1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘劇2012店舗予選出場者数

 更新が著しく滞っている当ブログですが、闘劇参加者数は毎年数えていたので、せっかくだから今年も。
 闘劇開催ギリギリというかもう当日になってしまいましたが、実はそのうちやろうかなと思ってたら、今年の闘劇は8月の頭にやるということをつい最近知って慌てて集計したのでかなりやっつけ仕事です。いつも以上に集計ミスや計算間違いがあると思われるのであんまり鵜呑みにはしないでください…。

 集計元はいつものように闘劇公式サイトの店舗予選結果から。出場者数はチーム数を基準にして集計しているので、実際の出場者数は若干少なくなります。未記入店舗の分は平均値の計算には入れていませんが、決勝倍率に関しては平均の人数が参加しているものとして計算に入れています。
 参考までに去年の→■闘劇2011店舗予選参加者数

 それにしても最近のゲームのタイトルは長いなホント(笑


スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012(3on3 19枠)
開催店舗数:76店舗 (未記入3)
総出場者数:607組(1821人)
店舗平均:24.9人
倍率:33.2倍
出場者30人以上:22店舗(30%)
最多出場者数:23組(CLUBSEGA新宿西口)

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ (1on1 60枠)
開催店舗数:163店舗 (未記入10)
総出場者数:2648人
店舗平均:17.3人
倍率:47.0倍
出場者30人以上:13店舗(8%)
最多出場者数:45人(東京レジャーランド秋葉原店)

鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド (2on2 25枠)
開催店舗数:80店舗 (未記入6)
総出場者数:486組(972人)
店舗平均:13.1人
倍率:21.0倍
出場者30人以上:15店舗(20%)
最多出場者数:20組(クラブセガ秋葉原 新館)

アクアパッツァ (2on2 30枠)
開催店舗数:46店舗 (未記入4)
総出場者数:439組(878人)
店舗平均:20.9人
倍率:16.0倍
出場者30人以上:6店舗(14%)
最多出場者数:20組(岐阜レジャーランド穂積店)

バーチャファイター5 Final Showdown (3on3 29枠)
開催店舗数:38店舗 (未記入2)
総出場者数:114組(342人)
店舗平均:9.5人
倍率:4.2倍
出場者30人以上:1店舗(3%)
最多出場者数:10組(ドライブイン千代田リンリン24)

ストリートファイターIII 3rd STRIKE (3on3 27枠)
開催店舗数:27店舗 (未記入2)
総出場者数:283組(849人)
店舗平均:34.0人
倍率:11.3倍
出場者30人以上:18店舗(72%)
最多出場者数:19組(ゲームランドグリーン)

SFIVP4U鉄拳AQVF5SFIII
出場者数182126489728783428497996
店舗数7616380463827430
平均24.917.313.120.99.534.019.8


 スパIVはいつものことながら安定した盛り上がり。ウメハラ氏等の活躍もあって今や闘劇の看板タイトルですね。
 アークシステム枠とも言えるペルソナは今回最も多い出場者数&店舗数となりました。このタイトルは人数の分布も特徴的で、30人以上集まるような店舗が他と比べて少ないんですが、逆に10人以下の店舗も少なくて上手く分散してる感じです。個人戦なんで倍率は高めなんですが。
 去年は2ndステージをやると言っておきながら案の定残念ながら開催されなかった鉄拳。ゲーセンの状況を反映してか、やっぱり人数的にもちょっと寂しいですね。時期が悪かったというのもあるかもですが、一昨年の鉄拳6よりさらに少なくなっています。

 萌え格ゲー枠(?)のアクアパッツァは何気に2年連続の開催タイトルです。さすがに総数は少なくなりましたが、店舗あたりの人数はむしろ多い方です。
 闘劇の定番タイトルでさるバーチャは…、うん、まぁその、なんだ、申し訳ないけどもう無理に開催しなくてもと思ってしまいますね…。関東以外では店舗予選=エリア決勝になっていて、そのうち6店舗で参加者1チームという状況になってしまっています。さすがに名前だけ書いて決勝行き決定ってのはちょっとねぇ…。
 同じく闘劇の定番タイトル、もはやレトロゲーム枠と言ってもいいSFIII。開催店舗数は少ないんですが、店舗当たりの人数は最も多くなっています。しかしこのゲームって稼動から15年、3rdから数えても13年経ってるのに、これだけの人気があるなんて実に息の長いゲームですね。


 それにしても今年の闘劇は屋外の会場でやるんですね。何も真夏の炎天下の中でやらんでもと思わなくもないですが、格ゲー以外の様々なイベントが並行して行われるゲームフェスの一環として開催されるらしく、これはこれで面白そうですね。イトケンさんのライブとかスゲー行ってみたい。もう遅いけど。

 では参加者&スタッフのみなさん頑張って~!

