1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバー入力~その2

前回に続いてレバー入力のお話。
技名がたくさん出てきますが適時攻略本等で確認してください。私もあまり自信ありません(汗

・「3」
前方斜め下の入力。基本技ではアッパーやミドルキックに使われます。
固有技ではスネークエッジ(ブライアン)や雷張り手(ガンリュウ)といった下段技を除けばほとんどが中段攻撃となっていますが、基本技である左右のアッパーやミドルキックが何気に高性能なので固有技にはそれ以上の性能が求められます。特にパンチ技では掌把(フェン)や上歩掌拳(シャオユウ)、エルボースマッシュ(キング)といった近距離での主力となる技が多いですね。
また簡単なコマンド投げとしても使われることが多く、白山(アスカ)エストレーラ(クリスティ)風牙(ポール)というようにワンコマンドで出すことができ、たとえコマンドミスをしてもアッパー等になるという使いやすい投げ技になっています。

・「2」
下方向による入力。昔は「しゃがみ途中」なんて表記の仕方もありました。
多くのキャラが基本技のしゃがみパンチ(特殊中段)やローキックといった下段判定の技になるのであまり変わり映えはしないですが、独自の固有技を持つキャラも少なくありません。
まず蹴り技では迅脚連携(ジュリア)やニースライサー(マードック)といったローキック系の技がほとんどで、相手をダウンさせるような下段は落葉(ポール)くらいですね。
逆にパンチ技では骸打ち(仁)や瓦割り(ポール)のような中段が多く、下段は蒼蛇落襲(フェン)やニーボルトブロウ(スティーブ)くらいでしょうか。
下入力でしゃがむわけですからブラボーナックル(ジャック)やショルダーインパクト(マードック)、あるいは鳳凰の構え(シャオユウ)や座り(クリスティ)のように上(中)段をかわす技も直感的でわかりやすいですね。

・「1」
後ろ斜め下の入力です。この入力も基本技では2入力と同じようにしゃがパンやローキックが出ます。
1入力の固有技で特筆すべきは下段技の多さでしょう。ドラゴンテイル(ロウ)カッティングフック(スティーブ)後掃燕舞(レイ)テイルカッター(ロジャーjr)など多くのキャラがこのコマンドで主力となる下段を持っています。木人で知らないキャラを使うときでも1LKまたは1RKを連発してれば(低段位の相手ならば)ある程度勝ててしまうのではないでしょうか。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/13-668bc07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。