1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーセンの分煙化を強く望む

ゲーセンの各筐体に灰皿があるのはある意味当たり前の光景だったのですが、ついにというかやっとというか、ゲーセンにも禁煙・分煙化の気配が。
ネットでタバコの議論になると感情的な罵り合いになることが多いのですが、なるべく冷静に書く・・・つもりではいます(笑

神奈川で受動喫煙防止条例が成立(nikkansports.com)
分煙ゲームセンターの実現の可否(まこなこ)

私は生まれてこのかたタバコなぞ1本も吸ったことはなく、非喫煙者と言うよりはどちらかというと嫌煙な人なんで、ゲーセンの禁煙ないし分煙化はぜひとも導入してほしいところです。
神奈川ではついに条例化できたようですが、この流れは全国にも波及してほしいですね。イギリスやフランスでは屋内の公共施設すべてで禁煙らしいし。(■禁煙法施行から1年 ロンドンのスモーカー事情

・頼むから周りの迷惑も考えてくれ
愛煙家の方にとっては当然反発もあるでしょうが、タバコって迷惑なのですよ、周りの人にとっては。
まれに「これは禁煙ファシズムだ」なんて息巻いてる輩もいるようですが、
禁煙ファシズムにもの申す(日本パイプクラブ連盟)
なんでこの手の人って周りの迷惑を考えないんですかね? 彼らは人と会う前に餃子食ったりするんだろうか。
ちなみにこのコラム、実に香ばしい文章がてんこもり。その辺のモンペがかわいく見えます(笑
いやもちろん、ここまで極端な人は愛煙家の中でも極々一部だとは思いますが・・・。


そもそも「税金余計に払ってるから云々」だとか「癌との因果関係は立証されてない云々」だとかくだらない言い訳ははっきり言ってどうでもいいのです。愛煙家本人が税金をたくさん払おうが早死にしようが知ったことではない。他人に迷惑がかからない所ならいくらでも吸っていただいて結構。
漂ってくる煙と臭い、そして散らかされる灰や吸殻が迷惑極まりないのですよ。(歩きタバコとかポイ捨てといった犯罪行為は論外ね)

特に煙。ゲーセンでのゲーム中はおいそれと台を移動することはできないので、隣の台の喫煙者からゆらゆらと漂ってくる煙には対処のしようがない。誰もが経験あることと思いますが、隣から煙が漂ってくると集中力が著しく阻害されるんですよ。それはもう臭いわせき込むわ目はショボショボするわ。
後ろで対戦待ちしてる間なら煙が来たとしてもこちらで回避できるので、せめてプレイ中は(つまり筐体では)禁煙にしてもらいたいところです。
以前一度だけあまりにも隣からの煙がひどかったので(ずっとこちらの顔面を直撃)、思い切って「そのタバコどけてくんない?」みたいなことを言ってみたんですが無視しやがったぜあのヤロー。

ゲーム中の喫煙
そもそも最近は多くの施設で禁煙化が進んでいるのに、なんでゲーセンは禁煙にできないんですかね?
ゲーセンは当然未成年の客だってたくさん来るわけだし、私のように嫌煙な人だって少なくないでしょう。
だいたいゲーム中にわざわざタバコを吸うというのが私には理解できないのですよ。麻雀ゲーみたいに片手でもできるゆったりしたゲームならまだともかく、格ゲーとかシューティングみたいに1秒たりとも気の抜けないゲーム中になんでタバコなんて吸おうと思うんだろう?