スポンサーサイト

鉄拳TAG2 都道府県別ポイントランキング

 さっぱりブログを更新しない間にTAG2のバージョンアップ版である「鉄拳アンリミテッド」が発表されましたが、こうも早くバージョンアップされるというのは、やはり現状のTAG2の客付きがイマイチだからなんですかね。
 私の感覚から言っても、盛り上がってるゲーセンはそこそこ人がいるんですが、そうでないところは週末の夜でも誰もいないなんてことはザラになってきたように思います。

 まぁ鉄拳に限らず、ゲーセンの盛り上がり具合というのは地域によってかなり差はあると思うんですが、今現在の鉄拳TAG2の状況が気になったので調べてみることにしました。さすがに全国のゲーセンごとの状況を調べるのは骨が折れるので、今回は都道府県別ということで。

 調べたのはTKKEN-NETで見ることのできる地域別ランキング(2月24日22時時点)。各都道府県における50位のプレイヤーの月間ポイント数を比べました。ポイントが多いからと言って一概に盛り上がっているとは言い切れないかもしれませんが、何かの指標にはなるかなと。プレイヤーの人数が直接比べられたら良かったんですけどね。
 50位にしたのは、まぁ深い意味はないんですが、1位だと個人差が大きすぎるし100位だと少なすぎて比べられないので、間を取って50位なら無難かなと。さすがに登録数が50人に満たないところはないだろうし。…と思ったんですがゴメン、徳島ナメてた(笑

 集計結果は以下の通り。1位から順に並べようかとも思ったんですが、かえって探しにくいかもしれないので地域別にしてみました。

北海道 5497 9位
青森 855 41位
秋田 557 43位
岩手 2426 29位
福島 3532 21位
宮城 3710 18位
山形 2055 32位

茨城 3570 20位
神奈川 8160 4位  
群馬 3623 19位
埼玉 7625 7位
千葉 7915 5位
東京 12792 1位
栃木 3114 26位

石川 1923 34位
富山 2232 30位
長野 4090 14位
新潟 3711 17位
福井 703 42位
山梨 1164 38位

愛知 8453 3位
岐阜 4060 15位
静岡 4557 12位
三重 1738 35位


大阪 9009 2位
京都 5182 11位
滋賀 2650 27位
奈良 516 44位
兵庫 5772 8位
和歌山 995 39位

愛媛 2195 31位
岡山 3532 22位
香川 2015 33位
高知 1237 37位
島根 170 46位
徳島 0 47位
鳥取 441 45位
広島 4265 13位
山口 3782 16位

大分 3127 24位
沖縄 3241 23位
鹿児島 2602 28位
熊本 5360 10位
佐賀 895 40位
長崎 3120 25位
福岡 7740 6位
宮崎 1577 36位


 5段階で色分けしたものがこちら。(クリックで拡大)

chizu

 TOP3は東京・大阪・愛知の三大都市圏。これはまぁ予想通りですかね。特に東京はぶっちぎりです。東京以外でも関東地方では神奈川・千葉・埼玉がひと桁の順位でかなりの盛り上がりを見せています。ネットでは何かとネタにされる群馬も半分よりは上ですね(笑

 関東以外で盛り上がってそうなのもだいたい予想通りですかね。ちょうど東京から福岡までの新幹線が通ってそうなライン。まぁこの辺は人口も多いでしょうし。
 逆に少ないのは東北や山陰、あと四国や北陸も意外と少ないですね。あとまわりの県が盛り上がってるにもかかわらずぽっかりと穴が開いたようになってる山梨もちょっと不思議。


 TAG2が出てからというもの、やたらと過疎だ過疎だと言われてるような気がしますが、今度のバージョンアップを機に再び全国のゲーセンで盛り返してくれることを切に期待します。

闘劇2011店舗予選参加者数

 間もなく闘劇2011の決勝大会が始まるわけですが、今年は鉄拳無いんですよね。鉄拳(TAG2)を含めた”2nd Round”なるものが計画されているようですが、一体いつになることやら。少なくとも今年中はもう無理っぽいですね。今となれば普通に6BRでやっときゃ良かったという気も。

 毎年予選参加者数を数えていて今年はどうしようかと思ったんですが、結局数えてみることにしました。開催タイトルも少ないのでそれほど手間もかかりませんし。
 去年の結果はこちら→■闘劇'10店舗予選参加人数まとめ
 カウント方法はいつものように闘劇の公式ページから各店舗予選結果にある参加者を数えています。数え間違いあったらごめんなさい。


