1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳6 新システム

今月中頃にこの時期恒例のBナムコPVショウがあったわけですが、そこでめでたくプレイアブルな鉄拳6もお披露目となったようです。
いーなー、PVショウ。いーなー。

バンダイナムコゲームス、AC新製品商談会を開催 「鉄拳6」を新筐体とともに出展(GAME Wacth)
バンダイナムコゲームスの商談会で『鉄拳6』が初プレイアブル出展!(ファミ通.com)
バンダイナムコプライベイトショー レポート(アールエス)
プライベートショウ行ってきました
6の三島家(These Days)

もうすでにあちこちのサイトで取り上げられているのでいまさら感もありますが、現時点で明らかになっている新要素を抜粋。

・新キャラ
以前から公開されていたレオとザフィーナに加えてミュージシャンのような容貌の”ミゲル”が追加。
キャラ人数も全部で40人前後になるようですから、各キャラの差別化がこれまで以上に難しくなりそうですね。
キャラや技が多くなりすぎて”何使ってもいっしょ”ってな状況だけは回避してもらいたいところ。(聞く所によると今のVF5はそんな感じだとか)

・アイテム技
キャラに装備されたアイテムを使って攻撃するというもの。以前からアイディアだけはあったようですが今回ついに実装されることに。
しかしまぁこれはオマケみたいな要素になるでしょうね。デビ仁のビームみたいな。
というかそうでなくては困る。そのアイテム装備がデフォルトになるほど実用的な技ならそれはそれでちと醒める。
でもまぁみんな最初はとりあえず使ってみるだろうなぁ。当然自分も。

・ステージ崩落
地面に叩きつけられると下の階層へ落下するステージもあるそうで。
詳細はまだわかりませんが、落下させたあとでさらに上から追撃できたりすると楽しそうですね。
昔、DOAでも同じようなシステムがあって、正直面白そうだなぁと思っていたのですが鉄拳にもパク取り入れられることに。
いいんだよ!面白い要素はパクっても!(開き直り

・無双連拳削除
うははは! これは大ニュース!
発生13Fの確反・スカシ専用お手軽中段浮かせ技もついに削除。ほーらほーら泣き叫べ、全国の平八使い(笑
鉄拳2から存在していた由緒ある(?)技なので正直ちょっと寂しくはありますが、コイツのおかげで対平八戦では事実上封印状態になってしまっていた技も多いので他キャラ使いとしては歓迎ですかね。
とはいえ以前もロケテ段階では無くなってた技が本稼動では復活していたこともあるので安心は出来ませんが・・・。

・褒章メダル
連勝記録やプレイスタイルなどでTEKKEN-NET上でメダルがもらえるとのこと。
まだ詳細が公開されてないので今のところにんともかんとも。
でも個人的にはこういうのをエサにしてスタイルを誘導するのはあんまり好かんのですよ。スタイルはあくまで自発的に組み上げていくもんでしょ。

・レイジシステム
これなーこれなー。
残りの体力が少なくなると攻撃力が上昇するという今作注目の新システムなんですが・・・うーん、私は賛同できませぬ。
言ってみれば野球で9回裏の攻撃は得点を2倍にするってなもんでしょ?
確かにこれによって終盤の逆転劇は増えるかと思いますが、そうやって不利な方にゲタを履かせて逆転しても面白いと思えるのかなぁ。
システム発動に任意性をもたして、なおかつ相応のリスクを背負わせる(発動中は防御力低下とか)というならまだわかるんですが。
まぁこのシステムに関してもまだ本決まりってことはないでしょうから今後の続報が待たれるところ。

新作タイトルということで何かしら目玉となる新システムを実装するというのはわかるのですが、あまり突拍子もないシステムとか安易な変更はご勘弁願いたい。鉄拳5の時だって目新しいシステムはロングレンジスローくらいなのにちゃんとヒットしたんだから。
気になる稼動時期は今年の冬だそうなので、順調に行けば稼動まで半年足らず。月並みですが開発陣には頑張ってもらいたいですね。
私らにできることはゲーセンに金を落とすかネットであーだこーだ言うしかないわけだし。


*追記
今月のアルカディア(ina tekken)
・ジャブの発生が全キャラ10フレーム
ちょおぉぉぉぉぉぉぉっと待てえぇぇぇぇい!!
それだけはいただけませんよ!(8Fキャラ使い魂の叫び
リードジャブ(立ちLP)の8F10Fの区別は鉄拳シリーズ古来からの伝統。それをいともあっさり覆すとは一体どういう心境の変化ですかナムコさん!
キャラが増え、技も増えてきて各キャラの差別化がいっそう難しくなっている時に、一番基本的でわかりやすいジャブの分類をなくしてしまうなんて正気の沙汰とは思えませぬ。
立ちLPって連携を構築していく上でもっとも重要な屋台骨ですよ。8F10Fの違いで微妙に戦い方を変えていくのって対戦の醍醐味の1つじゃないっすか。
いや、確かに8Fキャラってのは有利ですよ。10Fキャラにとってはジャブの差で苦渋を舐めさせられる事も多いかと思いますよ。
でもその2Fの差を溢れんばかりの創造力と度胸でカヴァーするのが10Fキャラのウデの見せ所じゃありませんか!
私の・・・私らの8Fジャブが、三島家の無骨でインチキ臭い閃光烈拳と同列だなんて・・・そんなの、そんなの鉄拳じゃない~~~!!

