1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略本レビュー:鉄拳6 攻略本 上巻 初志貫鉄

アルカディア編集の鉄拳6攻略本がようやく発売となりました。
色々と心配されましたがちゃんと最新バージョン(A99)に対応しているようです。というかむしろナムコの方がVer.UPを攻略本発売に間に合わせました、みたいな(笑

私も早速行きつけの本屋で買おうと思ったのですが、何故か売ってなかったのでちょっと焦りました。意外と(?)売れてるのかそもそも入荷してなかったのかどっちなんだろう? いや店員に訊けば早いんだけど、いい年した男が「鉄拳の攻略本はありますか?」なんて訊くのはちと憚られる・・・。

あと細かいことですがアルカディアの攻略本はいつも雑誌扱いなので、アルカディアムックを初めて買う人は本屋さんで探す時ちょっと注意が必要かも。一般のゲーム攻略本の棚に置いてあることもあれば、雑誌の棚(アルカディア本誌と同じ)に置かれていることも多いようですね。

syoshi
鉄拳6 攻略本 上巻 初志貫鉄 (エンターブレインムック ARCADIA EXTRA VOL. 55)


今回は表紙がツヤツヤです。最初カバーがかかってるのかと思いました。
総ページ数は400ページ(うちカラー304ページ)の大ボリューム。ただ紙質が雑誌に使われるようなペラペラの紙なので、同じ400ページだった鉄拳5パーフェクトガイドよりはちょこっと薄いですね。大きさが2倍弱なのでコッチの方がはるかに重いのですが。
タイトルは恒例の四字熟語。正しくは”初志貫徹”。これは普通に間違えそうですね(笑

メインライターはM-BOO(ロウ・マドク)、KEN(ポール・ジュリア・レイヴン)、タケヤマ(ボブ・仁・レイ・巌竜・吉光・デビ仁)、垂れ(ザフィ・シャオ・ジャック・ワン・ドラ)、ハメコ。(ミゲル・飛鳥・リリ・エディクリ・アマキン)、ミスター(花朗・クマパン・ペク)、山田(一八・キング・平八)、ユウ(レオ・フェン・李・ステブ・ブラ)、リュウケイ(ニーナ・アンナ・ロジャー・ブル)といったアルカディア本誌等でもお馴染みの方々。(敬称略)
ゲーメスト時代からそうなのですが、記事ごとに誰が書いているのか明記されているのは好感が持てますね。「このページは俺の責任だぞ」てな感じで。(これで誤植が少なければ言うことn・・・)
以下内容。

・システム解説 24P
基本的なシステム解説。新システム以外は鉄拳5の時の質実剛拳と似たような内容で、稼動初期からやってる人には常識的なことが多く、新たな発見とかは無いかと思います。せいぜい段位の種類と空中コンボのダメージ補正くらい。
ただこの解説は常識中の常識ともいえる事柄(上中下段の違いなど)は少ないので、ある程度格ゲーの知識を持ってる人(過去の鉄拳シリーズやVF、もしくは他の格ゲー経験者)に改めて鉄拳6の特徴的なシステムの解説をしているという感じですかね。
単純にシステムの説明をしているというよりは、「こういうシステムだからこうしていこう」みたいな攻略的な内容も多いような気もします。なんか山ステとかの説明もしてるし。

・キャラクター紹介 78P
キャラ紹介1Pとアイテム紹介1Pで各キャラ2Pずつ。個人的にはアイテムはともかく、CGとストーリーだけで1Pも割く必要あるのかなと思ってしまいますね。キャラも多いんだし。
しかしアイテムもこうして改めて見ると随分少ないですね。帽子や眼鏡とかは共通なんだからわざわざキャラ毎に紹介する必要ないじゃん。

・技解説 200P
この本のメインともいえる技解説。各キャラ4~9Pで全ての技の写真と主要技の解説が掲載されています。
形としてはこれも質実剛拳と同じです。技が探し難いのも同じ。せめて番号とか振ってくれたら探し易いのですが。
解説がついてる技は各キャラだいたい30~40個くらい。中には50個以上解説されているキャラもあります。主要技と思われるものにはだいたい解説が付いていますが、中には「これを解説するくらいならこっちを解説しといた方がいいんじゃないの」という技チョイスも無くはないかも。まぁこれは個人の好みやスタイルにも寄るかもしれませんが。

解説されていない技に関しては残念ながら写真を見て想像するしかないですね。構えへの移行など技表にもあるような最低限の補足はあるものの、ジャンプ・しゃがみステータスやコンボ始動技、バウンド誘発技といった重要な情報が記されていません。(バウンド技に関してはシステム解説で一覧表示されてますが)
せめてノーマル・カウンターで何発目まで繋がるかとか、ディレイが可能かどうかくらいは明示して欲しかったところです。

