1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイル論 ~概論

まずは口上をお読みください。

最近はすっかり下火になりましたが格闘ゲームにおいて戦い方の是非を問う「プレイスタイル論(またはチキン論争、2Dでは待ち・ハメ論議)」というのはたびたび議論の的になっていました。
ゲーム以外の世界でも「ああいう戦い方はどうなん?」という議論は分野を問わずよく見かけますね。(野球で4番打者を敬遠しまくったり、相撲で立会いの変化や引き技を多用したり)
鉄拳においてもそれは例外ではありませんでした。

・定義
まぁありていにいえば「アレやっちゃダメ」「コレやるのは卑怯」みたいな感じですね。対象となるのが特定の技だったり行動だったり戦術的なことだったりします。
有名なのが「バックダッシュ・しゃがパンはダメ」とか「ローキックでのフィニッシュはセコイ」「投げは汚い」「”待ち”ばかりで攻めてこない奴はチキン」等々。個別の技では「鳳凰の構えは避けすぎるからダメ」「崩拳ステップからの落葉はダメ」「右アッパーはローリスクだからダメ」といった今となっては考えられないようなことも大真面目に議論されてきました。
またいわゆる「死体蹴り」の議論も広義のスタイル論と言ってもいいかもしれません。

しかしどこまで制限するのかというのは個人や地域によって違いましたし、反対に全く行動を制限しないいわゆる「なんでもアリ」が信条の人も当然いましたからネット・リアルを問わず様々なトラブルが起こってしまうこともありました。

・歴史
鉄拳においてスタイル論が議論されるようになったのは、私の知る限り鉄拳2の後期くらいでしょうか。
私がそれを知るきっかけとなったのは、とあるゲーセンでの大会参加者募集の張り紙。今でもよく覚えていますがその大会のルールは「バックダッシュ・しゃがみパンチ禁止、同じ空中コンボ禁止、準・ワン・ブルース使用禁止」というようなものでした。

当時の私は「なんだよー、勝手にルール作るなよー」などと思ったのですが、後で当時流行り始めたインターネットで様々な鉄拳サイトを巡っていたら結構そういう考えの人が多かったんですよね。
それで私も試しに下がらない戦いをしてみたらこれが意外に面白い。と同時にそれまでなんとも思わなかった下がりまくる相手に嫌悪感を持つようになってしまいました。

その後、鉄拳3から鉄拳TAGにかけてはスタイル論全盛。攻略本を執筆していた「卍党」がその本の中で堂々と待ち・逃げを否定し、(全員ではないでしょうが)当時のトッププレイヤーの多くがそれに同調、インターネットを介して全国へ波及して行きました。

ところが鉄拳TAGの後期ごろになると韓国プレイヤーの来日をきっかけにして趨勢は一気に「なんでもアリ」の方向へ。私の周りでも(全員ではないものの)山ステ等を駆使して下がりまくり&スカしまくりの対戦スタイルが主流となっていきました。
鉄拳4以降はそのスタイル論すらも過去のものとなりネット上でもほとんど議論されることはなくなってしまい、まかり間違ってBBS等で「○○を多用するのは卑怯」などと書こうものなら「お前が下手なだけ」「できることやって何が悪い」「選択肢を減らしたらつまらなくなる」などとそこいら中から攻撃されることは火を見るより明らかです。
スタイル論好きの人間からすると正直ちょっと寂しいものがあります。

・ローカルルール
一口にスタイル論と言っても千差万別なので地区単位・店舗単位で暗黙のルールが存在することもよくありました。店舗単位ではだいたい一番強い常連グループが決めちゃうことが多いですかね。昔は筐体に「○○禁止台」と張り紙がしてある所も珍しくありませんでした。

余談ですが私の住んでる地域では特に厳しかったような気がします。明確なルールがあったわけではないのですが「下がらない」というのは当然として、投げない人、下段使わない人なんかはゴロゴロいましたね。その分トラブルやいざこざも多かったんですが。


スポンサーサイト

スタイル論 ~口上

えーと、これからちょっとおおっぴらに書けないことを書きますよ。
それはタイトルにあるように、スタイル論。
実は私、プレイスタイルに結構こだわる人間でして、ブログをはじめた頃からいつかは書こう書こうと思ってました。

