1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳レボリューション

 今月に入ってから”基本無料”として唐突に発表・配信された感のある「鉄拳レボリューション」。私も当然DLして早速やってみました。

基本プレイ無料のガチ鉄拳! 『鉄拳レボリューション』が発表
ミスター鉄拳こと原田勝弘さんが語る『鉄拳レボリューション』
TEKKEN REVOLUTION 公式サイト
【初心者用】 鉄拳レボリューション 全8キャラコンボまとめ主要技解説(ニコニコ動画)

 やってみた感じとしては、TAG2をベースにして新規プレイヤーさん向けに調整したもの、と思っていいんですかね。TAGシステムはもちろん、バウンドコンボも削除されてシンプルになってます。
 キャラの数は大幅に減っていますが、技の数は同じ。まぁこれは仕方ないですかね。今更10個や20個削っても焼け石に水だろうし、半分以下になったらそれはそれで別のゲームになってしまいそう。実際の対戦では使われる技の数なんてそう多くは無いですし。

 対戦状況のほうは、出たばかりということもあってか、現在は新規さんと思しきプレイヤーがかなりたくさんいますね。エキセントリックなプレイスタイルに戸惑ってしまうのもこの時期ならでは。さすがにロウのダブルサマーを3回もくらったときは凹みました(笑
 ただ、対戦回数に制限がある上に、不慣れなキャラを使わざるを得ないので、負けたときは結構ストレスが貯まりますね…。

 以下、細かな感想

・基本システム
 当然ですが、プレイするにはネットワーク環境が必須。ゲームを起動してタイトル画面を抜けた直後にPSNへの接続を要求されるので、いわゆるオフラインでのゲームプレイは一切できないようになってます。
 今のところ、プレイできるのは1人用のアーケードモードと、段位戦であるランクマッチ、任意に部屋を作ってじっくり対戦するプレイマッチの3つ。クイックマッチやプラクティスはまだありません。
 対戦回数が限られるので、プレイマッチはちょっとやり難いですね。実力の合わない部屋に入ってしまうと、お互い気まずいかも。

・対戦システム
 事前に発表されていた通り、対戦プレイをするには無料のコインか有料のプレミアムコインを使わなければいけません。どちらも1試合で1つを消費しますが、プレミアムコインで対戦して勝利すると、コインと同等のプレミアムチケットが1枚貰えるので、理論上は勝ち続けると永久にプレイできることになります。
 要するにゲーセンの料金システムとほぼ同じなんですが、こちらは連勝中であってもいつでも中断できるので、やりやすいシステムではありますね。

 無料のコインは30分に1枚回復。最大5枚までストックできて、ゲームを起動してなくても回復します。
 5試合しかできないので物足りなくはありますが、無料プレイならこんなもんですかね。待ち時間も含めて20分くらいは遊べるし。

 ちなみにプレミアムチケットは課金しなくても、通算勝利数が一定の数に達したり、イベント時のログインボーナスなんかでもちょっとだけもらえたりします。こういうのはソーシャルゲームっぽいですね。

・使用キャラ
 デフォルトで使えるキャラは、カズヤ・ラース・飛鳥・リリ・ポール・キング・ロウ・ジャック6の8キャラ。プレイすることで貯まる「ギフトポイント」を集めれば、ランダムで1キャラずつ追加キャラが解放されます。今のところブライアン・アリサ・スティーブ・レオの4キャラのみのようですが、今後もさらに追加されるとのこと。

 今回は新規プレイヤー向けということなので、キャラの数を絞ったのはやむを得ないというところでしょうか。デフォルトキャラに使えるキャラがなくても、TAG2持ってる人なら練習することもできるし。(技の種類や性能はほとんど同じ)
 ただ、追加されるキャラがランダムなのは不便ですね。せめてプレイヤーが選択できるようにすればよかったのに。

・スペシャルアーツ
 今作の注目システムであるスペシャルアーツ。技の出がかりが完全無敵で、攻め込まれたときなどに簡単に切り返すことが出来ますが、ガードされるとかなりの隙が生まれます。ポールの鉄山靠のような技をもっと極端な性能にしたようなものですね。各キャラ1つずつ、既存の技に設定されています。

 正直、こういう属性の技は駆け引きを単純化しすぎてしまうので、どうかなぁと思わなくもないんですが、新規さん獲得のためにはこういうのもアリかもですね。
 でも今後、構えキャラが出てきたときどうなるんでしょ? フラミンゴとか全部これで潰せてしまうような…。

 ”無敵技”というと、なんとなく2D格闘ゲームのイメージがありますが、これはひょっとして来たるべき「鉄クロ」への布石なのかなと邪推してみたり。というかこのレボリューションの追加キャラでストIVキャラとか出てきたりして…。

・クリティカルアーツ
 これはランダムで攻撃力の上がる技。鉄拳ではありそうでなかったものですね。体感的にはデフォルトで4~5回に1回くらいの割合で発動してそうな感じです。
 各キャラに4つずつ、主力技に設定されています。なんというか、もともと強い技がさらに強くなったという印象。クリーンヒット・カウンター・クリティカルアーツが重なると凄いことになりそうです。
 ちなみに負けが込むと発動率が上がる仕様になっているみたい。この辺も明らかに初心者対策ですね。

・成長要素
 ゲームをプレイしてポイントを貯めると、キャラのステータス(攻撃力、体力、クリティカル発動率)を上げることが出来るという、今回追加されたシステムの中でも、かなり実験的なものが実装されました。
 しかしこれは…、う~ん、どうなんでしょうね?
 継続してプレイしてもらうために、ソーシャルゲーム等でよくある成長要素を入れてみた、というのはわかるんですが、対人格闘ゲームでは馴染まないような…。
 成長のさせ方も個性が出にくい上に、勝てないとポイントが貯まりにくいから、初心者と上級者との差がますます開いてしまうような気がするんですが。

 もっと細かくパラメータをいじることが出来れば、まだ面白そうなんですけどね。個別の技の攻撃力をあげるとか、下段や投げといった回避が苦手な防御力を上げるとか。


 家庭用の格闘ゲームで基本無料、対戦有料というシステムは(多分)これまでなかったと思うので、成功するのかどうかは何とも言えませんね。家庭用というと、時間とお金を気にせずに遊べるというのが圧倒的な魅力なだけに、わざわざゲーセンと同じシステムを導入することに違和感がないわけではないですが。でも1コイン30円以下という料金は魅力と言えば魅力。

 原田さんによると、これから定期的にアップデートしてキャラやシステム(プラクティス等)を追加していくそうなので、今後の動向に注目です。
 まぁでもぶっちゃけ、個人的には課金はしばらく様子見しようかなと思ってます。マイキャラは出る気配ないし、一応まだTAG2でも十分対戦できるし。

スポンサーサイト

近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。