1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の闘劇への要望

闘劇も無事に全日程が終わりましたね。鉄拳の優勝はチーム「∫∫エグリゴリ∫∫」というところだそうで。

闘劇'08 鉄拳6 優勝チーム決定 (ina tekken)

優勝チームの方はおめでとうございます。そして参加者・運営者の皆さんはお疲れ様でした。
今年は日程がコミケとモロかぶりだったのですが、両方行きたかった人はどうしたんだろう(笑


さて今回が6回目となる闘劇ですが、運営方法その他に関して個人的な要望をいくつか。

・ネット配信
今年も本戦はネット配信があるということだったので、こりゃいいやってんで意気揚々と配信動画を見てみたら・・・「なんじゃこりゃ?」って人も多かったのではないでしょうか。
私もちょっと見てましたが、実際配信されてたのは遠景の会場風景でしかも無音。一応大型モニターの様子はわかるものの、かろうじてキャラの判別ができる程度で誰が何やってるのかは全くわからない。
会場風景が映ってるときはまだいい方で、過去の闘劇・及び闘劇魂DVDからの動画を垂れ流してた時は何がしたかったのか本気でわかりませんでした。

唯一の見所(?)といえば出場者のインタビューくらい(鉄拳は主に韓国プレイヤー)ですが、マイクの調子が悪かったのかこれもほとんど聞き取ることができませんでした。
それでも私が見始めたころはたまたま1試合だけ本戦の対戦動画をフル画面で見ることができたのですが、それ以降は前述のわけのわからない動画ばかりで、とてもじゃないけど見続けることはできませんでしたね。

配信ページの説明では確かに「去年みたいなLive中継ではないよ」と書いてはあるのですが、何のためにこんな動画を配信したのかは甚だ疑問。
去年の配信がかなり良かっただけに残念です。金払って会場に来いorDVD買えということでしょうか。

・やる気のない開催店舗
今年ものべ数百店に及ぶ店舗で闘劇予選が開催されたわけですが、その中でも温度差があって物凄く気合いを入れて準備・運営してくれたところもあれば、とりあえず客寄せのために開催してみましたみたいなところもありますね。開催店舗の多い鉄拳は特に。
参加者が集まらなかったのはまぁ仕方ないとして(それでもちゃんと告知・宣伝すべきでしょう)、司会進行用のマイクや記録用のデジカメはおろか、まともな勝敗表すら用意してないところもウチの地元でありました。

また闘劇公式ページの店舗予選結果のところを見ても意気込みが一目瞭然で、たとえ参加者が少なくとも丁寧な大会レポートを書いてくれているところがある一方、たくさんの参加者が来てくれたのにもかかわらずレポートには「大いに盛り上がりました」の1行だけとか、それすらもなくただ優勝者と参加人数を書いてるだけのところも多い。

結果だけでもUPしてるところはまだマシで、予選結果そのものを書いてないところも結構あるんですよね。
参加者ゼロで開催できなかったのかなと思ってその地区のエリア大会の結果を見てみると、ちゃんと店舗代表が定員通り出場していたりする。(そうでないところもあるけど)
つまり予選自体は行われているにもかかわらず、結果を運営本部に報告していない。こんなの怠慢以外の何物でもないですよ。これでは出場者が気の毒です。(Web担当者の記入漏れの可能性もなくはないですが・・・)

せめて最低限の準備と結果報告くらいは徹底してもらいたいところ。
今回結果未発表のところは来年以降の予選開催希望を却下してもいいと思うんですよ。

・全参加者の公表
予選結果の公表に関しての要望なんですが、予選結果はすべて公式の結果ページに上げてもらえませんかね?
現状の結果ページでは多くてもベスト4までしか表示されてませんが、できればトーナメント1回戦から表示してほしいんですよ。テキストに起こすのがめんどくさければトーナメント表をデジカメで撮影したものでもいい。

せっかく参加したんだから、何か記録に残るものがあったほうがいいじゃないですか。「俺ここまで行ったんだよ」みたいな自慢のネタにもなるし(笑
以前発売された闘劇魂MAX軍総杯SPには参加した全プレイヤーのRNが載ってましたが、ああいうのって結構嬉しいもんですよね。

