1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格ゲーの攻略本はもっと面白くあってほしい

ゲームの攻略本ってなぜか読んでて楽しいよな(VIPワイドガイド)
これはわかるなぁ。確かに攻略本って読んでるだけでも面白いですよね。

ただ鉄拳に関して言えば、私としては最近の攻略本はあんまり面白くないというのが正直なところ。
多少懐古主義の思い出補正もかかってるかもしれませんが、昔の鉄拳攻略本は今読んでも面白いと思うんですよ。
ライターさんのコラムがあったり、実際の格闘技の解説があったり、ゲーメストのムックでは読者投稿コーナーなんかもありましたね。

もちろんおまけ的な内容だけではなく、攻略内容自体の方向性というか着眼点みたいなものが、今と違って「勝つため」だけでなく「楽しむため」の攻略に主眼が置かれているのもあって、読み応えがありました。
その中でも一番典型的なのが鉄拳3時代に卍党(ザ・プレイステーション編集部)の出した『TEKKEN3,THE MASTERS 2nd.』という攻略本。
主だった攻略記事の見出しを抜き出してみると、

 「ジャンプを使ってフェイントをかけよう」(仁)
 「相手を翻弄する右構えからの攻め」(ファラン)
 「虚実織り交ぜて相手をだまそう」(ロウ)
 「相手を惑わせる構えのポイント」(レイ)
 「相手を惑わすための技術」(吉光)
 「お笑い技にもこんな使い道が」(クマ)
 「地斬脚フェイクで相手をあざむけ」(平八)

こんな感じで、「惑わす」とか「フェイント」といった要素が頻繁に見られるんですよね。この他にも、一見使い道がなさそうな技を活用しようとしたり、コンボに関しても(当時としては)様々なバリエーションを掲載したりしています。

これと比べるのはちょっと酷かもしれませんが、最近のアルカディア攻略本『鉄拳6攻略本上巻 初志貫鉄』ではどうなっているかというと、

 「冷血な二択」(カズヤ)
 「暴れた数だけ強くなる」(飛鳥)
 「浮かせてナンボ」(ファラン)
 「リスクは最小限に」(ジュリア)
 「何よりもまず浮かせること」(ニーナ)
 「本能に任せた二択を……」(アンナ)
 「チクチク下段で削ろう」(ペク)

・・・なにこの面白くもなんともない攻略(笑

いやまぁ”攻略本”としては決して間違っているわけではないんですが、あまりにも味気なさすぎですよ。本文を読んでも、”フェイント”とか”翻弄”みたいな要素がまったく無いわけではないものの、大半は「この状況ではこの技が強い」とか「これとこれで2択をかけろ」みたいなことしか書いてない。
特にファランみたいなキャラは、膨大な技に加えて複雑な構えへの派生技が絡み合い、鉄拳でも1・2を争うテクニカルキャラのはずなのに、それが言うに事欠いて「浮かせてナンボ」ってそれはいくらなんでも・・・。(もちろんフラミンゴ等の解説も一応してはあるんですが)

まぁ元々攻略本ってのは初心者向けのマニュアル的なものだから(最近は特に)、味気ない基本的な攻略記事になってしまうのは仕方ないかもしれません。特に最近はキャラや技の数が多く、十分に紙面を割けないことも大きいのでしょう。(ちなみに「MASTERS 2nd.」ではコンボを含めた対戦攻略記事が各キャラ4~8ページ。「初志貫鉄」では新キャラ以外1ページ)

攻略本だけでなくアルカディア本誌での攻略記事でも、「○○の後に△△を出せば□□以外では回避不能」とか「○○の後に相手の起き上がり方次第で□□がヒット」といった重箱の隅をつつくような内容が多くてちょっとげんなりすることも。鉄拳では特にこういう攻略がかえってゲームの敷居を上げているようにも思います。
まぁ単に私の好みに合わないということかもしれませんけどね。「じゃあお前が書けよ」とか言われても困るし(笑

もちろんそういった攻略が間違っているとは言わないし、昨今は勝利重視・効率重視のプレイヤーも多いから読者の求めに応じた部分も多いのでしょう。そういう意味では鉄拳3時代は今とは真逆で、魅せる戦い方をする(目指す)プレイヤーが多くいたという土壌があったからこそ「MASTERS~」のような攻略本が生まれたのかもしれませんね。

今は昔と違ってプレイヤーの数も少なく、アーケード攻略本を出す出版社もアルカディア(エンターブレイン)以外は皆無に近い。さらにゲームシステムが回を重ねるごとに多量化・複雑化している中、なかなか冒険的な内容の攻略本を作るのは難しいかもしれません。

