1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンボが面白い(かもしれない)キャラランキング

個人的な話でアレなんですが、どうも最近鉄拳に対するモチベーションが下がってきてるんですよ。
まぁこういうことはよくあることだし、別に無理してゲーセンに行く必要もないのですが、経験上こういうマンネリ感を打破するには気分転換にサブキャラ始めてみることが効果的だったりします。

ただ、いざどのキャラ使おうかと考えると結構迷うんですよね。
普段からいろんなキャラを使ってて、木人とかでも平気で対戦できる人ならテキトーにその日の気分で選ぶこともできそうなのですが、私はメインの1キャラとサブ2~3キャラ以外はほとんど触ってないのでどうしても慎重に選択せざるを得なくなってきます。まぁ逆にそうやってあれこれ悩むのも楽しいんですが。

キャラを選ぶ基準は単純な強さだとか固有技の面白さだとか使い手の多さだとか見た目だとか、まぁ人によっていろいろあるかと思うんですが、私の場合は選択基準の一つに「コンボが面白いかどうか」ってのがあるんですよね。
与えるダメージ量はとりあえず置いておいて(そりゃ多いにこしたことはありませんが)、やっぱりコンボの種類は多いに越したことはないわけです。浮かせた後、毎回同じコンボしかできない(やらざるを得ない)キャラよりは、バリエーション豊かなコンボを繰り出すことができるキャラのほうが個性も出るし、なにより自分にとっても(そしておそらく相手にとっても)面白い。

でもコンボの面白さを定量的に比較するのはなかなか難しいんですよね。攻略本を眺めてればある程度は比較できますが、イマイチ決め手に欠ける。
そこでコンボの面白いキャラはきっと語ることも多いのだろうという安直な考えのもと、キャベツことTEKKENNBBSの各キャラコンボスレにおけるレスの数を数えてみることにしました。つまりコンボスレが伸びてるキャラはそれだけコンボが面白いんじゃね?ってことです。
もちろん使い手が多いキャラはそのぶんレスも多いだろうし、鉄拳6からの新キャラは他よりも多少レスが多そうな気もしますが、まぁひとつの目安にはなるんじゃなかろうかと。

最初は単純に最新スレのスレNo.とレスNo.を比較すればいいかなとも思ったんですが、各キャラスレ立て日時が違う上に、古いスレは途中でスレストがかかっていたりするので、期間を決めてカウントすることにしました。
というわけでカウントするのは各キャラコンボスレの2007年11月26日(稼動日であるこの日にちょうど各板のメンテが行われているみたいなので)から2008年5月31日までの約半年間とします。(たとえば仁なら【鉄拳6】仁コンボ総合スレ 2【空中バウンド壁】の246から【鉄拳6】仁コンボ総合スレ 3【空中バウンド壁】の254まで)
あと余談ですが飛鳥板とマドク板の皆さん、数えにくいので鉄拳5時代の古いスレを併用しないでくださいよ(笑


それでは集計結果を一気にどぞ。(数字はレスの数)

1 スティーブ 2207
2 吉光 2087
3 飛鳥 2083
4 ドラグノフ 2012
5 レオ 1840
6 ブライアン 1568
7 ファラン 1537
8 ミゲル 1484
9 レイヴン 1482
10 リリ 1462
11 リー 1422
12 カズヤ 1372
13 ニーナ 1290
14 ザフィーナ 1270
15 ボブ 1222
16 クマ/パンダ 1195
17 デビル仁 1081
18 ジャック 1042
19 シャオユウ 1021
20 仁 1009
21 ジュリア 990
22 Aキング 978
23 キング 894
24 ブルース 889
25 フェン 879
26 クリス/エディ 846
27 ロジャー 839
28 アンナ 758
29 レイ 737
30 ロウ 722
31 ポール 706
32 巌竜 688
33 マードック 687
34 ワン 670
35 ペク 654
36 平八 517

というわけで1位はスティーブ。簡単に浮かせられるキャラではないかもしれませんが、バリエーションの多さは目を見張るものがあります。何発目でバウンドさせたかによってその後の展開を変えられるとか羨ましすぎる(笑
2位3位はまぁ予想の範疇でしたが、4位のドラグノフはちょっと意外。Rフックラッシュからスティレットorセパレーターくらいしかないと思ってたんですが、もっといろいろ遊べるのかな。
7位のファランは逆の意味で意外。対戦見てると凄く楽しそうに様々なコンボ入れてる印象があるのでぶっちぎりで1位だと思ってました。

少ない方ではやはり最下位は平八。無双→奈落雷神以外ほとんど見ないから仕方ないかも。せいぜいバウンド技が変わるくらい。ていうかこのキャラ、TAGの頃からほとんどコンボが変わってませんよね。さすがに奈落雷神は喰らい飽きました(笑
ペクはもっと面白そうなんだけどそうでもないのかな。ていうかペク使い自体ほとんど見かけない…。
下位のキャラは総じてバウンド後の選択肢が少ないものが多いですね。レイなんかはどう頑張っても昇流連脚一択になってしまうのでちょっと気の毒にすら思います。


