1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠征の功罪

闘劇も正に宴もたけなわといった感じで週末になるとどこかしこで予選が行われていたりしますね。

ただ鉄拳に関してはちと盛り上がりが微妙な感じ。闘劇HPの大会結果なんかを見ても参加チームが10もあればいい方で多くは5~7チーム、少ないところでは2~3チームというところもあり、酷いトコでは参加チームゼロというところもあるようですね。
やはり団体戦というのはなかなか参加者が集まらないもんですね。先日の称号大会では軒並み100名を超える参加希望者が集まったことを考えればプレイヤーがいないということでもないようですし。
次回があるならぜひ個人戦で。

ところでこういった全国規模の大会が行われる際に問題、とまではいきませんが個人的に気になることが。

それはトッププレイヤーによる「遠征」。

普段レベルの高いところ(主に首都圏)で活躍しているプレイヤーが郊外や地方のゲーセンに出向いて大会に出場するという光景も最近では珍しくなくなりましたが、私としてはこういった行為には賛同できかねる所があります。

もちろん、ルール上はどこの大会に出ようが、(代表権をとらない限り)何度でも店舗予選に出ようが自由なわけです。
闘劇主催者、及び観戦する一般プレイヤーにとっても本戦出場者はレベルの高いプレイヤーを期待するでしょうから、一人でも多くのトッププレイヤーが出場した方が盛り上がるのは間違いないと思います。
また(私を含め)地方プレイヤーにとっても通常は対戦機会のないプレイヤーさんと対戦できるのはありがたいですし、こういったイベントを通して地方と首都圏の交流が出来るのは素晴らしいことだとは思います。

でも! でもでも!
いち地方プレイヤーの感情としては地元の代表を決めようという大会にゲストであるヨソ者(失礼!)に代表権をかっさわれるというのは釈然としないものがあるわけです。正直言えば面白くない。
いや、もちろんせっかく来てくれるのに「来るな」とは言えないし(むしろ来るだけなら来て欲しい)、代表権という報奨(悪く言えばエサ)があるからこそ遠いところをわざわざ来てくれるんだと思います。交通費・滞在費だってばかになんないし、来てくれる分には地方人としてはありがたい。
しかし、一応地方予選という名目ですし地方の大会からはその地方の強豪が勝ち上がるのが本来の趣旨だと私は思うわけです。

実は以前、ウチの地方で今回のような全国規模の大会の予選があったときにも東京から遠征に来られた方がいて、地元民の健闘むなしく代表権をとられてしまったことがありました。それだけでも悔しかったんですが後で本戦の結果を見たらウチの代表権をとった人は棄権により不戦敗・・・。いったい何しに来たんだと突っ込みたくなりましたよ。(もちろんやむにやまれぬ理由で棄権したんでしょうが)

そりゃね、結果が全てですから負けたほうがぐちぐち文句を言うのはカッコ悪いですよ。トッププレイヤーに負けないように地元の人間も頑張らないといけませんよ。それこそこっちから東京に乗り込んで行くような気概で。そうしてお互いが切磋琢磨して全国で盛り上がれば言うことないっすよ。

しかし現実問題として東京と他の地方都市とじゃプレイヤー人口からして違うわけで必然的にレベルも層の厚さも差が出てきてしまいます。
主催者側としても一応その辺りは考慮されていて東京での代表枠は多く設けられているようですが、やはりそれでも数に限りがあるのであふれた人間が地方へ遠征、代表権を取られた地方プレイヤーが仕方なく近県へさらに遠征、というように玉突き状態になってしまう恐れがあります。
そうなると自分達の地域の代表が見たこともない別の地域の人間ということになるわけで、(高校野球のように)地元の代表を応援しようという気にはなかなかならないわけです。

闘劇というのはそういうもんだ、と言われればそれまでですが、せっかく全国規模の大会を行うわけですからみんなが参加した気になれる大会であってほしいものですね。

というわけで
頑張れ地方の強豪プレイヤー!
スポンサーサイト

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム

攻略本レビュー:鉄拳5攻略本 質実剛拳

いずれ出るであろうDRの攻略本の前に過去の攻略本も振り返っておこうかなと。
そもそも私、攻略本自体も好きなんです。ライターさんや出版社の方針で様々な特色が出るんですよね。
昔の攻略本の中には個性的なものもありますし。