・出場者のモラル
これは運営側ではなく参加者側の問題なんですが・・・。
闘劇のレギュレーションを見てみると「『鉄拳6』における代表権放棄による辞退の原則禁止」というのが追加されてるんですよね。
詳しい経緯はわからないのですが、規約にある「出場権の辞退」を悪用したケースがあったとのこと。同じ鉄拳プレイヤーとして恥ずかしい限りです。(こんな追加ルールがあるのは鉄拳だけ)

また「プレイヤー名やチーム名の公序良俗性について」という規約も新たに追加されてるんですが、どうやらこれもきっかけになったのは鉄拳プレイヤーらしいんですよね当該予選ページは削除済み)。まったくもって恥ずかしい。
お祭り気分でつい羽目を外してチーム名に下ネタを入れてしまったんだろうけど、大会結果がネットで全国に公表されるだけでなく、進行役の店員さんもその名前を叫ばなければならないことを念頭に置いてほしいものです。
ここの優勝チームもアウトだろ。直接書かなきゃいいと思ってんのか? 恥を知れ恥を!)

どうしても下ネタに走りたいならカラオケボックス行って「マンピーのG★SPOT」でも思う存分歌ってくればいいよ(笑

・遠征対策
私が遠征について否定的な考えなのは以前書いた通り。(→■闘劇予選においては遠征を自重してほしい
今年の鉄拳6の優勝者も東北エリア代表なのにもかかわらず、実際は千葉の人だったそうですね。
別にいちゃもんつけるわけではないのですが、いずれ闘劇覇者輩出店舗としてアルカディア等に東北の店舗が紹介されるかと思うと、なんだかなぁと思ってしまいます。(お店の人はどう思ってるんだろう?)

遠征対策として個人的な理想を言えば『店舗予選に出られるのはホームゲーセン(又はその近隣店舗)のみ。もちろんチャンスは一度だけ』としてもらいたいところですが、さすがにそこまで厳格にしてしまうと盛り上がりに欠けてしまうのは明らか。出場者が他の店舗予選に参加していないかをチェックするのも手間がかかる。

そこで1つの案として、”店舗予選とエリア大会の日程を分ける”というのはどうでしょう?
つまり始め(4月~5月)に店舗予選を各地で開催して全店舗代表を確定した後、エリア大会は同日(6月ごろ)に一斉に行うというものです。(もちろんタイトルによって日程はずらす)
これならエリア大会レベルでの再チャレンジは不可能になるし、遠征自体も不可能ではないけどかなり抑制できそうに思います。

エリア大会の盛り上がりを考えると当日店舗予選の開催は必須になるだろうから、それ目当てでの遠征はあるかもしれないけど、少なくとも現状のように代表権がとれるまで何度もあちこち遠征しまくるなんてことはできなくなります。
こういう開催方法も検討してもらえませんかね?


どれも素人の考えなので粗はあると思うし運営側にしてもいろいろと事情はあるだろうけど、今後の闘劇も今以上の盛り上がりになることを切に願います。

この記事に対するコメント


これだけの開催実績があって、ある程度の集客も期待できるようになったのに未だに予選に関しては完全に店舗任せってのはどーなのよって思いますよね。
仕切りはともかく、進行を見届けて結果を記録したりレポートを取ったりは闘劇スタッフが担ってしかるべき仕事ではないかと。

遠征について私はある程度は仕方ないという肯定派なのですが(やっぱ本戦で始めて目にするような名前が多いと盛り上がらないッス)、店舗予選に参加する為に始めて足を運んだ店舗の代表になれてしまうというのは、さすがにルール上の不備といわざるを得ない感じです。
何かちょうど良い落としどころが見つかるといいのですが。
【2008/08/20 01:58】 URL | 昼行灯 #qGJFFIkc [ 編集]


さすがに全店舗予選に運営スタッフが出向くのは無理があるような気がしますが…。
店員さんが大会慣れしていなければ、むしろコミケみたいにこういうイベントに慣れたボランティアスタッフを募るというのもアリかも。
【2008/08/21 00:04】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


闘劇の優勝チーム意外だなぁ…(´д`;)

そろそろ関東、関西の時代から東北とか田舎勢の時代がこないかなぁ…
【2008/08/29 20:13】 URL | Bussan #- [ 編集]


プレイヤー人口からすると都市部以外は難しいかもしれませんね。
ネット対戦がもっと普及すれば状況は変わるかもしれませんが。
【2008/09/01 23:50】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/129-a94a5b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。