1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからゲーセンデビューする人に気をつけてもらいたいこと

 鉄拳6の家庭用が発売されてもう随分たつわけですが、私としてはネット対戦だけでなく、ぜひともゲーセンにも来てもらいたいところ。ただ、これまで一度もゲーセンに来たことがないという方は、どんな雰囲気なのかとか、よくわからないルールやマナーがあるんじゃないかとか心配することもあるかもしれません。まぁゲーム好きならこれまで一度もゲーセン来たことがないという人は少ないかもしれないけど。

 というわけで、(全国に1人くらいはいるであろう)これからゲーセンデビューするという人、あるいは行ったことはあるけど本格的にプレイしたことはないという人のために、ゲーセンにおけるマナーやら注意点なんかをいくつかまとめてみました。基本的に格ゲープレイヤーを対象にしているので、他のゲームに関してはそれぞれ特有のルールやマナーがあるかもしれません。


・あらかじめ下調べをしておく
 ゲーセンに行く前に、まずどういう店舗に行きたいのかを調べておいたほうがいいかもしれません。
 というのも格ゲーの場合、盛り上がってるゲーセンとそうでないゲーセンに結構開きがあります。せっかく行っても全然対戦相手がいなかった、なんてことにもなりかねませんし、逆に強い人が多すぎて話にならなかったということもあり得ます。そうならないためにもネット(鉄拳ならTEKKENBBSの地方板等)で軽く情報収集しておいたほうが良いかと。

・プレイ料金
 ゲーセンに通い慣れていない人が、意外にも最初に戸惑うかもしれないのがプレイ料金。
 「1回100円でしょ?」と思われている方もいるかもしれませんが、実際は100円/1プレイ(クレジット)のゲーセンと100円/2プレイのゲーセンが混在しています。また同じ店舗でもゲームのタイトルや曜日によって違ったりもします。大抵は筐体のコイン投入口(または店内のPOP)に料金が表示されていると思うので、初めて行くゲーセンでは必ず確認してください。
 この他にも昔ながらの小さなゲーセンでは50円/1プレイとか、最近だと電子マネーを利用した店舗もあるらしいですね。
 ちなみに100円/2プレイのところだと、慣れた人でも2回目をプレイせずに席を立ってしまう人がたまにいるので要注意。優しい人が近くにいると「もう1回あるよ」と教えてくれたりすることもありますが、意地の悪い人ならワザと教えなかったりすることも(笑
 基本的にクレジットは1P・2Pで独立しているので、対戦相手のクレジットを使うこと(使ってしまうこと)はありません。

・連コインはNG
 連コインというのは要するに1コイン分プレイした後(つまり負けた後)、席を立たずにそのまま連続でコインを投入すること。これはもうホント徹底してほしいんですが、格ゲーにおいては連コインは基本的にダメです。少なくとも私はそう思います。(参考:■連コインの是非
 同じ相手と再戦するときは、必ず1回席を立つか、後ろを振り返って待ってる人がいないかどうかを確認してからにしてください。
 同段戦のときはあえて周りが譲ってくれることもあるかもしれませんが、あくまで待ってる側の好意です。「同段だから連コして当然」みたいなことは考えないほうがいいかも。
 どうしても連コインしたい場合は、せめて後ろで待ってる人に「ごめん」と軽く謝ってからにしたほうがよろしいかと。

・IDカードについて
 最近のゲームは個別のIDカードで戦績やプレイヤーネーム等を記録できるものが増えてきました。鉄拳の場合は無くてもプレイはできますが、多くの人がカードを利用しています。
 カード自体は大きなゲーセンなら自販機で購入(鉄拳は1枚500円)できます。小さなとこだと店員さんの手売りになりますが、お店によってはちょっと安かったり、1クレ分サービスしてくれたりすることも。
 ちなみにこのIDカード、非常に紛失しやすいんですよ。長くやってる人なら一度も紛失したことが無い人を探すほうが難しいくらい。私も昔、失くしたことがあります。
 一番多いケースは対戦が終わった後、カードを回収せずに帰っちゃうことですかね。要注意です。

・対戦待ちの順番
 当たり前ですが、対戦待ちの人が複数いる場合は順番を守ってください。ただ格ゲーの場合は理路整然と1列になって並んで待つなんてことはなく、ただ漫然と後ろで待機してる場合がほとんどです。
 対戦台が少ない店舗(2セット程度)なら「次は自分の番かな」と大体わかりますが、4セット以上あるところだとみんな特定の台の後ろで待ってるわけではないので、この辺が曖昧になりがち。私の感覚だと数回分観戦した後、空いた台に入るといった感じでしょうか。込み具合にもよりますが。
 ただ、あまり気を遣い過ぎて譲ってばかりいるといつまでたってもプレイできないので、ある程度待った後なら臆せずにどんどん入っても構わないかと思います。