ただ最近の攻略記事を見て、「このキャラ面白そうだな」とか「こういう戦い方もあったのか」といったような感想を持つ人はまずいないんじゃないでしょうか。
編集方針、と言ってしまえばそれまでですが、どうせならもっと格ゲーの魅力を引き出すような攻略記事が読みたいと思ってるのは私だけなんですかね・・・。


最後に『TEKKEN3,THE MASTERS 2nd.』の冒頭に書かれていた序文を引用しておきたいと思います。(長いので一部省略)
今から見ると「何カッコつけちゃってんの?」とか「こんなのライターの自己満足だ」みたいに感じる人もいるかもしれませんが、私は好きですね、こういう方針。

我々にとって、「勝つ」ためだけの答えを出すことは簡単だ。
強い技を中心に紹介して、回避が難しい連携技を掲載するだけでいい。
そして、簡易で攻撃力のあるコンボを中心に羅列する。
それこそ、ゲームの対戦バランスのアラを突き詰めた攻略記事となるだろう。

プレイヤーの中には、そんな攻略を求める人もいるかもしれない。
しかし、これらの戦術には、「相手との駆け引き」という要素がない。ただの作業だ。

我々卍党は最高の遊び方を追求する。
勝利よりも技術。強いと言われるよりも、上手いと言われるための攻略を展開したい。
ゲームの楽しさを最大限に引き出せる技術を中心にした、対戦攻略記事を書いたつもりだ。

この本を参考に、さらに発展した戦い方を身につけてくれれば幸いである。


この記事に対するコメント


....最後の卍党の文いいっすね
【2009/06/23 21:59】 URL | 名無 #- [ 編集]


自分は2D格闘畑の人間なのですが、最後の序文(…なんか「全然大丈夫」的なもにょり感がありますが)を読んで思うところを漫然と

彼らは最初にわざわざ、勝つための戦い方とは何かを自分たちは知っている、と前置きしています。
これはとりもなおさず、彼らがその戦い方をかなりの程度まで煮詰めた経験があることを示しています。
だがそれを極限まで突きつめるのは、結局どれだけ超反応CPUに近づけるかという事でしかない。それが、2節目の「ただの作業だ。」という言葉に凝縮されていると思います。

しかしながら、彼らのような「煮詰め」を経ずにただ「理屈で動くのは退屈」「そんな戦い方して楽しいの」と叫んで、自分の思考停止を相手のプレイスタイルに転嫁するのにも何か違和感を覚えます。
卍党の序文からは、創意工夫を凝らすことへの否定は読み取れません。我々は「勝つ」為でなく「楽しむ」為に全身全霊を注ぐ。それはいわば煮詰める方向性の問題です。この序文は、対戦が「対人間」であることを最大限に活用したやりこみドクトリンを我々は提案する、という宣言なのだと思います。

現在の「攻略」がつまらないのは、2つの理由があると思います。
ズイカクさんのおっしゃる「勝つ」為の攻略ばかりという「方向性」の問題もそうですが、彼らの攻略が応用編だとすれば現在の攻略は基本編ばかりという「水準」の問題もあるのではないでしょうか。

最も理想的なのは、彼らのような「楽しむ」為のやりこみが「勝つ」為のやりこみに優越するゲームシステムがデザインされる事なのかもしれません。やりこまないでも誰でも爽快に勝てるパーティーゲーム、ではなく。
ただそれは、現在の格闘ゲームの複雑系を指向するバランス調整手法で実現することが可能なのか。ぶっぱや事故の期待値を上げて紛れが起こりやすくすればいい、というものでもないでしょうし。そもそも「それ」は「格闘ゲーム」という枠組み内で成立しうるものなのでしょうか。難しい問題ではあります。
【2009/06/24 08:35】 URL | しののめ #EqkzR.Ow [ 編集]


あなたみたいな昔からのプレーヤーは、多分鉄拳やプレーヤーの進化に付いていけてないんだと思います。



魅せプレイと言えば聞こえはいいが、その正体はただの適当。
それでも昔はなんとかなったが、今はなんともならない。
だから面白くない。



あなたのこれまでの主張を例えにすると、

僕は野球好きの少年です。

小学生の時、放課後よく野球で遊びました。

中学生になり、野球部に入部しました。
バントとか盗塁とか教えてもらいましたが、そういうのって卑怯だと思いました。

高校生になり、野球部に入部しました。
守備や走塁時のシチュエーション別のプレー練習とか、複雑で覚えられないです。

皆もっと野球を楽しもうよ!
勝ち負けにこだわるより、楽しもうよ!
四球選ぶとかズルいよ、フルスイングしようよ!
変化球とかダサいよ、全部直球勝負しようよ!