しかも格ゲーの場合は1ゲームのプレイ時間なんて長くてもせいぜい10~20分。鉄拳の場合は2試合で5分以下なんてのもザラ。30分以上連勝し続ける場合も無くはないけどそう頻繁にあるわけではないでしょう。私の見る限り、席に着いてタバコに火をつけて対戦開始→1~2回で終了(その間2~3度吸うだけであとは灰皿に置きっぱなしor口に咥えっぱなし)というパターンのほうが圧倒的に多いように思えます。

なんで彼らってわずか10分程度の時間もタバコを我慢できなんですかね?
愛煙家の方はよく「リラックスできる」とか「集中力が高まる」とか言いますが(ていうかこの2つって両立するの?)、ラウンド間の僅か数秒の間に急いでタバコを吸ってるところなんかを見ると、とてもそうは思えないんですが・・・。

・ゲーセンの分煙化
実は私の地元で分煙化されてるゲーセンが1軒だけあるんですが(タバコは喫煙コーナーのみ)、さすがに快適ですね。でもそこは100円1プレイなんでそれほど盛り上がっていないのが残念といえば残念。
嫌煙家の私としても煙はないけど人も少ないゲーセンと、煙はあるけど人もいるゲーセンとではどうしても後者を選ばざるを得ないんですよね。

そもそもこういった喫煙コーナーを設置できるのはある程度広い店舗だけだろうし、ヘビーユーザーに喫煙者が多いというのもまた事実。他のゲーセンで分煙化が進まないところを見ると、経営者さんとしてもなかなか思い切った行動に出にくいのでしょう。
まこなこさんのエントリにもあるように機種によって禁煙とするのが簡単だけど、喫煙・非喫煙者双方が納得するのは難しいかもしれません。

でもゲーセンの中で唯一効果的に分煙可能なゲームがあるのです。
そう、それは「格闘ゲーム」。

ご存知の通り格ゲーってのはほとんどの場合、筐体を2台背中合わせで設置しています。もうこれは分煙してくださいと言ってるようなものですよ!
つまり台の片方側(例えば1P側)のみを禁煙にするだけでいいのです。1P2Pで不公平がないようにジグザグに配置すればなお良いかも。
 
 2P1P2P1P
 1P2P1P2P
 
こんな感じで。

これなら喫煙者・非喫煙者双方が同じゲームを楽しめます。煙が台を越えて来るなんてことはまずないでしょう。
非喫煙者同士で対戦しようとする場合はどちらかが喫煙席に行くことになりますが、まぁそこは我慢しようじゃない。その代わり喫煙者同士で対戦する場合もどちらかが我慢してくださいよ。
出来れば禁煙席の後ろで待ってる人も禁煙ね。タバコが吸いたきゃ喫煙席側に回っていただくと。

素人考えだから粗があるかもしれないけど、とりあえず私にはこれ以上の案は浮かばない。
もちろん中には「煙が漂っている店内に入ることもイヤ」と言う人もいるだろうし、格ゲーのシマだけ禁煙にしても効果は薄いかもしれません。私としても理想を言えばゲーセン全体を禁煙化してほしい。
でも、たとえ10分も我慢できないある意味お気の毒な重度のニコチン中毒者であっても貴重な対戦相手であることには変わりはないし、喫煙ゲーマーを締め出した結果ゲーセンが衰退したとなってはそれこそ本末転倒です。上手く喫煙ゲーマーも繋ぎ止めつつ、徐々に禁煙スペースを広げていただきたい。

「対戦相手は欲しい、でもタバコは嫌」というのは愛煙家からすればワガママに聞こえるかもしれないけど、せめて・・・せめてプレイ中だけでもタバコの煙が来ないようにしてほしいのです。ホントにつらいんです、タバコの煙って。

今や家庭でもゲーセンと同じようなネット対戦ができてしまう時代。タバコ嫌いの人にしてみれば、わざわざ金を払って紫煙の渦巻く空間に行こうと思える人は少ないでしょう。そうなれば確実にゲーセンから客足が遠退いてしまいます。
今すぐ全面禁煙化しろとは言わないけど、喫煙者の割合が減っている今こそ分煙化を進める時期に来ているのではないでしょうか。


今回の神奈川の条例を機に、ゲーセンの分煙化が広まることを切に期待します。

スポンサーサイト

近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。