・対戦攻略 41P
新キャラは2P、旧キャラは1Pで対戦攻略記事。コンボも含まれます。つまり形としては拳魂一擲の時と同じ。やっぱ1Pってのは少ないですよね。新キャラと旧キャラでページ数が違うってことは、少なからず前作経験者向けということなのかな。
攻略内容は基本戦術や壁攻め、特定の技や構えに関しての突っ込んだ戦術など。ざっと見たところ初~中級者向けな感じですかね。以前あったようなVS攻略(そのキャラを相手にしたときの攻略)はありません。
フレーム情報も載っていますが、主要技の10個のみ。確反用だけでなく、発生が遅めの技や構え中の技などからも多用すると思われる技のフレーム(発生・ガード・ヒット・カウンター)が載っています。

コンボは各キャラ5種類(新キャラは10種類)。うち1つは壁コンボ(壁やられ強)。
基本的なコンボからダメージ優先のコンボ、浮かし技限定のコンボなどが紹介されています。バウンド技やバウンド後の〆技を変えて、ダメージを落とさない範囲でなるべく技がかぶらないようにバリエーションを増やそうとしている節がありますね。
コンボバリエーションの多いキャラはいいのですが、少ないキャラは特定の技ヒット後の確定追い討ちまで紹介して水増し(?)してる感もあります。ロウのフラッシュナックル→スライディングなんて技解説でも書いてあるだろうに。

コンボに関しては今回バウンドが追加されたこともあって、初心者さんにとっては一見複雑に見えるものが多いですね(キャラにもよりますが)。ブルースなんかは基本コンボとして「9RK→ブルニードル&チョッピング→トライデントミドル~バサートスタンス→バサートハンマースタンプ~バウンド→ショットシェル→ダッキングアッパー&ロッブリー1発止め→ベーンボーン」というのが紹介されてますが、果たして初めて見る人ががこれを”基本的”と思えるんだろうか・・・。

・技表 46P
おなじみの技表。技解説があるからいいじゃんと思われがちですが、私は結構重宝してたりします。

・インタビュー 8P
これもある意味お約束のインタビュー記事。CGデザイナー(荒木)1P、開発・企画(原田・米盛・池田・野田)4P、サウンド(柿埜・濱本・岡部・中村)3P。(敬称略)
今後の更なるバージョンアップが気になるところですが、基本的にはこれで最後だけど今後何も無いということは無いとのこと。いわゆるマイナーバージョンアップはもうしないというニュアンスですね。
家庭用は以前のようにすぐには出さないそうです。


全体の構成としては質実剛拳の時と大きく変わってはいませんね。
前回の時も書きましたが、キャラ毎のページを探すのに時間がかかります。今回は技解説ページの見出し(?)がちょっとずつずれてて丁度辞書のような感じになってはいますが、キャラの順番を覚えてないとあまり意味がありません。最初が新キャラでその次が主役級の仁と一八、最後はデビ仁と平八ってのはわかるんですが、残りはてんでバラバラです。キャラも多いんだからいっそアルファベット順にでもすればいいのに。

あとアルカディアムックの悪しき伝統である誤植ですが、今回もやっぱり結構ありますね。技の写真やコマンドが違ってたりするのはまぁなんとか許容範囲ですが、フレーム表の数値が違ってるのはいただけない。アマキンのフレーム表とか明らかに半分以上間違ってます。いくらなんでも3LPの発生が10Fってことは無いだろう。
これだと他のフレームも間違っているんじゃないかと思ってしまいますね。
(追記:アマキンの正しいフレーム表→■ハメコラム。@はてな

内容に関しては個人的にはもう少し初心者にも優しいものでも良かったんじゃないかと思わなくも無いですが、この時期に攻略本を買うのはある程度やりこんだ人が多いだろうから仕方ないことかもしれません。
素人考えですが、せっかく上下巻構成にするなら上巻はシステム解説と技解説に絞って細かいところまできっちり解説して対戦攻略は下巻で詳しく、という形のほうが良かったようにも思えます。”信長の野望”の攻略本のような感じで。

来月発売となる下巻「鉄頭鉄尾」には上級者の対戦ムービーと共に、さらに突っ込んだ攻略記事が掲載されるんだろうけど、ますます初心者お断りな内容になることは想像に難くないなぁ。(別にそれが悪いとは言いませんが)

多少不満が無いわけではありませんが、鉄拳6の攻略本は今のところこれだけだし、今後他社からも出る可能性は限りなく低いだろうから(少なくとも家庭用が出るまでは)重宝することになりそうです。新たにサブキャラ始めようとする時なんかは特に。
技解説のページなんかは写真見てあれこれ想像するだけでニヤニヤしちゃうのは私だけじゃないですよね(笑

テーマ:鉄拳シリーズ - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


僕も買いましたが間違いが多くて困ります、アルカディアらしっい言えばそれまでですが。
よかったら、当方も同じジャンルの日記がありますので、コメントくださると嬉しいです。
【2008/03/24 22:44】 URL | ローゼン面前 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/118-3fc784c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。