄拳のことを書くのは久しぶりのような気もしますが(笑

ご存知の通り、先週のAMショーにて鉄拳6BR(BLOODLINE REBELLION)が出展されました。
鉄拳5DRのときも無印発売後約1年でバージョンアップしたので、今後は新作発売1年後にメジャーバージョンアップというのが既定路線になるんでしょうか。

AMショー 鉄拳6BR 画像関連
AMショー 鉄拳6BR ムービー関連(ina tekken)

私は当然AMショーには行っていませんが、公式のムービーや実際にショーに行った方々の感想を見た限りでの第一印象をば。

・バウンド&レイジシステムに変更なし
鉄拳6から採用された新システムですが、とりあえず変更はないようです。
ん~、レイジはともかくバウンドも変更なしですか・・・。う~ん。
ネット等でバウンドシステムの評判を見てると「コンボが長すぎる」「ダメージが大きすぎる」といった意見を頻繁に目にするし、私自身もあまりいい印象はないんですよね。
一説にはコンボのダメージが下がったという話もあるようですが、根本的な解決にはなってないよなぁ。むしろ「長いわりに減らない」となると爽快感が無くなってしまうような気もします。

そもそもこのシステムは画一的だったコンボにバリエーションを持たせるために導入された(と思う)んですが、実際の対戦を見てみると(自分も含め)多くの人が定番コンボばかりでイマイチ変わり映えがしない。
確かにキャラによってはバリエーションが増えたものもありますが、これまでのコンボにバウンドを挟んだだけというのも多く、一部のキャラ(ポール・レイ・平八など)はバウンド後の追撃が事実上1択になってしまうのはちょっとどうかと思うんですよね。

個人的にはダメージ操作よりも、浮かされた側がバウンド時に受け身をとれるようにしたら面白いんじゃないかと思うんですけどね。投げ抜けと同じようにバウンド技によって受け身ボタンを変えたりとか、受け身方向で別の技が当たるようになったりとか。

・新キャラは2人
またしても新キャラが2人増えて総数はついに40キャラに。増えすぎたキャラ数に批判もあるようですが、最近は(鉄拳に限らず)バージョンアップのたびに新キャラ出すのが定番になっているようなのでやむを得ないかなとも思います。
38人から2人増えたところで、そう劇的に複雑になるわけでもないしね。
そりゃいつかは刷新しなくてはならないとは思いますが、それは完全新作のときにでも。

 ラース・アレクサンダーソン
新キャラの一人はいかにも主人公然としたラース。打撃技を中心としたいわゆる正統派キャラのようです。
コンボを見てると後ろに回ったりしててなかなか面白そうですね。
使用率も高くなりそうだし、新キャラというのは得てして”強キャラ”になりがちですが、果たしでラースはどうなる事やら。

 アリサ・ボスコノビッチ
もう一人の新キャラは(半ば忘却の彼方だった)あのボスコノビッチの娘さん。
いや~、ヤヴァイっす! ロボッ娘ですよロボッ娘!
個人的にアンドロイドとかサイボーグの女の子ってすっげぇ好みなんですよ。”ちせ”とか”ちぃ”とかマルチとかKOS-MOSとか攻殻のオペレーターとか。素子じゃないのかよ(笑
あと私をこの属性に目覚めさせてくれたドラゴンボールの人造人間18号も忘れてはならない。そもそもこういったロボッ娘というのは手塚治虫の以下略・・・

アリサは頭が爆発(!)してることからサイボーグではなくアンドロイドのようですね。娘の記憶を移植したとかそんな感じなんでしょうか。
きっと主人(博士?)の命令を忠実にこなしつつも自我が目覚め、機械の体にコンプレックスを持ち、自分の存在意義に悩み、やがて来る活動停止や記憶消去の恐怖と向き合わされるに違いないですよ。人間と一緒に生活していくうちに恋に目覚め、避けられない別れを前にして「私も涙を流せたらいいのに・・・」とか「私が動かなくなっても大切にしてくださいね」とか言ってくれちゃうんだぜまいったなぁもう。(早くも妄想爆発中。この辺がオタクの悪いところ)

格ゲーのキャラとしてはどっちかというと2Dゲー寄りの立ち位置かもしれませんが、まぁ鉄拳も非人間キャラいっぱいいるし問題なく溶けこめるでしょう。
ムービーを見てもアクロバティックな技が多そうで、使ってて楽しそう。私ももちろん使いますよ。
「使うのが恥ずかしい」「使ってる奴はキモイ」とか言ってる軟弱な人らをぎゃふんと言わせてやりたいですね(笑

・既存キャラ変更点
バージョンアップで一番気になるのは、やっぱり既存のキャラがどう変わってるかということでしょうね。ショーに行った人から様々な情報が挙げられています。