とりあえずは皆さんご存知のこの攻略本から。
質実剛拳
「鉄拳5攻略本 質実剛拳」
(エンターブレイン)
2005年2月19日発売 1,659円 AB判 320P

鉄拳5稼動後、アルカディアが最初に出した攻略本です。雑誌(ムック)扱いなのでカバーはなし。表紙・裏表紙に書下ろし(?)のCGが使われています。カッコえー。
ライター陣はささき、タケヤマ、ハメコ。、ミシマスター、ロッソ、垂れ○巌竜の6人(敬称略)がメイン。東京の有名プレイヤーさんばかりです。
それにしてもアルカディア系の攻略本は凝ったタイトルを付けますね。
ちなみに四文字熟語の「しつじつごうけん」は「質実剛”健”」です。受験生の方はお間違えのないよう(笑
以下、細かい内容を。

・世界紹介・キャラ紹介(DF)24P
ゲームのストーリーとデフォルトキャラの紹介。キャラそれぞれにオリジナル(というかライターが勝手に考えた)キャッチコピーがついててカッコいいですね。

・システム紹介 20P
鉄拳に慣れた人にとってはあんまり読む機会もないかと思いますが、初めて鉄拳の世界に触れる人にとっては重要な内容。文章量も割と多いですが見やすい構成になってると思います。
全ての投げ技の投げ抜け後の優劣なんてのも載ってるので上級者にも有用かも。こんなの全部覚えてる人はそういないでしょうが(笑

・技紹介(DFキャラ) 90P
AC版攻略本のキモと言えば各キャラの技紹介。1キャラにつき3P~6P。最初に発売された攻略本というのは全ての技を写真付きで解説するのが通例なんですが、残念ながら今回は解説されているのは全ての技の1/3~1/2くらい。できれば全技に解説をつけて欲しかったですねぇ。ページの関係上仕方ないかもしれませんが。ただ写真は全技掲載されているので、解説されていない技に関しては自分で調べるか脳内で勝手にイメージ(笑)するしかないですな。
それよりも致命的なのがなんといっても「見にくい」ということ。ページ構成が上段に技の写真、下段に技の解説となっているのですが、解説されてる技の写真を探すのにちょっと手間がかかります。
この構成、鉄拳4の時もそうだったんですが見にくいったらありゃしません。解説文を読んでからそれに対応する技の写真を探そうとしても、なかなかすぐには見つからないのでストレスが溜まります。(一応同ページには収まっているのですが)
できれば昔のように写真と解説文を一緒に掲載するか、それがダメならせめて番号でも付けて探しやすくして欲しかったですね。

・キャラ紹介(TRキャラ) 14P
・技紹介(TRキャラ) 36P
デフォルトキャラと同じ。別ページにした意味はあんまりないような。

・開発者インタビュー 5P
お約束のインタビュー。参加者は原田さん・木元さん・米盛さん・野田さんの4名。ゲーム内容だけでなくネットワークやライブモニタ、あとなぜか鉄拳TTについても言及してます。むしろゲーム内容の方が少ない感じ。できれば新システムや新キャラ等についても語って欲しかったですな。(そういうのはアルカディア本誌で散々語っているのでしょうが)
またこの頃から既にバージョンアップについて触れられています。

・対戦攻略 58P
技紹介と並んで重要な要素である対戦攻略。モノクロで1キャラにつき2ページ。見開きの左側が対戦攻略で右側上段が空中コンボ、下段がキャラ対策になってます。
対戦攻略に関しては各キャラ基本を抑えていて初心者さんやサブキャラを作ろうという人には有用だと思います。攻略記事は実質1ページですが文章量もそこそこ。決して多くはないですし、高度な内容がかかれているわけではありませんが最初の攻略本としては無難な内容ではないでしょうか。
コンボに関しては各キャラ6種類。基本的なコンボはだいたい網羅されていると思いますが、逆に凝ったコンボは少ない感じ。
壁コンボや受身確定ネタ(当時)なんかは基本的に対戦攻略の方に書かれているので、コンボは純粋な空中コンボがほとんどです。
キャラ対策は主に「この技に気をつけろ」「これにはこう対処しろ」的なもの。慣れた人には当たり前のことが多いですが初心者さんには何気に重要です。
フレームデータに関しては確定反撃に使う発生の早い技の発生フレームと、確定反撃を受ける隙の大きい技の硬直フレームがそれぞれ12個ずつ。当時は「こんだけかよー」なんて不満を漏らしていたもんですが、主力技をだいたい網羅してあるので初心者さんにはむしろコッチのほうがいいかもしれません。