アクアパッツァ (1on1 29枠)
開催店舗数:87店舗 (未記入7)
総出場者数:1597人
店舗平均:20.0人
倍率:60倍
出場者30人以上:10店舗(12.5%)
最多出場者数:47人(タイトーステーション町田店)

ブレイブルー コンティニュアムシフト II (1on1 27枠)
開催店舗数:154店舗 (未記入15)
総出場者数:2518人 25%減
店舗平均:18.1人
倍率:103倍
出場者30人以上: 12店舗(8.6%)
最多出場者数:47人(クラブセガ秋葉原)

SUPER STREET FIGHTER II X (3on3 28枠)
開催店舗数:28店舗 (未記入4)
総出場者数:161組(483人) 28%増
店舗平均:20.1人
倍率:6.7倍
出場者30人以上: 3店舗(12.5%)
最多出場者数:10組
 (プレイランドエフワンR タイトーステーション溝の口 西日暮里ゲームスポットバーサス)

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション (2on2 19枠)
開催店舗数:109店舗 (未記入10)
総出場者数:1105組(2210人) 19%増
店舗平均:22.3人
倍率:64倍
出場者30人以上: 19店舗(19.2%)
最多出場者数:38組(新宿スポーツランド本館)

APBBSFIIXSFIV
出場者数1597251848322106808
店舗数8715428109378
平均20.018.120.122.319.9

 今年は開催タイトルが少ないので比較が難しいのですが、それを加味しても参加者数は若干少なめですかね。30人以上が参加した店舗が全部合わせてわずか44ヵ所ってのも寂しい限り。3000名超えのタイトルもありませんし、店舗平均も20人前後と低くなっています。全タイトルで店舗平均がほぼ同じなのは狙ってやったのなら見事ですが、まぁ偶然でしょうね(笑

 完全新作のアクアパッツァはどうなるかと思ったんですが、なかなか盛況。
 ブレイブルーは人数が去年と比べて減っているものの、シングル戦のため競争率約100倍の激戦区。これチーム戦のほうが良かったのでは? むしろ倍率ひと桁のSFIIをシングル戦にしたほうがいいような。
 ストIVは人数がやや増えたうえ、2on2になったため競争率は激増。


 今回は開催タイトルを絞った割に、参加者数も微妙なのでちょっと寂しい気もしますが、決勝大会の盛り上がりに期待です。

 ちゃんと2nd roundもやるよね?

格ゲーのCPU戦は無料にしてみては?

 いや、うん、素人の暴論であることはわかってる。それでもあえて言わせてもらいますメーカーさん&オペレーターさん、「格ゲーのCPU戦無料にしてみない?」

 いやほら、最近のネットゲーとかって基本料金無料が多いじゃないすか。無料プレイで人を集めつつ、面白いと思った人から課金するシステム。あれと同じ要領で格ゲーも無料化できないものかと。幸い格ゲーの場合、CPU戦と対戦プレイは実質別物なので、やって出来ないことはないと思うんですよ。ひょっとしたら、格ゲー復興のリーサルウェポンになるかもしれない。

 考えられるシステムとしては、空いてる筐体(対戦台)ではお金を入れることなく即CPU戦をプレイ可能に。ずっとプレイされるのはさすがになんなので、3ステージくらいで強制終了。その間乱入対戦も可能で、乱入する側はこれまで通り有料。1試合終わった後は、勝敗にかかわらず無料側が終了し、再戦する場合は当然有料。…なんてのはどうでしょうか。

 お店にとってはこれまであったCPU戦の売り上げが無くなることになるわけだから、当然選択制で。1台のみ無料にするとか、平日のみ無料とか、運用方法は柔軟に。そういえば以前は週一くらいでフリープレイタイムを設けてるお店も多かったけど、最近はそういうのも少なくなりましたね。
 あと、連続プレイ防止のために一度ゲームオーバーになったら、しばらくその筐体では無料プレイできなくなるようにする必要もあるかもしれません。


 このCPU戦無料化のメリットを考える上で一番大きいのが、やはり「練習がタダで出来る」ということ。
 当然というか残念ながらというか、格ゲーを楽しむためにはある程度練習が必要になると思うんですが(レバガチャでも楽しめないことはないかもだけど)、現状ではお金を払わないと練習できないわけです。しかも乱入対戦のリスクを負いながら。これは初心者さんはもちろん、慣れた人でも結構キツイ。(家庭用が出ていればまた別ですが)
 そこでCPU戦を無料にすることにより、少なくとも今よりは気軽に練習できるようになるんじゃないかと。新規プレイヤーさんにとっては体験版のような意味も込めて。加えてじっくり練習したい人向けに、これまで通りの有料CPU戦も残しておいたほうがいいかもしれません。