鉄拳6BR レビュー(ina tekken)

各種ブログやBBS・SNS等を見ると、早くも新技がたくさん判明してるキャラもあるようです。なんというか新作ってのはある意味発売前が一番盛り上がりますね。私も土日はネットに張り付いてました。
もちろんまだロケテですらないんだから、あの技が強いのどうの言ってもあんまり意味はないかもしれないけど、こういう情報で一喜一憂できるのも今だけですからね。

私のメインキャラの情報が少なくてちょっと寂しい(いつものことなんだけど)のですが、まぁ後のお楽しみということでポジティヴに。別に強くならなくてもいいから、今度はたくさん技増えてるといいなぁ。

・稼動日は?
気になる稼動日はムービーでは今年の冬となってますが、よく言われてるようにおそらく12月でしょうね。am-netのデータでも12月発売となってるし。

参考までに鉄拳5DRのときはどうだったかというと、
05年9月1日~3日 AMショーにてプレイアブル出展
05年9月15日 オフィシャルサイトにてPV公開
05年11月11日~15日 ロケテスト(巣鴨・千日前)
05年12月6日 ナムコ直営店にて先行稼動開始
05年12月13日 一般店舗にて本稼働開始
という感じだったので、同じスケジュールでいくなら再来月にもロケテストがあるかもしれませんね。

あーもー待ち遠しいぜちくしょう。

遠足前夜

鉄拳6稼動まであと数日。一部の店ではロケテという名の先行稼動も始まっていて、各キャラ色々な情報がネットに上がって否が応にも盛り上がってまいりました。ある意味この時期が一番楽しいですね。
最近では夢にまで出てくるようになったのも私だけではないですよね?

鉄拳6 ロケテスト リポート1
鉄拳6 ロケテスト リポート2
鉄拳6 ロケテスト リポート3
鉄拳6 ロケテスト リポート4
鉄拳6 ロケテスト リポート5(ina tekken)

地方人としては、「う、うらやましくなんかないんだからねっ!」と強がってみたいところですが、やっぱり次々と上がってくるプレイレポを見ると、もどかしさを感じてしまいますね。

しかし某chやキャベツ、その他個人のブログなんかの書き込みを見ると、どうも今回ネガティヴな感想がちょっと多いような気がするんですが大丈夫なのかな? 少なくとも「すげー楽しい!」なんて感想はほとんど見かけませんが・・・。
なんか以前にも似たような状況があったような・・・。(そうあれはたしか鉄拳フォ・・・ゲフンゲフン)

それにしてもせっかく新作ゲームが出るというのに、プレイ前から様々な情報を知ってしまうというのも考えようによってはちょっと興醒めというかなんというか。
これまではロケテはあってもこうもあからさまな先行稼動はなかったので(DRの時はちょっとあったけど)、新作稼動日には最低限の予備知識で向かってプレイしながら色々な新要素を探してたもんですが、稼動数日前の時点で新技や新コンボの情報を手にしてしまうと新鮮さが薄らいでしまうような気がしなくもない。
いやもちろん見たくなけりゃ見なければいいんですが、やっぱり新情報の誘惑には逆らえないっすね。

鉄拳3やTAGが稼動した時、わざわざ人がいないゲーセンに行ってレバガチャしながら新技を探してた頃がちょびっと懐かしくなりました。


・鉄拳SNSオープン
新作とはちょっと関係無いんですが、鉄拳界の大御所プレーヤー・Zechsさんが鉄拳に特化したSNSを始められたようです。

鉄拳SNS
Tekken SNSあれこれ(These Days)

差し当たりテスト運用ということらしいのですが、私も早速登録させていただきました。(登録名は普段使ってるRNです。さすがにココと同じ名前を使うわけには・・・)
でも私、SNSってほとんどやったことないんですよね。mixiもやったことないし、他のオープン型のSNSもいくつか登録だけはしたことがあるものの、ほとんど利用してません。なんというか他の利用者さんとの距離感が近すぎるように思えて尻込みしちゃうんですよね。その近さがSNSのいいところなんだろうけど。

ただZechsさんがブログで書かれているように、現状のTEKKENBBS、特に地方板は誹謗中傷がちょっと多すぎてコミュニケーションツールとしてはイマイチ機能してないと言わざるを得ないから、こういうのが出てくるのも当然の成り行きかも。もちろんSNSでも全く問題無いわけではないとは思うけど、今よりは随分マシになるのではないかなと。

もちろん匿名で書き込めるBBSにもSNSにはない気楽さがあるので、上手く棲み分けが出来るといいですね。議論版なんかは匿名じゃないと書き辛いこともよくあるし。

なんにしてもこういうツールがあることで、より鉄拳6が盛り上がってくれることを切に期待します。


・・・盛り上がってくれるよね?