繰り返しになりますが、コンボスレが伸びてるからといって必ずしもコンボが面白いわけではないと思う(その逆も然り)ので誤解の無きよう。
コンボバリエーションが多いキャラで楽しむのも良いのですが、あえて少ないキャラで強引に独自コンボを使うというのもそれはそれで面白いかもしれません。

とりあえず私はドラか飛鳥あたりを使ってみようかな。(さすがにスティーブや吉光を1から始めるのはキツイ…)
スポンサーサイト

ゲームセンターの窮状

こういう話題は最近特に珍しくもなくなってしまったわけですが、

ゲーセンの現状ってどうにょろ(独語螺旋:消失点日記)
ゲーセンは衰退はして無いよ。市場の変化に対応できなかった不採算店舗が消えてるだけ。(ゲームセンターに明日はあるの?)
衰退などしてないとか何とか(独語螺旋:消失点日記)

「ゲーセン業界は衰退してるよ」「いやいや変化に対応してないだけだよ」というようなハナシなんですが、私個人としても衰退してるような印象はありますね。少なくとも市場規模は縮小してるんじゃないかと。

もっとも私は格ゲーしかやらないので余計にそう感じるのかもしれませんが、格ゲーの衰退云々を差し引いたとしても全体としてのゲーセンの客が増えてるとは思えないし(■加速するゲームセンター離れ(Garbagenews.com))、ゲーセン閉店のニュースも珍しくないですね。(最近だと埼玉ポピーとかアリサカグループとか)

ウチの地元でもそれなりに大きな地方都市であるのにもかかわらず、ずいぶんとゲーセンが減ってしまいました。駅前のゲーセンも小さいところを含めて鉄拳TAG時代で11軒、鉄拳4時代でも8軒あったと思うのですが(うろ覚え)、今現在鉄拳6が稼働している店はわずか3軒のみ。
市内全域を見渡してみても新しいゲーセンのオープンって、郊外の総合アミューズメント施設くらいで、駅前や繁華街での新規出店となるとここ数年はほとんどなかったように思えます。
ゲーセン好きとしては、今の状況はちょっと寂しいですね。


私はゲーセンの経営等に関してはまるっきり門外漢なのですが、素人目に見てもこれからゲーセン業界は大丈夫なのかなと不安になりますね。大型筐体をたくさん導入できるところはともかく、小型の汎用筐体で基盤を入れ替えながらやっていた小さなゲーセンは目に見えて疲弊しています。
閉店が決まった埼玉ポピーの中の人はこうした現状を嘆いていて声を上げようとしているのですが(参考:■ちくりんブログ)、なかなかこういう問題は一朝一夕に解決するのは難しいでしょうね。
とはいえゲーセンに通う者として、今のゲーセンの窮状を知っておくのも損はないかと。

特にポピーの人が訴えている風営法に関して、もう少し規制を緩めてもらいたい(というか外してもらいたい)というのはゲーセンに関わる者の共通した願いでしょうね。営業時間の問題だけでなく、立地なんかでも色々と規制があるらしいし。
そもそもボーリング場とかカラオケボックス、ネットカフェが対象外なのに、なんで未だにゲーセンだけが規制対象なんだ?
誰かがゲーセンを題材にした映画を作ってくれるのを待つしかないのか・・・。「Shall we ゲーム?」とか(笑


また基盤の高額化に関しては深刻で、プレイ料金は変わらないのに基盤(&筐体)の値段がどんどん上がって行く上に、ネット課金(鉄拳は1プレイ6円)までするっていうんだから、お店側からしたらたまったものではないでしょう。
ちなみに鉄拳6のお値段は基板のみで598,000円、SDセット(基板+筐体2台)が1,758,000円、DXセット(基板+筐体4台+ライブモニター)が4,480,000円もするそうです。
さらにまもなくお目見えとなるストリートファイターⅣは基板2セット(4台分)で2,280,000円! 筐体セットで4,180,000円!!(参考:■am-net
いくらなんでも高すぎやしませんかね?

ただでさえ若い人の人数が減っている上にゲーセン離れで客がどんどん減っている昨今、基板の値段まで上がり続ければそりゃゲーセンの数も減っていきますよ。雑居ビルの1階で細々とやっているような小さなゲーセンは、数年経ったら絶滅してしまうんじゃなかろうか。

小さなゲーセンってあれはあれで味わい深いものがあるから個人的には無くなってほしくはないですね。学生さんにとっても車でないといけないような大型店舗より、学校帰りに行ける駅前の小さな50円ゲーセンのほうが圧倒的に通いやすいだろうし。
まぁこういった小さな個人経営の店が苦境に立っているのは何もゲーセン業界に限った話ではないとは思いますが、いくら時代の流れとはいえ、ゲーセン=大型店となってしまうのは寂しすぎるものがあります。


客の少ない店が淘汰されていくのは仕方のないことかもしれないし、ゲーセンの店主が店の奥で座ってTV見てるだけ(ものすごい偏見)で儲かる時代でないこともわかるんですが、もう少し何とかならないもんですかね。
さすがにゲーセンが完全に無くなってしまうなんてことは(当分は)ないと思いますが、古き良きゲーセンの空気を残してもらいたいと思うのは、私が年を食った証なんでしょうか…。


近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。