・技表 37P
んーあんまり使わないかも。でもないと困る。
・パーツリスト 30P
カスタマイズ用。

・総評
長くなりましたが始めて鉄拳5に触れるような人は(当時としては)買っておいて損はないかと。全ての技の写真が載っているのは今のところこの本だけ(多分)ですし。でもさすがにDRでも使えるかというとちと微妙。私は今でもたまに技の写真を見ながらニヤニヤしてますが(笑
残念なのはやはり技紹介が見にくいということ。しかも(これはゲーメスト時代からの伝統ですが)技紹介と対戦攻略の項が別れているので、対戦攻略を読んで「この技どんなだっけ?」と思ってもすぐに探し出せません。これは本当に疲れます。カラーとモノクロのページという制約上仕方なく分割しているのかもしれませんが、もう少々値段が高くなってもフルカラーでええやんと思ってしまいます。
また発売時期が遅かった(05年2月19日)のも当時としてはヤキモキさせてくれました。以前のパターンだと稼動してすぐにデフォルトキャラの攻略本、その後タイムリリースキャラが出揃ってから2冊目というのが通例でしたが、今回はいきなり全キャラ掲載ということで結局発売したのが稼動から3ヶ月もたった後でした。まぁ平八登場が2月14日なので出版側としては最速で出してくれたんでしょうけど。
まぁそれでも内容自体は老舗らしく無難な作り。これがあればある程度鉄拳5を楽しくプレイできると思います。


というわけでDRの攻略本はまだっすか?

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム

いよいよ開始

ついに各地で闘劇の予選が始まりました。
とはいえ、なーんかこうイマイチ盛り上がりに欠けると感じるのは私だけでしょうか。
私のモチベーションが低いだけかもしれませんが。

それに今回の闘劇、鉄拳の部は団体戦なんですよね。
団体戦って個人戦に比べてエントリーのハードルが高いので、ちょっと嗜む程度にしかやってない人にとっては参加しづらいものがあるかもしれません。
小さな大会であればその場にいるもの同士で適当にチームを組んで参加できますが、闘劇予選の場合はそうもいかないでしょうしね。万が一勝ち残ってしまったら辞退しにくいでしょうし。・・・弱々な私はそんな心配はないですが。(笑

なんというかこういう団体戦って個人戦と同時にやるから面白いと思うんですよね。一番強いチームが決まっても必ず「それじゃぁ一番強かった人は誰?」って話になるだろうし。
いまさら運営に文句言っても仕方ないですが個人的にはこういう大会は個人戦メインでやって欲しいですなぁ。


で、開始したのは闘劇だけじゃなくて、

[Read More...]

所信表明

果てしなく今更な感じですがこのブログについての説明を。

基本的に鉄拳ついての想いを不定期に綴っていけたらなと思っとります。
「これがこうだから鉄拳は面白い」みたいな。
更新頻度はせいぜい週に1回前後かなと。
ブログって書いてみるとわかるんですが意外と時間がかかるもんなんですね。
毎日更新してる人尊敬します。
ひと月以上更新が止まってたら「飽きたんだなー」と思ってください。

攻略的なことは書きませんというか書けません。
まぁその手のサイトさんは山ほどあるしね。
そもそも私、弱いし。勝てないし。へたっぴだし。
対戦日記みたいなものも私が書いてもあんまり面白くないんで
なるべく控えようと思います。
地元の人間の対戦日記を読むのは結構面白いんですけどね。

たまーに(?)鉄拳とは関係無いヲタな話とかにもなるかもしれませんが
まぁテキトーにスルーしてください。(笑
ヲタクという人種はたまに自分の趣味について
関係無い人に語りたくなるものなのです。

あと、別にこだわりというわけではないんですが
掲示板用語みたいなのは極力使わないでおこうかなと。
wとかorzとかキタ――とか、最近では某VIPで使われてるやつとか。
私も掲示板等ではよく使うんですが、
ウチのようなブログではなんかあわないような気がするんですよね。
ああいうのって流行り廃りもあるし。

はっきり言って面白い文章なんて書けませんが
せっかく長いこと鉄拳やってきたので
自分の鉄拳に対する数々の想いをネット上に記録できたらなと。

近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。