テーマ:鉄拳シリーズ - ジャンル:ゲーム

夏の祭典、そして次回作

格闘ゲーマー年に一度の祭典、「闘劇'07」が今年も開催されました。去年まではゴールデンウィークにやってましたが、今年からは真夏の開催ということでこれから夏の風物詩になっていきそうな感じです。

闘劇'07Final 鉄拳5DR結果(ina tekken)

鉄拳では関西のチームが優勝となりました。(それにしてもinaさん更新早!)
準決勝に進出した4チームの内、2チームが韓国チームというのも面白いですね。まさに日韓の実力伯仲といった感じ。
日本チームの1つも日韓混成のチームだそうで。こういうのも団体戦の面白いところ。

今回からは実験的にネットでのライブ中継も配信されたので、自宅で観戦していた方も多かったことかと思います。こういう試みは正直ありがたい。
ウチからはなかなか繋がらなくて私が観戦できたのは決勝だけだったのですが、非常に緊迫した接戦でかなり面白かったですね。これならDVD買ってもイイかも。

しかしこれで鉄拳5DR最終イベントとなる闘劇が終わったとなると、もうあとは次回作「鉄拳6」を待つのみとなりました。(もちろん対戦は続けますよん)
ただ鉄拳5、及びDRがかなりのヒット作となっただけに次回作がどうなるか非常に心配。ヒット作の次が駄作になってしまうケースはゲームに限らずよくあること。バーチャなんかは典型的で、偶数作と奇数作で見事に浮き沈みを繰り返していますね。もうホント、傍から見ていて気の毒になるくらい。
鉄拳でも4で下がることこまで下がった後、5で起死回生のV字回復を成し遂げただけに6ではその反動と期待過剰でまた下がってしまわないか気になるところではあります。

個人的に5DRは(自分の理想とは多少外れるトコはあるものの)シリーズの中でも最良といってもいいくらいナイスな対戦バランスだと思っているので正直あんまりいじって欲しくはないのですが、商業的には新作を出す以上目新しいシステムを導入しないわけにはいかないでしょうから悩ましいところです。

いずれにしても早ければ6まであと3ヶ月。ゲーセン然りオンライン然り、鉄拳5DRを骨の髄までしゃぶり尽くそうぢゃありませんか。


あーそうそう、

[Read More...]

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム

鉄拳5DR ONLINE

うほっ! うほほほっ!!

PS3 鉄拳5DRO 配信開始(ina tekken)

なんかすっげ~楽しそうですよ! 鉄拳5DRオンライン!!

いや正直、ネットで鉄拳の対戦なんてまだまだ当分先だと思ってたのに、ついに現実のものとなってしまいましたよ。しかも対戦は無料だなんて・・・まったく良い時代になったもんだなぁ。

PS3か~。本体とソフトとスティックで約6万か~。・・・買っちゃおうかな。
当初の目論見では鉄拳6の家庭用がでるまで、早くても本体が値下げされるまで我慢しようと思っていたのですが、ちょっとヤバくなってきましたよ。
でも一応ゲーセンにも対戦しに行きたいんだよなぁ。これからオンライン対戦がメインになってゲーセンでの対戦は廃れてしまうんだろうか・・・。

オンライン対戦といえばやはり気になるのがラグ(遅延)なのですが、ネットでの評判を見る限りさほど気にならないレベルのようですね。もちろん回線によってはゲームバランスに影響するほどのラグが発生するようですが。
こういうのは回線速度よりも回線品質の影響が大きいですから、光回線だからラグが少ないとかそんな単純にはいかないようです。

試しにウチの回線(ADSL 実測で約1.5Mbps)を調べてみたらPing値はだいたい25~30msくらい。これっどうなんだろう? 単純計算だと1フレ=1/60秒≒16.7msだから最低でも2Fくらいはラグがあると考えていいのかしらん。
ネットを見てたらPing値が1桁の人も結構いらっしゃるようで羨ましい限りです。
どうやらお互いの回線が良質ならラグもほとんど気にならない対戦が楽しめるようですね。奮発してPS3買ってもコチラのラグのせいで対戦してくんなくなったらイヤだなぁ。
いっそプロバイダを乗り換えるのも1つの手かも。果てしなくメンドイけど。

自分としては格ゲーのメインはあくまでゲーセンだと考えているのでオンライン対戦にハマってる人も、これをきっかけに鉄拳始めた人も、週末は是非ゲーセンまで来て欲しいですね。

でもやっぱ楽しそうだよなぁ、オンライン・・・

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム


近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。