1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略本・鉄拳タッグトーナメント2 拳怒重来

 買う人はもう買っちゃってて今更かもしれないけど、先週出た攻略本の内容をば。


kendo
    鉄拳タッグトーナメント2 拳怒重来


 表紙は仁。タイトルもいつものように四字熟語をもじったものなんですが、何気に今回の「拳怒重来」ってタイトルは上手くTAG2を表してますね。これはグッジョブ! 変換しにくいけど…
 でも、総ページ数が192Pでお値段1680円ってのは、ちょっと高くないですかね? 2/3くらいはモノクロページですし。鉄拳6攻略本「初志貫鉄」のときは1750円で400ページだったことを考えると、今回のは値段の割にはボリューム不足が否めません。

 全体の構成に関してですが、やはりというかなんというか、今回も目的のキャラのページに辿り着くのが非常に面倒で、いちいち表紙裏の目次を参照しなければなりません。なんでページの端にインデックスを付けないんですかね? 他の攻略本では当たり前のようにやってるのに。
 できないのならせめて技紹介と対戦攻略のページを連動させて欲しかったです。

 あとこれもまぁらしいと言えばらしいのですが、今回も結構誤植があるみたいですね。単に技名やコマンドの間違いならともかく、フレームの数値が違ってたりすると確認が難しいから厳しいですよね。
 いつものようにinaさんが正誤表をまとめてくれてるので、一度は目を通しておいたほうがいいかも。
拳怒重来 正誤表(ina tekken)
 もう鉄拳の攻略本は発売前にinaさんにチェックしてもらった方がいいと思うんだ。


以下内容。

・ゲームシステム解説 1P~22P
 まずは基本的なシステム解説。特に今作の特徴である一連のタッグシステムに関しては入念に解説されています。

・主要技解説 23P~108P
 これまでアルカディアムックと言えば全ての技の写真を載せるのが通例でしたが、今回とうとう主要技のみの掲載となりました。これからはこの形式で行くんでしょうか。
 1キャラにつき見開き2ページで、写真が掲載されている技の数は各キャラ大体50個前後。右アッパーやライトゥーといった通常技が載っている場合もあります。そのうち文章で解説されているのは20~30個くらい。全部確認したわけではないのですが、旧キャラに関しては今回追加された新技はほとんど掲載されているみたいですね。
 写真が載っている技は発生フレームとガード・ヒット後の硬直フレームも掲載されています。これはありがたい。
 それとは別に反撃ポイントとして各キャラ10個の技のガード硬直Fとガード後の状態、だいたいの距離なんかもまとめられています。

 また今回は技名のところが色分けされていて、立ち回りで使う技・主要コンボ始動技・崩しに使う技(要するに下段)・確反に使う技・投げ・その他というようにそれぞれ分類されていて、結構見やすい構成になっています。

 難点を言えばダメージが載っていないことと、解説されている技が探し難いことでしょうか。せめて番号でも振ってくれればよかったんですが。

・対戦セオリー 109P~119P
 キャラ別の対戦攻略の前に、一般的な対戦攻略。立ち回りやコンボ、起き上がり等のセオリーが解説されています。
 この他にも各キャラクターの相性や、壁アサルト推奨技の一覧なんかも。

・対戦攻略 120P~160P
 キャラ別の対戦攻略記事は、各キャラ公平に1ページずつ。ページの半分強がコンボ紹介なので攻略自体は少なめですが、文字が小さいので前回と比べてそれほど文章量が減っているというわけではありません。
 冒頭で大まかなキャラクタータイプ(攻撃重視とかコンボ重視とか)が示されていて、タッグパートナー選びを意識した構成になっていますね。

 まず攻略記事の方ですが、半分が基本戦術の解説とパートナー選びの指針。このキャラはこういう特徴があるから相方はこういう性質のキャラがいいよ、みたいな。
 残りの半分は起き攻めや壁攻め、あるいはそのキャラ特有の攻め方が解説されています。

 コンボ紹介は各キャラ10種類。そのうち5個くらいがソロのコンボで、2つが下段さばきと壁コンボ、残りの3つくらいがタッグコンボ・タッグアサルトとなっています。タッグコンボのパートナーは結構適当なので上手く持ちキャラと合えばラッキー程度な感じ。まぁこればっかりは仕方ないですかね。全キャラ全パートナーのコンボ載せてたら凄まじい量になりそうですし…。
 あと細かいことかもしれませんが、コンボ”レシピ”という用語が多用されてて、個人的にはちょっと違和感が…。ネットではよく使われますけど、これからは商業誌でも使われるようになるんですかね。

・技表 161P~192P
 締めはいつものように技表。ダメージはここに載っています。


 ぶっちゃけ私にとってアルカディアの攻略本は写真付きの技表が見られればそれでいいや的な感覚だったんですが、今回は意外と(と言っては失礼ですが)悪くないかも。
 なんだかんだ言いながら、初心者さんはもちろん初・中級者にとってもサブキャラやパートナー選びに一役買ってくれるんじゃないかなと。
 もちろんあくまで私の主観なので、人によっては「この程度のことはwikiやキャベツ見ればいいじゃん」と言う人もいるかと思いますが、紙媒体でこういう本も必要だと思うんですよね。そもそも最初に出る攻略本に、上級者にも通用する高度な攻略なんて誰も求めてないでしょうし。

 欲を言えばもっとボリュームが欲しかったとか、せめて新キャラの技紹介は全部やって欲しかったとか、もっとたくさんコンボ紹介してほしかったとか、多様なプレイスタイルを提示してほしかったとか、アイテム情報も欲しかったとか、開発者インタビューも欲しかったとか…、まぁキリがないわけですが、一家に一冊あっても損はない本にはなってるかなと思います。


 折を見て2冊目も出して欲しいけど…、多分無理だろうなぁ。

スポンサーサイト

近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。