あなたがどれだけ馬鹿げたこと言ってるか、分かっていただけましたか?
【2009/06/25 03:13】 URL | 隠れエロゲヲタ #- [ 編集]


若いねぇー。進化とか馬鹿げたとか、言葉選びから人間性がこれだけ透けて見える書き込みも珍しい
攻略本の話にそんな食ってかかり方しても噛み合わないだけだぞ?
【2009/06/25 11:09】 URL | ディスポ #- [ 編集]


「食ってかかり方」って、どういう意味ですか?
あなたなんて眼中にないんで、食ってかかってこないで下さいよ。
【2009/06/25 16:29】 URL | 隠れエロゲヲタ #- [ 編集]


ゲームよく知らんと魅せ魅せ言ってるか、
一周した末にたどり着いたのが魅せだったかの違いじゃないですかね。

周りについていけない小学生の草野球か、メジャーリーグで首位打者になったけど、
俺が行きつく先は草野球の和気藹々とした空気だったと言うかの違いというか。(上手く言えてないw)

おそらくエロゲヲタさんをこの話題で納得させるには、
ズイカクさんが鉄拳王でなければならないという事ではないかと。

『魅せ』を、負けた言い訳や自身の無知の正当化として謳うプレイヤーが多いのも事実ですが、
個人的には鉄拳を突き詰め続けて行きつく先は卍党の考えだと思っています。
【2009/06/25 18:07】 URL | 羅武 #- [ 編集]


卍党の文はイイネ~!
こんな文章が書いてあれば読みたくなる。
【2009/06/25 18:16】 URL | ヒーホー君 #cDRor5oU [ 編集]


僕の主張は、羅武さんが仰っていただいた通りです。

別にズイカクさんが鉄拳王でなくても、それなりに鉄拳理解されてる上での、記事のような考え方なら文句ないですよ。



ただ過去の記事見ていただいたら分かると思うんですが、下段が大人げないとか、起き攻め大嫌いだとか、生ロー汚いとか、ゆとりなんてレベルじゃないですよ、この人。
鉄拳を全く分かってないんです、分かろうとする姿勢もないんです。
野球なら小学生レベルですよ。

そんな奴が高校野球見て、いっちょまえに批判するんです。
バントばっかで、投手は真っ向勝負しないし、何この面白くもない野球(笑)



ムカつかないですか?
お前に高校野球見下す資格あるのかって思いません?
【2009/06/25 19:15】 URL | 隠れエロゲヲタ #- [ 編集]


みなさんコメントどうもです。

>>しののめ さん
仰るように攻略の「水準」の問題でもあると思います。
限られた紙面の中ではごく基礎的なことしか書けないでしょうし、少なからず勝ちを目指す以上、強い技の羅列で終わってしまうのはやむを得ないかもしれません。
格ゲーを楽しむためにある程度の知識と技術が必要なのは仕方ないことかもしれませんが、ある程度のレベルまで達しなければ勝ち負けを超越した楽しみを味わえないというのも、”ゲーム”としてどうなんだろうという思いが個人的にはあるんですよね。少なくとも鉄拳では相手の弱点やシステムの粗を執拗につかなくとも十分楽しめる対戦ツールであると思いますし。

もちろん私も今の攻略本にあるような内容を否定するつもりはサラサラないんですが、せめて「この先にはこんな素晴らしい世界が待ってるよ」的な内容もあったほうがプレイヤーのモチベーションも維持されるのではないかと思うんですよね。

>>名無 さん
>>ヒーホー君 さん
こういう特色のある攻略本がもっと出てほしいんですが、無理ですかねぇ…。

>>ディスポ さん
煽っちゃいや~ん(笑

>>羅武 さん
う~ん、私は格ゲーで(草野球的な)楽しい対戦をするのって、わざわざ一周しなければならないほど高貴なことでもないと思うんですが…。卍党の攻略本にしてもムチャクチャハイレベルというわけではないですし。

私は個人的に勝敗とか段位とか関係なく、みんなでワイワイ対戦するのが一番楽しいと割と本気で信じてるんですが、そういう人って意外に少ないのかな。
【2009/06/27 00:28】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


>>隠れエロゲヲタの方(何度も書くときは名前かpassを入れてくれると有り難いっす)

> あなたがどれだけ馬鹿げたこと言ってるか、分かっていただけましたか?
いや、全球直球&フルスイング勝負だって野球の楽しみ方のひとつだと思いますが…。
野球やってる人間がすべてプロを目指しているわけでもないですし。


