1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタマイズ格闘ゲームの可能性

 ちょっと前に、格闘ゲーム総合サイトFFLの管理人さんのサークルが発行してる同人誌「知られてはいけないゲームの世界 Vol.2」を読みました。
 内容は衰退している格ゲー業界の打開策とか製作にかかわるお金の話とか、格ゲーファンなら読み応えがある思うんですが(っても格ゲーの記事は全体の半分くらい)、中でも興味深かったのが「カスタマイズ格闘ゲーム」に関する記事。

 カスタマイズと言ってもコスチュームやアイテムの話ではなくて(広義にはそれも含みますが)、キャラクターが持つ技もカスタマイズしたら面白いんじゃね?という話。
 おそらく格ゲーファンなら誰でも、「あのキャラが持ってる技とこのキャラが持ってる技を同時に使えたらいいのに」とか、「いっそ俺にキャラを作らせてくれ」みたいな妄想をめぐらしたことは一度や二度ではないでしょう。

 また鉄拳の場合、キャラクターの持つ技が非常に多い上に(平均100種以上)今のところ新作が出るたびに増え続けているので、いずれ技が飽和状態になってしまうことは目に見えています。ボタンの少ないバーチャはすでにそんな感じですね。
 以下、個人的な妄想。


 技数が限界に達すると新技を追加する際に既存の技を削除することになるわけですが、自分が使い続けているキャラの技が大幅に削除・変更されるというのは、プレイヤー側からするとやっぱりさびしい。どう頑張っても使い道が見つからないような技ならまだともかく、せっかく上手い使い道が見つかった技が削除されるのはキツイですよね。主力として使える技ならなおさら。

 既存の技が削除されるくらいなら、プレイヤーがたくさんある技の中から能動的に選択できるようにしてもらった方がこちらとしては嬉しい。少なくとも削除されるよりはマシでしょう。昔、バーチャ4FTで”技切り替えシステム”というのがありましたが、あれをもっと発展させた感じで。
 もちろんすべて自由に選べるようにしてしまったら、みんな強い技や便利な技に集中してしまうことは明らかなので、特定の技は排他的にしか選択できないようにする。(つまりAとBの技はどちらか一方、もしくは両方選ばない、というように)

 選ばせるシステムは、コスチュームと同じようにネットとカードで設定させるのが無難でしょうね。ノーカードの一見さん用に、あらかじめ組み合わせておいたデフォルトのパターンを1キャラにつき2種類ほど選べるようにすればいいでしょう。これにより初心者さんが最初に覚えなくちゃならない技も幾分減らすことができます。
 選択式にする技の数は、多すぎず少なすぎず、だいたい10~20種類くらいが無難でしょうか。

 選択させる技はある程度主力として使われる技が望ましいかと。ただキャラを象徴する技(風神拳や崩拳等)はさすがに共通にしたほうがいいでしょうし、元々使われないマイナー技を選択式にしてもあまり意味がない。
 加えて排他的にする技は、出来るだけ性能の異なったものにする。ダメージの大きい中段と下段、リーチは長いが直線的な技とリーチは短いが横移動に強い技、立ち合いで使う技とコンボで使われる技等々。


 こうすることにより、同じキャラクターを使っていても選択する技によって戦術やコンボが必然的に変わってくるはず。例えばカズヤなら忌怨拳と左踵落としのどちらか一方しか選択できないようにしたり。もちろんカズヤ使いからすれば両方使いたいというのが本音だろうけど、片方しか使えないことにより他のマイナー技で補完しようという意識が芽生える…かもしれないし。

 また対戦相手からしても、相手がどの技を選んでいるかによって戦術は多少なりとも変わってくるでしょう。相手のカズヤが忌怨拳を選んでいなければ横移動を多めにできるだろうし、左踵を選んでいなければある程度思い切ってしゃがむことができる。あらかじめ設定した数種類の技のパターンを対戦開始時に選択させて、相手がどの技を選んでいるかを実際に技を使うまでわからないようにすれば、対戦に緊張感も生まれる…かもしれない。

 対戦の序盤に選択技をあえて使わずに相手を迷わせて、終盤のここぞというときに切り札的に使うのも面白そうですね。そして勝った後にカッコつけて、「切り札は先に見せるな。見せるならさらに奥の手をもて…か」なんてつぶやけば完璧(笑


 まぁ素人の妄想なのでそう簡単に上手いことは行かないと思いますし、選択式にしても結局みんな同じ技を選んでしまう可能性もありますが、近い将来技数が打ち止めになったとき、安易に技の追加と削除を繰り返して欲しくはないですなぁ。

スポンサーサイト

自然にライトノベルファンになる20作

 いつも年初めのエントリはエロゲについて語ってるんですが、今年は趣向を変えてライトノベル(ラノベ)の話でも。
 なんか最近鉄拳の話が少なくなってるような気がしますが、多分気のせいだと思います…。

 例によって興味ない人はスルー推奨。


[Read More...]

近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。