で、この手のハナシをする際にはお約束の宣言があります。

これはあくまで個人的な考えです。
今更スタイル論などはやらないし、誰も気にしていないだろうことも重々承知しています。
ゲームをプレイする上で様々なスタイルや考えがあるのは当然です。
何が正しくて何が間違っているかを決めるつもりはないし、特定のスタイルやプレイヤーを非難する意図は毛頭ございません。
また私は地方でただ長くやってるだけの人間なので全然強くありませんし首都圏の鉄拳事情にも疎いところがあります。技術的に未熟であるため言い訳がましいことも多々あるかと思います。

でもあえて書かせていただきます。
こういう考えの人間も(少なくとも1人は)いるんだなという程度に留めて下さい。
これを読んでもヒかないで下さいね。・・・いやヒいてもいいけど見捨てないで下さいね(泣

テーマ:鉄拳5DR - ジャンル:ゲーム

Wikipedia 鉄拳

閲覧はもちろんのこと誰でも編集することができるフリーの百科事典「Wikipedia」。
googleの検索結果でも上位に来ることが多いので意識せずとも利用したことがある人は多いと思います。私もちょっとした調べ物なんかをする時に大変重宝しています。大抵は複数の人が編集しているのである程度の信憑性もありますしね。
日本語版Wikipediaは約27万本もの記事があるために、ただなんとなく眺めているだけでもリンク先を次々と読んでいたらいつの間にか1時間以上が経過してしまうことも。
ちなみにWikipediaを「Wiki」と略すのはNGらしい。WikipediaはあくまでWikiを利用した百科事典という意味だそうです。Wikipedia以外でもWikiを利用してるところは多いですからね。

で、鉄拳ファンとして当然一度はチェックするのが「Wikipedia:鉄拳」なのですが、この鉄拳のページ、最近なんだか凄く充実してるんですよ。
歴代作品の解説はもちろんのことゲームシステムの詳しい説明やOVAの情報、登場人物に至っては別ページにまでなっています。
他と比べてもこの充実ぶりは見事なものですよ。もうお笑い芸人の鉄拳が気の毒になるくらい。(こっちはこっちで結構充実してたりするんですが)
システムの説明はまだ項目だけというのもあるみたいですからこれからもどんどん増えていきそうですね。
(追記:現在は作品別に別ページ化 ■Wikipedia 鉄拳シリーズ

ちなみにDRが出た直後である今年の初めの版はこんな感じ。その1年前、つまり去年の初めの段階では鉄拳5が絶賛稼動中なのにも関わらずわずか数行ですからこのところの成長(?)ぶりには目を見張るものがあります。もちろんWikipedia自体の認知度が上がってきたことも大きいのでしょうが。
ライバルのバーチャファイターと比べても明らかに鉄拳の方が充実してますね。(ファイルの大きさはバーチャが70k、鉄拳は89k+登場人物の項が121k)
別に競争してるわけじゃないんでしょうけど。

私はもちろん編集には参加したことはないのですが履歴を見るとかなりたくさんの方が編集してるみたいですね。こういうのを見てると自分も参加したくなってきます。自分が書いたものに追加されたり修正されるのって結構楽しそうですね。
ていうかこの手の解説ってウチのブログでもやってみたかったんだよなぁ。

鉄拳以外にも妙に充実してる項目って結構ありますよね。
いくつか挙げてみることにします。もちろん私の趣味に合わせて(笑

第三帝国(Wikiポータル)
第2次大戦中のナチスドイツに関する項目を集めたWikiポータル。
主要人物や兵器、代表的な戦闘その他様々な項目を網羅したもの。ミリタリー初心者は必読です。

ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧
ファンの多いガンダムシリーズも当然の如くかなり充実。
映像化されていない超マイナーなモビルスーツまで詳細に解説してます。

ドラえもんの道具一覧
アニオタ的にはスルーされがちのドラえもん。
この一覧は圧巻の一言。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
90年代の有名なエロゲなんですが(後にサターンに移植)、この解説は異常(誉め言葉)。
未プレイの人はもちろんプレイ済みの人間にとっても何が書いてあるのかサッパリ(笑
あ、一応ネタバレ注意ね。

テーマ:鉄拳5DR - ジャンル:ゲーム


近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。