1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳6BR in AMショー

なんだか直接鉄拳のことを書くのは久しぶりのような気もしますが(笑

ご存知の通り、先週のAMショーにて鉄拳6BR(BLOODLINE REBELLION)が出展されました。
鉄拳5DRのときも無印発売後約1年でバージョンアップしたので、今後は新作発売1年後にメジャーバージョンアップというのが既定路線になるんでしょうか。

AMショー 鉄拳6BR 画像関連
AMショー 鉄拳6BR ムービー関連(ina tekken)

私は当然AMショーには行っていませんが、公式のムービーや実際にショーに行った方々の感想を見た限りでの第一印象をば。

・バウンド&レイジシステムに変更なし
鉄拳6から採用された新システムですが、とりあえず変更はないようです。
ん~、レイジはともかくバウンドも変更なしですか・・・。う~ん。
ネット等でバウンドシステムの評判を見てると「コンボが長すぎる」「ダメージが大きすぎる」といった意見を頻繁に目にするし、私自身もあまりいい印象はないんですよね。
一説にはコンボのダメージが下がったという話もあるようですが、根本的な解決にはなってないよなぁ。むしろ「長いわりに減らない」となると爽快感が無くなってしまうような気もします。

そもそもこのシステムは画一的だったコンボにバリエーションを持たせるために導入された(と思う)んですが、実際の対戦を見てみると(自分も含め)多くの人が定番コンボばかりでイマイチ変わり映えがしない。
確かにキャラによってはバリエーションが増えたものもありますが、これまでのコンボにバウンドを挟んだだけというのも多く、一部のキャラ(ポール・レイ・平八など)はバウンド後の追撃が事実上1択になってしまうのはちょっとどうかと思うんですよね。

個人的にはダメージ操作よりも、浮かされた側がバウンド時に受け身をとれるようにしたら面白いんじゃないかと思うんですけどね。投げ抜けと同じようにバウンド技によって受け身ボタンを変えたりとか、受け身方向で別の技が当たるようになったりとか。

・新キャラは2人
またしても新キャラが2人増えて総数はついに40キャラに。増えすぎたキャラ数に批判もあるようですが、最近は(鉄拳に限らず)バージョンアップのたびに新キャラ出すのが定番になっているようなのでやむを得ないかなとも思います。
38人から2人増えたところで、そう劇的に複雑になるわけでもないしね。
そりゃいつかは刷新しなくてはならないとは思いますが、それは完全新作のときにでも。

 ラース・アレクサンダーソン
新キャラの一人はいかにも主人公然としたラース。打撃技を中心としたいわゆる正統派キャラのようです。
コンボを見てると後ろに回ったりしててなかなか面白そうですね。
使用率も高くなりそうだし、新キャラというのは得てして”強キャラ”になりがちですが、果たしでラースはどうなる事やら。

 アリサ・ボスコノビッチ
もう一人の新キャラは(半ば忘却の彼方だった)あのボスコノビッチの娘さん。
いや~、ヤヴァイっす! ロボッ娘ですよロボッ娘!
個人的にアンドロイドとかサイボーグの女の子ってすっげぇ好みなんですよ。”ちせ”とか”ちぃ”とかマルチとかKOS-MOSとか攻殻のオペレーターとか。素子じゃないのかよ(笑
あと私をこの属性に目覚めさせてくれたドラゴンボールの人造人間18号も忘れてはならない。そもそもこういったロボッ娘というのは手塚治虫の以下略・・・

アリサは頭が爆発(!)してることからサイボーグではなくアンドロイドのようですね。娘の記憶を移植したとかそんな感じなんでしょうか。
きっと主人(博士?)の命令を忠実にこなしつつも自我が目覚め、機械の体にコンプレックスを持ち、自分の存在意義に悩み、やがて来る活動停止や記憶消去の恐怖と向き合わされるに違いないですよ。人間と一緒に生活していくうちに恋に目覚め、避けられない別れを前にして「私も涙を流せたらいいのに・・・」とか「私が動かなくなっても大切にしてくださいね」とか言ってくれちゃうんだぜまいったなぁもう。(早くも妄想爆発中。この辺がオタクの悪いところ)

格ゲーのキャラとしてはどっちかというと2Dゲー寄りの立ち位置かもしれませんが、まぁ鉄拳も非人間キャラいっぱいいるし問題なく溶けこめるでしょう。
ムービーを見てもアクロバティックな技が多そうで、使ってて楽しそう。私ももちろん使いますよ。
「使うのが恥ずかしい」「使ってる奴はキモイ」とか言ってる軟弱な人らをぎゃふんと言わせてやりたいですね(笑

・既存キャラ変更点
バージョンアップで一番気になるのは、やっぱり既存のキャラがどう変わってるかということでしょうね。ショーに行った人から様々な情報が挙げられています。

鉄拳6BR レビュー(ina tekken)

各種ブログやBBS・SNS等を見ると、早くも新技がたくさん判明してるキャラもあるようです。なんというか新作ってのはある意味発売前が一番盛り上がりますね。私も土日はネットに張り付いてました。
もちろんまだロケテですらないんだから、あの技が強いのどうの言ってもあんまり意味はないかもしれないけど、こういう情報で一喜一憂できるのも今だけですからね。

私のメインキャラの情報が少なくてちょっと寂しい(いつものことなんだけど)のですが、まぁ後のお楽しみということでポジティヴに。別に強くならなくてもいいから、今度はたくさん技増えてるといいなぁ。

・稼動日は?
気になる稼動日はムービーでは今年の冬となってますが、よく言われてるようにおそらく12月でしょうね。am-netのデータでも12月発売となってるし。

参考までに鉄拳5DRのときはどうだったかというと、
05年9月1日~3日 AMショーにてプレイアブル出展
05年9月15日 オフィシャルサイトにてPV公開
05年11月11日~15日 ロケテスト(巣鴨・千日前)
05年12月6日 ナムコ直営店にて先行稼動開始
05年12月13日 一般店舗にて本稼働開始
という感じだったので、同じスケジュールでいくなら再来月にもロケテストがあるかもしれませんね。

あーもー待ち遠しいぜちくしょう。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/132-35bcffdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。