1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには弱者の意見も聞こうよ

私、日曜はいつも『たかじんのそこまで言って委員会』を見るのが習慣になってるのですが、今週のメインテーマは防衛省の例の問題で、ゲストには元防衛官僚の太田述正氏が出演されていました。(参考 ■防衛省OB太田述正ブログ
太田氏自身はどうやら防衛省の官僚体質には批判的らしいのですが、番組内ではあえて官僚よりの発言をされていて(「接待や随意契約なんてどこの省庁でもやってるじゃないか」「たかだか5兆円の防衛費をどう使ったっていいじゃないか」等々)、さらに人を見下すような笑いながらの喋り方も相まってレギュラーパネリストからは非難轟々の大バッシングを受けていました。
(あまり大きな声では言えませんがニコニコ動画に上がっているので見られない関東の人はそちらを参照 ■たかじんのそこまで言って委員会 2007/10/28 1/5 防衛省(再)

私も見ていて「何だコイツは? 官僚ってのはみんなこうなのか?」などと思ってしまいましたが、よくよく考えてみたら彼は別に間違ったことは言っていないんですよね。
私だけではないと思うんですが、議論の場において「こんなことも知らないのか」とか「この業界ではこれが常識だ」みたいなことを言われると、なんだか本人だけが特権階級で周りの人間を見下しているような印象を受けてしまって冷静な議論にならないようなこともしばしば。
もちろん議論する上で必要最低限の知識は必要だとは思うんだけど、とかく”専門家”とか”第一人者”と呼ばれるような人たち(官僚・政治家・弁護士・大学教授etc.)は”知識のない一般人”に対して配慮が欠けているんじゃないかなという気がしなくもない。

ネット上での議論も似たようなもので、2chやキャベツ等で行われている議論を見ても「この程度も出来ない・知らないなら発言すんな」というような空気は少なからずありますよね。
「バカ」だの「アホ」だの「ゆとり」だのネット特有の明らかに煽り目的の挑発は無視するとしても、さっきまで対等な立場で議論していたのに、ちょっとでも間違ったことや的外れなことを言ってしまった途端、鬼の首を取ったかのように居丈高な態度で「知ったか乙」だの「緑段になってからこい」だの言い出す人もよく見かけます。
何も知識不足だからってそこまで侮蔑することはなかろうに。

初心者っぽい人が「○○は強すぎる。こればかりでやられた」なんて言おうものなら、まぁ大抵の場合は「対応できない奴が悪い」「言い訳せずに練習しろ」などと一蹴されることと思います。
技術的には確かに正論かもしれないけど、果たしてそれでいいんだろうか?
練習を促すのはともかく、初心者の意見を封殺するほど上級者は偉いのか?
そもそも対応できないことは悪なのか?

私も含め今鉄拳やってる人は全て始めは初心者だったわけで。みんなそこから数多くの対戦や練習を重ねたり、ネットや攻略本等で調べたりして今の知識や技術を得たはず。そして自分が出来るようになると”出来ない人”の意見に耳を傾けようとせず、「俺も出来たんだからお前もできて当然」みたいな態度をとってしまう人が多いような気がする。

「自分はここまで努力してきた」という自負を持っている人にとっては、まだ大した努力をしていない初心者・初級者さんに意見されることが癪にさわるというのもわからなくはないけど、鉄拳というゲームはなにも上級者のためだけに存在しているわけではない。ゲームに対する姿勢も人それぞれなんだから、全てのプレイヤーに努力を強要するのはちょっと酷な事だと思うんですよ。

システムを知り尽くした上級者の意見ってのは確かに説得力のあるものだけど、そこまでの域に達するのは相当の時間と労力が必要になる。鉄拳プレイヤー全体から見ればそんな上級者はほんの一握りで、他の多くの中級者・初級者だってそれぞれの意見はあるはず。
一部の上級者だけで対戦バランスを論じられては、ますます難易度の高いマニアックなバランスになってしまいますよ。(まぁそれはそれで面白そうだけど・・・)

奇麗事かもしれないけど、私としては例え初心者の意見でも上級者の意見と同等に尊重しなければならないと思ってます。
例えば投げ抜け出来ない人の「投げ強すぎ」という意見だって何も間違っているわけじゃない。その人にとって投げが強いというのは純然たる事実。
いくら練習すれば投げ抜けぐらい出来るようになるからといって、初心者の意見を切り捨てて全て上級者基準で論じるのは、「素人が口出しするな。この世界ではこれが常識だ」とのたまうエリート官僚と何ら変わりがない。

もちろんなんでもかんでも初心者の要求を呑めと言っているわけではなくて、初心者には初心者の、上級者には上級者の考える対戦観というものがあるはずで、それをお互いが吸収しあえばより広い視点で対戦を論じられるのではないかと思うわけですよ。必ずしも上級者の言ってる事が正しくて初心者が間違っているとは限らないわけで。

ナムコさんも今頃はきっと鉄拳6の対戦バランスを必死に調整している頃だろうとは思いますが、是非とも上級者だけでなく初心者さんや一見さんも楽しめる対戦バランスを構築してもらいたいものです。(難しいとは思うけど)


テーマ:鉄拳シリーズ - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/106-2dff7625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。