 また初心者さんの場合、練習中に乱入されて上級者にボコボコにされるという、いわゆる「初心者狩り」が不安の種になっていると思うんですが、無料ならその不安もある程度軽減されるんじゃないかと。たとえ負けても、「しょうがないなー、隣の台でもっかいやるか。どうせタダだし」となってくれるかもしれない。
 逆に上級者側にとっても、乱入する側だけがお金を払うわけですから、「これは入っていいのか微妙かな」と思う相手でも、ある程度気楽に乱入できそうな感じがします。

 そもそも今日びの格ゲーは新作発売直後以外は多くのゲームで客付きが今一つで、割と流行ってる(と思う)鉄拳でも一部の盛り上がってるゲーセン以外は週末の夜でもほとんど人かいないところなんかも珍しくないんですよね。正直私も、人がいそうな時間帯を狙ってゲーセン行ったにもかかわらず誰もいなかった、なんてことは日常茶飯事ですし。誰もプレイしていない筐体が延々とデモ画面を繰り返しているのを見ると、これをもっと有効活用できないものかといつも思います。
 CPU戦を無料化することにより多少なりとも一見さんが増えれば、これまであまり盛り上がっていなかったゲーセンでも対戦に飢えた中上級者が集まってくる…かもしれない。なんだか無料プレイヤーを撒き餌のように扱ってるみたいでちょっとアレなんですが、まず何より間口を広めて人を集めないと。


 初心者さんにとってはタダで練習できて、新規プレイヤーが増えれば既存プレイヤーにとっても対戦相手が増えて、人が増えればお店にとっては売り上げが増えて万々歳…なんてことになったらいいけど、まぁさすがにそう簡単にはいかないでしょうね。
 お店側からすればインカムが減る可能性も高いだろうし、無料で集めた新規さんがどれだけハマってくれるかも未知数。かえって初心者狩りは増えるかもしれない。

 でもどこか(旧作でもいいから)実験的にやってみてくれないですかねぇ。

闘劇'10店舗予選参加人数まとめ

 先週ようやく闘劇予選がすべて終わったので、今年もいつものように予選参加者を数えてみました。今年は開催タイトルが多くて大変だったZE

 数えたのは闘劇公式ページの店舗予選結果に書かれている参加者数。エリア決勝は対象外。(店舗予選がエリア決勝を兼ねている場合は数えています)
 結果が未記入の店舗もいくつかあるんですが、その分は平均値等の計算から外しています。またチーム戦の場合は人数が欠けてることが稀にあるんですが、チーム数を基準に集計しています(参加10チーム27人→30人)。したがって参加者の数は大体の目安くらいに考えてください。
 前回から2年連続で開催されているタイトル(バージョンアップを含む)は参加者の前年比も計算してみました。
 倍率は出場者(チーム)数をエリア代表の枠数で割ったもの。これのみ未記入店舗の分は平均値で計算に入れています。
 昨年の状況はこちら→■闘劇'09店舗予選参加人数まとめ


・ストリートファイターIV (3on3 20枠)
開催店舗数:80店舗(未記入9)
総出場者数:619組(1857人) 24%減
店舗平均:26.2人
倍率:34.9倍
出場者30人以上:23ヵ所(32.4%)
最多出場者数:30組(ユーファクトリー安城店・タイトーステーション福岡天神)

・鉄拳6 BLOODLINE REBELLION (3on3 24枠)
開催店舗数:138店舗(未記入18)
総出場者数:764組(2292人) 30%減
店舗平均:19.1人
倍率:36.6倍
出場者30人以上:21ヵ所(17.5%)
最多出場者数:16組(マックスプラザ善通寺)

・THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH (1on1 21枠)
開催店舗数:21店舗(未記入2)
総出場者数:574人
店舗平均:30.2人
倍率:30.2倍
出場者30人以上:8ヵ所(42.1%)
最多出場者数:58人(西日暮里ゲームスポットバーサス)

・バーチャファイター5 R (3on3 29枠)
開催店舗数:97店舗(未記入23)
総出場者数:291組(873人) 31%減
店舗平均:11.8人
倍率:13.2倍
出場者30人以上:5ヵ所(6.8%)
最多出場者数:10組
(プラボいわき店・ゲームチャリオット六方店・クラブセガ秋葉原 新館
 ・ハイテクランドセガ西中島・タイトーステーション福岡天神)

