1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この冬お薦めの作品

 毎年新年1回目の更新はエロゲに関して思う存分語っているので今年もその例にもれず。
 いや新年じゃなくても語ってるような気がしないでもないですが(笑

 例によって興味のない方や18歳未満のお子様はスルー推奨。


 今回紹介するのは戯画から去年発売されたサイバーパンクアクションアドベンチャー、
「BALDRSKY(バルドスカイ)」。

dive1
BALDRSKY Dive1 "LostMemory" 通常版 

dive2
BALDRSKY Dive2 "RECORDARE" 初回版


 戯画の「TEAM BALDRHEAD」が放つバルドシリーズの最新作で、他のシリーズ作品と同じように”熱いシナリオ”と”遊べるエロゲ”というのが主な特徴。
 Dive1とDive2がありますが、言ってみれば前編・後編です。良くも悪くも分割販売で、事実上両方買わないといけません。Dive2単体でも一応プレイはできますが。

 この作品の何がすごいかと言うと、

・シナリオがすごい
 世界観は前作「バルドフォース」を引き継ぐもので(ストーリーの繋がりはありません)、高度にコンピュータ技術が発達し、あらゆるものが仮想空間で再現できるようになった近未来が舞台になっていて、人型兵器”シュミクラム”を駆って戦う戦闘シーンも仮想空間上で行われます。まぁ要するに、「ガンダム」と「攻殻機動隊」と「マトリックス」の良いとこ取りをしたような感じですかね。
 未曾有の大惨事となった事件”灰色のクリスマス”と、その原因となったナノマシン”アセンブラ”を中心として様々な勢力が入り乱れ、謎が謎を呼び二転三転するストーリーは飽きがこなくてなかなか止められません。久々に時間を忘れてプレイできました。
 詳しいストーリーの概要等はオフィシャルページ参照。Dive2の紹介は微妙にネタバレチックなので最初は見ない方がいいかもしれません。
BALDR_SKY WEB
Getchu.com:BALDR SKY Dive1“LostMemory”

・システムがすごい
 エロゲというと選択肢をクリックして物語を進める”紙芝居ゲー”がほとんどなんですが、このシリーズは業界でも珍しいアクションゲーム。正確には一般的なエロゲと同じアドベンチャーパートと、シュミクラムを操作して敵を倒しまくるアクションパートの2つで構成されています。
 このアクションパートが結構面白くてハマるのですよ。完成度はそこいらの一般ゲームと比べても遜色がなく、単体でも普通に遊べます。武器の開発やコンボの概念もあるので、どの武器を装備してどうやって攻撃を繋げていくかを色々試しているだけでも楽しいですし。アクションゲームが苦手な人も、難易度を下げて遠距離から適当に弾をばら撒いているだけで勝てちゃうと思うので問題ないかと。
 動画サイトにはコンボムービーがいくつか上げられていますし、オフィシャルページには体験版も用意されているので、こういうのを見れば雰囲気がつかめるかも。
バルドスカイ 最強パイロット選抜大会 攻略ムービー(YouTube)

・主題歌がすごい
 主題歌を歌うのはOPがKOTOKO、挿入歌が片霧烈火という燃えソング黄金コンビ。Dive1・Dive2でそれぞれ別の曲が使われています。
 個人的にはKOTOKOの歌うDive1のOPテーマ「Restoration ~沈黙の空~」とDive2のOPテーマ「jihad」が超お気に入り。鉄拳の対戦前に聴いてたりするとテンション上がります(笑
 惜しむらくは「jihad」のFull.verを収録したCDがなかなか手に入らないことですかね。一応以前に戯画が限定販売したバラエティソフト内に入ってるそうですが、単品で発売してくれないすかねぇ。

・ムービーがすごい
 ムービー制作はおなじみ神月社。エロゲファンならこの人のムービーを見たことのない人はいないんじゃないか、と思うくらい良質のムービーを量産されている方です。
 今回も見ごたえのあるムービーになっていて、特にシュミクラムがグリグリ動いてスピード感のあるDive2のムービーは、見てるだけでドキドキしてしまいます。
BALDR SKY Dive1 "Lost Memory"デモムービー
BALDR SKY Dive2 "RECORDARE"デモムービー(YouTube)

・値段がすごい
 初回版はそれぞれ税抜き9800円(通常版は8800円)。最近はこの値段設定も増えてきましたね。
 さすがに定価で売ってるとこはないと思いますが、実売価格でも新品で買うと2本でだいたい15000円前後。ひとつの作品として考えるとちょっと高い。
 しかもDive1初回版は現在のところ、中古市場で定価越えのプレミア価格になってます。
 まぁでも、値段ぶんの価値はあると思うのですよ。来年あたりに廉価版なり完全版なりが出そうな気もしなくはないですが…。


 あまりすごいすごい言ってるとかえって安っぽく聞こえてしまうかもしれませんが、ロボットとか仮想空間とか組織の陰謀みたいなキーワードが心の琴線に引っかかる人にはお薦めの作品。「ここは俺に任せてお前は先に行け!」とか「爆発まで残り○○秒!」といった熱い展開が好きな人は特に。
 感動して涙を流したりとか、人生について考えさせられるような高尚なテーマがあるわけではありませんが、良質のエンタメ作品としてエロゲ初心者の方にも気軽に薦められます。というかエロゲに偏見持っちゃってる方にこそプレイして頂きたいですね。安心してください、誰にも言わないから(笑



エロゲ「忍流」のありがたいお言葉。「『あのエロゲがすごい』は『あのソープ嬢がすごい』というようなもの」
というわけで今年は自重して控えめに紹介してみました(笑

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/160-8614e6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。