また誤解されてるかもしれませんが、私が「面白くない攻略」と言ったのは攻略本としての体裁であって攻略そのものではありません。さらに言えば卍党が正しくてアルカディアが間違ってる、なんてことでもありません。(個人的な対戦スタイルの好みもありますが、それはまた別の話)
あくまで「こんな攻略本もあったらいいのに」という話です。
例えばこれから物理でも勉強しようってときに、いきなり大学の授業で使うような教科書(実用的だけど数式いっぱい)を読んで物理の面白さに目覚める人なんてそうはいないでしょう。最初はやはり読み物的な本(物体が超高速で移動すると縮んじゃうんだよ~みたいな)で興味を深めてから、少しずつ自分に合った勉強をしていったほうがモチベーションも保ちやすいはず。

格ゲーだって初心者さんにいきなり「コレとコレとコレとコレを覚えろ。負けても文句言うな。練習しろ」なんて言うよりは、「このキャラはこういう戦い方もある」「このゲームはこういう楽しみ方もある」という提示をしたほうがより興味を持ってくれると思うんですよ。


あと、ゲームのことをよく知らなくて文句言ったり知ったかぶりしたりするのってそんなに悪いことですかね?
むしろ私はいろんな人の意見(もちろん貴方も含め)を聞いてみたいと思うんですが。鉄拳王の人も万年初段の人も、10年以上続けている人も昨日始めたばかりの人も、みんなそれぞれ自分の対戦感なりゲーム感なりを持ってるでしょうし。
対戦相手に直接文句を言ったりするのはNGでしょうが、鉄拳を知り尽くした一部のエキスパートだけしか鉄拳のことを語ってはいけないみたいな空気になってしまうのは、私はちょっと嫌ですね。
【2009/06/27 00:30】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


煽ります。
結局、格ゲーの攻略書いているのって、所詮ゲームの上手なただの素人さんですからね。
アルカなんて特にそう。
卍党の方がまだライターとしてマシだっただけです。
期待する方が野暮ってものです。

>みんなでワイワイ対戦するのが一番楽しい
確かにそれも楽しいですが、ゲーム的に出来ることを全て使って、実力が拮抗しているヤツと実力を賭けて(つまり段位を賭けて)やる対戦は、遥かに楽しいです。
【2009/06/27 10:13】 URL | プリンマン #uv1J38xk [ 編集]


ブログ主さん、格ゲーオタはだいたいキチガイなんで、↑のようなのは相手しなくていいと思うよ。
【2009/06/28 13:05】 URL | A.I #- [ 編集]


直球&フルスイングだけに限定された野球なら、まだ楽しめるでしょうね。
省略されてますが、あなたはそれにプラスして、四球選ぶの禁止、盗塁禁止、バント禁止etc とありとあらゆる制約を設けてるんですよ?
プロ目指してる訳じゃないからと言いますが、遊びだとしてもこれ楽しいですか?



攻略本の役割として、面白さとか初心者の興味を惹く要素はなくていいですよ。
攻略本って大学の勉強したい人のためのものですよね?
なんで小学生に合わせなければいけないんですか?
初心者用の教材は他にいくらでもあると思いますが。



意見言うのは勝手ですが、ある程度理解された上で言うべきですよね、常識的に。
別にエキスパートでなくてもいいんです、ある程度鉄拳理解されてれば。
そして、恐らく大多数のプレイヤーは、ある程度鉄拳理解されてると思いますよ。
ただあなたは全く分かってないようなので、まずは知るところから始めてはどうでしょうか?
【2009/06/28 16:17】 URL | 隠れエロゲヲタ #- [ 編集]


>>プリンマン さん
アーケードゲームの攻略記事を書いてくれてるのが、事実上アルカだけというのも寂しいですよね。

>>A.I さん
いや、私もいっぱしの格ゲーオタなので…(笑

>>隠れエロゲヲタの方
>遊びだとしてもこれ楽しいですか?
ん? 野球の喩えは攻略本じゃなくて私個人の対戦スタイルの話だったんですか?
確かに私はいくつか縛りを入れてプレイしてますが、特に問題も無く楽しめてますよ?
別に対戦相手や周りの人たちにまで強要してるわけではないですし。

え~と、とりあえず貴方の仰りたいことをまとめさせていただくと、
「アルカディアの攻略を馬鹿にするな」
「初心者向けの攻略本など必要ない」
「おまえの対戦スタイルが気に入らない」
「おまえは何もわかっちゃいない」
「こんなブログを書くべきじゃない」
ということでよろしいですか?
貴重なご意見ありがとうございました。
【2009/06/29 22:45】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