狂おしいほどに再考を願います。
スポンサーサイト

テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム

ネット対戦

を、を、ををっ!!

PS3 鉄拳5DR ネット対戦(ina tekken)
『鉄拳5 ダーク・リザレクション オンライン』 ついにオンライン対戦が実現!(ファミ通.com)

いつかは来るものと思ってはいましたが、ついに鉄拳でもネット対戦が日の目を見ることに!
自宅にいながらいつでも対戦ってのは格闘ゲーマーの至福。
いやホント、時代の流れは速いなぁ。
これを機にPS3買ってしまおうかしらん・・・。

しかし第一報を目にしたときは正直、「大丈夫なの?」というのが感想でした。
格ゲーの家庭用ネット対戦自体は「ストⅢ」や「CAPCOM VS SNK」、「DOA」シリーズ等で実装されてきたので技術的にやってやれないことはなかったのでしょうが、やはり気になるのが通信による遅延(ラグ)。
”インターネット”を介する限り、例えどんな理想的な通信環境でもラグが全くないというのはちょっと考えられないので(詳しいことはわかりませぬが)、いかにラグを目立たないようにさせるかが開発陣のウデの見せ所でしょうね。

特に1/60秒を争う3D格ゲーの場合は10フレ(1/6秒)以上ラグが発生しようものならまともな対戦にならないことは目に見えているし、たった数フレのラグでも現状のシステムでは投げ抜けや下段捌きなんかは相当難しくなるだろうなぁ。
オンライン化にともなってシステムを弄ってくるのかどうかはまだわかりませんが、せっかくネット対戦に踏み切るのだから最低限の駆け引きが楽しめる仕様にしてほしいものです。

まぁしかし今回のオンライン化に関しては素人目にも実験的要素が色濃く出てますね。5DRでやってみて上手くいったら次回作の6で本格的に実装、といった感じでしょうか。
ダウンロード販売といいフルHDグラフィックといい、5DRは色々と実験台にするには丁度いい存在なんだろうなぁ。
もしこれが上手く行ったら今後鉄拳(ひいては格ゲー全体)は自宅でのネット対戦へとシフトしていくんでしょうか・・・。

Bナムコによる正式発表はまだのようですが、今回のオンライン化ではどうやら対戦自体は無料でできるらしいので、業務用と遜色ない対戦ができるのであれば相当数のプレイヤーがネット対戦に流れていきそうな感じです。
とはいえBナムコもゲーセンを経営していますから新作では即ネット対戦へ移行ということはなく、始めは業務用で出した後、十分な時間を置いて通信対戦機能を持った家庭用発売という形になるでしょうね。Ζガンダムの時には業務用稼動開始のわずか3ヵ月後に通信機能付の家庭用が発売されてオペレーターからはかなり不評だったらしいし。

ネット対戦はありがたいのですが、ゲーセンに赴いて筐体を挟んだ対面に座って対戦するというスタイルはなくなってほしくないなぁ。なんというか、見知らぬ人が同じ場所に集まって醸し出される時間の共有感というか一体感のようなゲーセン独特の雰囲気は慣れると心地良いもんなんですよね。
SNKのゲームなんかは大半がネット対戦に対応してますが、だからといってゲーセンでの対戦が廃れているというわけではないので(盛り上がってるかといえば微妙ですが・・・)、鉄拳の場合もネット対戦が普及したところで即ゲーセンで対戦出来なくなるということはないと思いたいですね。

欲を言えばネット対戦で場数を踏んだ新規さんがゲーセンにも来てくれて、ますます対戦人口が増えてくれれば言うことはないのですが。

テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム

かにしの

人生の大切なことは全てエロゲから学んでいるズイカクですこんにちは。

タイトルからわかる人にはわかるかと思いますがエロゲのお話です。
「エロゲヲタキモイ・ウザイ」と思う人はスルーしてください。

とは言っても鉄拳と全く関係ないかと言えばそーでもないので、「どんな手を使っても勝てばいい。負ける奴が悪い」とか「システム上で許されていることは何をやってもいい」みたいなことを本気で考えてる人は御一読して頂けると恐悦至極。


[Read More...]

近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。