1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバー入力~その3

しばらくこのネタを続けます。
書いてる本人は結構楽しいんですよ。

・「9」
前方斜め上の入力。主にジャンプ系の技です。
基本技では中段浮かし技であるライジングトーキック(9RK)がよく使われますね。逆に他のジャンプ攻撃はほとんど使われませんが。
個人的には9RPのダウン攻撃がいつまで残るかが気になります。なかなか無くなりませんね、あれ。
固有技ではほとんどがジャンプステータスのついた技になってます。リーチのあるものやノーマルorカウンターでコンボになるものなど様々なものがあります。逆にジャンプしない技を探す方が難しいくらいです。目突き(ロウ)モンゴリアンチョップ(マードック)フェイタルアタックコンビネーション(アンナ)くらいでしょうか。
また、倒落肘(レイ)やパニッシュメントドロップ(ジャック)のような投げ技にも使われます。しゃがみ状態からも直接出せるので結構有用ですね。

・「8」
真上の入力です。上系統の入力(7・8・9)の技はジャンプする方向が違うだけで技自体は同じであることも多いですね。しかしどうしてもリーチが短くなってしまうので、ブラッディ―ギロチン(ファラン)のように8入力でないと出せない技以外はだいたい9もしくは7入力で出されることが多いと思います。横移動以外では8方向レバーの中で最も使われないレバー方向なのではないでしょうか。
たまに垂直ライジングトーとか使う人はいますけども。

・「7」
後方斜め上。前作鉄拳4ではなぜか後ろにジャンプすることができなかったのですが、今回は無事に(?)ジャンプできます。
7入力のみの固有技はジャンプ形の技の中では最も少なく、逆十字鳳(シャオユウ)やエスケープキック(ファラン)のように、いかにも後ろに飛んでますといった形の技のみです。なんでこれが7入力?といった感じの水平チョップ(キング)なんかもありますが。
あとはカタパルトキック(ニーナ)や卍裏跳蹴り(吉光)のような技を逃げながら出す時によく使われます。あんまり連発されるとイヤ~ンな感じですが(笑

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/14-7e30129e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。