たまたま、「ネット上の署名って意味あんのかなぁ・・・?」
と思い、ネット署名の有効性について検索したところ、このブログにたどり着きました。(家庭版鉄拳6についての記事です)
近年、ネット上の匿名性を利用してなのかどうかはわかりませんが、
はっきり言って、見るに耐えない汚い文章(たとえて言うなら2ch的なノリの文章)をブログで書く人間が多い中で、
ズイカクさんのブログはしっかりと自分の言葉で文章をお書きになっていてるところが、
「例えネット上でも調子に乗らず落ちついた文章の書ける人なのだなぁ」
と感心してしまいました。
「急に出てきて何言ってんだ?こいつ。」と思われたかもしれません、
でも「なんかすごいな」と思ってしまったので。コメントさせていただきました。
【2009/06/29 23:22】 URL | ペロ #- [ 編集]


隠れエロゲヲタ五月蝿い。もういい…。
【2009/06/30 16:56】 URL | J #- [ 編集]


荒らしに反応するみたいで申し訳ありませんが・・・



攻略本とは、基本的に初心者やゲームに興味が出た人に対する入門書ではないでしょうか
自分は鉄拳は全くプレイしておらず2D格闘ゲーム勢(某吸血格闘)なのですが、少なくとも自分の周りではアルカディアなどより攻略レベルの高い話をしている人は多くいます
むしろ、切符に手が届くかというレベルになるにつれ攻略本の必要がないようにすら見えます
必要なのはフレーム表ぐらいですね
ですので、新しく鉄拳などに興味を持った人に対して、正道攻略から道が少しずれていたとしても、面白そうなネタを書くことは間違っていないと思います
【2009/07/01 12:38】 URL | 名無し #- [ 編集]


>名無し
いいこと言いますね。
本来はそうなんでしょうね。
分かっている人間なら、自分でネットなんかの細切れ情報を自分で組み立てられるしね。
本当はド素人じゃなく、セミプロでもいいから、ライターが書けば面白いものができるかもですが、先細りの分野ですから、しょうがないですね。
【2009/07/02 00:07】 URL | プリンマン #uv1J38xk [ 編集]


>>ペロ さん
ありがとうございます。
でもあまりおだてると調子に乗るかもしれないのでほどほどに願います(笑

>>名無し さん
>>プリンマン さん
初心者さんにこそ攻略本って必要ですよね。
アルカディアのライターさんもさすがにド素人ではないというか、むしろ私なんかよりはよっぽどプロに近いと思うんですが、ゲームの魅力を文字で伝えるというのはなかなか難しいことなのかもしれません。
【2009/07/04 00:07】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


はじめまして。

卍党が活躍していた当時、鉄拳をプレイしていましたがこの攻略本買いましたねー。懐かしくなって嬉しかったです。

卍党監修といえば鉄拳TAGで技のフレーム表攻略本も出版されていたと思います。そのころになるとストイックな対戦が主流になってたんでこれも有りだったかな。

結局思い起こしてみると、彼らって空気が読めるというかニーズに合わせて攻略記事を変遷してるんですよね。やはりセンスがあったと思います。
今何してるんですかねえ。
【2009/07/05 12:41】 URL | 774 #PZngmIqU [ 編集]


>>774 さん
TAGのフレーム本は、あれはあれで異色でしたね。
ほとんどフレームしか載ってなくて思いっきり初心者を突き放した内容でしたが、当時寝る前はいつもあれを眺めながら連携を妄想してました。
【2009/07/14 23:16】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


はじめまして。Pochiと申します。

こちらのブログ拝見させていただきましたが、
いいですね。ズイカクさまの考えと私もほぼ同じで見ていてうれしくなります。

攻略本のせいだけではないでしょうが、今の対戦には勝利のための定石はあっても、応用や個性はあまりないように感じられます。

極端にいうとコマテクの精度や反応速度だけが上手下手の基準のようにすら感じられるのです。

昔は画面上の動きを見るだけでどのプレイヤーが
対戦しているのかわかるぐらい個性があって面白かったなあ。

キャラ対策も必要だったけど、プレイヤー対策も
より必要だったりで、それが対戦での会話になって言葉を交わさずともお互いに敬意をはらってたりしたものです。勝敗に関係なく。

おっと愚痴っぽくなりましてすみません。

これからもちょくちょくよらしてもらいます。


【2009/07/19 15:25】 URL | pochi #- [ 編集]


そうそう、今と比べて以前はもっとプレイヤーの個性が際立ってましたよね。
今の対戦は間違っている、ということでは決してないんですが、どうせなら個性的なプレイヤーがたくさんいた方が楽しいですよね。
【2009/07/29 23:27】 URL | ズイカク #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/150-2df0a5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。