1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム規制

たまには時事ネタを。(ちょっと旬を過ぎてますが)

神奈川県がカプコンの「グランド・セフト・オート3(GTA3)」というゲームを「有害図書類指定」したことで色々と物議をかもしているようです。
神奈川県知事・松沢成文のブログにもかなりの数のコメントが寄せられています。ほとんど批判的な内容ですが。

この手の話は結構定期的に出ていて、最初に聞いたときも正直「またか」という印象でした。というか今でもそんなふうに思ってます。
ただ、格闘ゲームでも一昔前に「ゲームの技を真似して怪我をした」とか何とか言って格闘ゲームに対するバッシングがあったりもしたので、鉄拳ファンとしても気になるところではあります。

でも実は私、この件に関しては「ある程度の規制はやむなしかな」と思っております。
もちろん、いちゲームファンとしてゲームの開発や販売が規制されることは喜ばしいことではないのですが、今までたいした規制もなかったのがそもそもおかしかったのではないかと思います。
私はGTA3をプレイしたことはありませんが、雑誌やWeb上の情報を見る限りではそれほど犯罪を奨励するようなゲームであるとは思えません。しかしゲームを知らない人が「通行人を殺せる」「人ごみに爆弾を投げつける」といった評判を聞けばそりゃ規制のひとつもしたくなるもんでしょう。

将来自分に子供ができたとしても、やはり小さいうちはそんなゲームをやって欲しいとは思いません。小さな子供にGTAのようなゲームを薦める親がいるとしたらちょっと神経を疑ってしまいます。
とはいえ親がゲームを買い与える時はともかく、子供がせっかくお小遣いを貯めて買ったゲームを「暴力的だから」という理由で取り上げるというのは私にはちょっと無理そうなので、できれば販売側で規制して欲しいものです。

そもそも今回の規制にしても「海外で開発されたゲーム1本」を「発売後」に「18歳未満への販売を規制する(罰則なし)」というかなり業界に配慮(?)した内容で、それほど大騒ぎするほどのものでもないように思えます。GTA3自体も結構なセールスを記録しているようですし。
これがもし「バイオハザード」や「影牢」といった国内の人気タイトルだったらもっと大きな騒動になっていたかもしれません。
もちろん今後規制が強化されるかもしれませんし、松文館事件のように裁判に発展する可能性もなくはありません。残念ながら世の中にはゲームが犯罪を助長していると本気で考えている人たちもいるようですしね。

だいたいゲームをやったこともないような人に「ゲームが犯罪を助長することはない」と言ったってわかってくれるわけがありません。イスラム原理主義者にキリスト教の聖書を渡すようなものです。それならば「一応規制してますよ」というアリバイでも作っておけば批判の矛先をある程度そらすこともできます。
それに今はまだ暴力表現や性表現が問題になっているだけですが、今後特定の思想や宗教なんかを子供達に刷り込むようなゲームが出ないとも限りません。そんな時のためにもなにかしらの「網」を用意しておいたほうがいいのではないかと思います。

Web上での情報を見る限り、今回の規制は公権力で有害ゲームをすべて排除するというよりも、業界団体に自主規制を促すようなものという印象を受けます。事実、今まで存在の薄かったCESA自主規制への動きを見せているようですし。
PCゲームなんかでは今のところ業界団体による規制が(まがりなりにも)機能していて、一般ゲームと18禁ゲームの棲み分けが上手くできているように思えます。コンシューマゲームでも(事情は異なるでしょうが)やろうと思えば上手くできるのではないでしょうか。

レーティングの仕方や販売方法などいろいろ問題はあると思いますが、ここはひとつCEROに頑張ってもらってユーザー・業界・保護者の三者が納得のいくような仕組みを作り上げて欲しいものですな。


まぁ鉄拳が規制されそうになったら私も反対しますけどね。

この記事に対するコメント


鉄拳が規制されそうになってからでは遅いかもしれませんよ。
松沢知事のブログのコメント欄にも書いてあったのですが、こんな話があります。

「ナチスが共産主義者を弾圧した時、共産主義者でない自分は行動しなかった。ナチスは次に社会主義者を弾圧した。社会主義者でない自分は抗議しなかった。ナチスは、学生やユダヤ人に弾圧の輪を広げ、最後に教会を弾圧した。牧師の自分は立ち上がった。時すでに遅かった。『抗議するには誰のためではない、自分のためだ』」=ヒトラーに抗議し、収容所に送られたドイツの牧師マルティン・ニーメラーの言葉(04年8月8日付『朝日新聞』-「風 ロンドンから-外岡秀俊」から)。
【2005/07/27 09:15】 URL | 隠れエロゲヲタ #- [ 編集]


まぁナチスと民主主義の日本は違うと思いたいですが、確かに無責任かつ杓子定規の役人に任せていたら次々とゲームが喰われていく可能性はありますね。
そのためにも(機先を制する形で)業界団体による自主規制が必要かなと思っとります。
【2005/07/28 23:21】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/15-0733c9b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。