・ブレイブルー CONTINUUM SHIFT (2on2 26枠)
開催店舗数:99店舗(未記入4)
総出場者数:1669組(3338人) 79%増
店舗平均:35.1人
倍率:67.0倍
出場者30人以上:57ヵ所(60.0%)
最多出場者数:51組(東京レジャーランド秋葉原店)

・アルカナハート3 (2on2 29枠)
開催店舗数:57店舗(未記入3)
総出場者数:1240組(2480人) 43%増
店舗平均:45.9人
倍率:45.2倍
出場者30人以上:38ヵ所(70.4%)
最多出場者数:52組(東京レジャーランド秋葉原店)

・GUILTY GEAR XX ΛCORE (3on3 12枠)
開催店舗数:66店舗(未記入6)
総出場者数:740組(2220人) 22%減
店舗平均:37.0人
倍率:67.8倍
出場者30人以上:38ヵ所(63.3%)
最多出場者数:36組(クラブセガ秋葉原)

・ストリートファイターIII 3rd STRIKE (3on3 10枠)
開催店舗数:36店舗(未記入4)
総出場者数:258組(774人) 6%減
店舗平均:24.2人
倍率:29.0倍
出場者30人以上:11ヵ所(34.4%)
最多出場者数:22組(ファンタジスタ)

・戦国BASARA X (1on1 14枠)
開催店舗数:14店舗(未記入0)
総出場者数:161人
店舗平均:11.5人
倍率:11.5倍
出場者30人以上:0ヵ所(0%)
最多出場者数:20人(高田馬場ゲーセン・ミカド)

・SUPER STREET FIGHTER II X (3on3 13枠)
開催店舗数:13店舗(未記入0)
総出場者数:126組(378人)
店舗平均:29.1人
倍率:9.7倍
出場者30人以上:7ヵ所(53.8%)
最多出場者数:14組
(GAME-NEWTON 大山店・アミューズメントF-1深谷店・neo amusementspace a-cho)

・THE KING OF FIGHTERS XIII (1on1 28枠)
開催店舗数:45店舗(未記入3)
総出場者数:668人
店舗平均:15.9人
倍率:25.6倍
出場者30人以上:5ヵ所(11.9%)
最多出場者数:39人(クラブセガ秋葉原 新館)

・MELTY BLOOD Actress Again Current Code (2on2 30枠)
開催店舗数:82店舗(未記入6)
総出場者数:1358組(2716人)
店舗平均:35.7人
倍率:48.8倍
出場者30人以上:51ヵ所(67.1%)
最多出場者数:50組(新宿スポーツランド本館)

BBMBAAAH3鉄拳6GGXXSFIV
出場者数333827162480229222201857
店舗数9982571386680
平均35.135.745.919.137.026.2
VF5RSFIIIXIII2002SFIIX戦国
出場者数87377466857437816118331
店舗数973645211314748
平均11.824.215.930.229.111.524.5

 全タイトルの総出場者はのべ18331人。昨年と比べると3000人(19%)ほど増えましたが、これは開催タイトルや店舗数が増えた影響かもしれません。店舗当たりの平均参加者は減ってしまっていますし、前回に続いて2年連続で開催されたタイトルだけを見るとちょっとだけ減っています。(14275人→13834人)

 タイトル別にみると、昨年から今年にかけて新作の出た2D三作(ブレイブルー、メルブラ、アルカナ)が盛況ですね。今となってはやや古い感じのするギルティはさすがに昨年より減りましたが、それでもまだ2000人以上が参加していて、枠数が少ないこともあって競争率は60倍以上の激戦となりました。
 我らが鉄拳は1000人以上減ってしまって、ちょっと寂しい結果に。バーチャもさらに減っていて、店舗平均が10人ちょっと。
 ストIVも減ってしまっていますが、これは家庭用が一足先にバージョンアップしてしまった影響も大きそうですね。
 ストIIIのほうは、ほぼ横ばいで古参プレイヤーに根強い人気がありそう。復活したスパIIXは競争率こそ低いものの、物凄い猛者ばかりが集まってそうな印象が…。
 新作のXIIIとリメイクの2002UMが開催されたKOFはプレイヤーがかぶっているのか、出場者数ではほぼ同程度。
 戦国BASARAは参加人数・店舗数共に、ここ3年でも最少となってしまいましたが、逆に言えばライバルが少なくて狙い目かも。


 発売から時間がたつとプレイヤーが減ってしまうのはある種仕方のないことかもしれませんが、今後も出来るだけたくさんの人が気軽に参加できる大会であってほしいですね。今年も出場しなかった私が言うのもなんですが(笑


近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。