・大きな声で騒がない
 ゲーセンで仲間内とゲームしてると、盛り上がってつい騒いじゃうことがあるかもしれませんが、なるべく自重してください。もちろん一切しゃべるなというわけではありませんが、とかく格ゲープレイヤーは周りから五月蠅がられがちのようです。(参考:■ゲームは静かにやるべきか

・プレイ中は声をかけない
 ゲーセンに知り合いがいると声をかけたくなるでしょうし、知り合いじゃなくとも対戦してくれた相手に話しかけてみたくなることはあるかもしれませんが、基本的にプレイ中(対戦中)は集中しているので(よほど親しい人以外は)あまり話しかけないほうがいいかもしれません。以前私が対戦中に、いきなり後ろから強く背中を叩きつつ「久しぶりっ!」とか言われて、その拍子にコンボをミスってそのまま負けちゃったときはどうしてくれようかと思いましたよ(笑
 格ゲーの場合は対戦が終わった後、次の対戦者が入るまである種のインターバルがあるので、その時に声をかける方が良いかと思います。

・あいてる筐体のイスに座らない
 ちょっと疲れてきたときや友人と話しながらプレイするときに、つい近くのゲームのイスに腰掛けてしまう人がよくいるんですが、これも基本的にNGです。店員さんに見つかると大抵注意を受けます。
 「誰もプレイしてないんだからいいじゃん」と思われがちかもしれませんが、ゲーセンのイスはプレイするためにあるのです。後ろで待ってる人がいる場合は言わずもがなですが、すいていてもダメです。自分がCPU戦をしてるとき(つまり対戦者待ちのとき)に反対側のイスにゲームしない人が座って話し込んでると非常に萎えます。
 大きめの店舗だと休憩用(もしくは対戦待ち用)のイスが別に用意されているところもあるので、疲れたときはそちらで。

・タバコ
 最近は分煙化されているゲーセンも出てきているようですが、まだまだ喫煙可のところが圧倒的に多いゲーセン業界。以前も書きましたが、私としてはなるべく早く分煙化してほしいところ。(参考:■ゲーセンの分煙化を強く望む
 灰を散らかしたり火のついたタバコを放置したりするのは論外として、愛煙家の方に特に注意してほしいのがプレイ中の喫煙。筐体に灰皿が置いてある以上吸うなとは言いませんが、すぐ隣でプレイしている人がいるときはせめて煙の行方くらい気を配ってほしいところ。プレイ中に隣から煙が漂ってくると著しく集中力を阻害されるのは私だけではないはず。たのんますホントに。

・コイン投入口を間違えない
 「いやいや、いくらなんでもそんな・・・」と思われるかもしれませんが、実は結構あったりします。
 というのも鉄拳の筐体って、コイン投入口とカードの差し込み口が非常に近い上に方向も同じなので、うっかりカード差し込み口にコインを入れちゃう人がいるんですよ。
 間違えて入れてしまうと店員さんに取ってもらわなくてはいけなくなるので、これも要注意です。

・死体蹴りはなるべくしない
 死体蹴りというのは(広義では)KOした直後、勝った側が倒れた相手に追加で技を当てる行為のこと。コンボや連携技をKO後も出し切ったくらいでは問題ないかもしれませんが、倒れたのを確認してから敢えて踏みつけ系のダウン攻撃をすると不快に思う人がいたりします。鉄拳では挑発や気合溜めなんかも同様ですね。(参考:■死体蹴りの是非(1)
 死体蹴りという行為自体は今でも賛否あって議論の分かれるところですが、特にこだわりが無いのであればやらないほうが無難だと思います。残念ながらこれが原因でトラブルになってしまったというケースも無くはないですし。
 まぁトラブルとまではいかなくとも、「今の人ともっと対戦したい」と思うのであれば、誤解を招く行為は控えたほうがいいんじゃないかと私は思います。悪意が無いならなおさら。

・初心者狩りは控える
 これは定義も微妙なんですが、ある程度強いプレイヤーがあえて練習中の初心者・初級者に乱入し一方的に打ち負かすいうこともよくあったりします。
 対戦ゲームである以上ある程度は仕方のないことですし、中・上級者が新たにカードを作ったときはどうしても初段近辺の人を相手にすることが多くなっちゃうのですが、明らかに練習中なのに1ステージ目で乱入したり、負けて別の台に移った初心者さんを追っかけて再乱入したりするのはさすがにやりすぎじゃないかなと思いますけどね。
 「負ける奴が悪い」と言うのは簡単ですが、鉄拳に限らず業界全体の底辺拡大を考えると、あからさまな初心者狩りは自重すべきかなと思います。私の場合は基本的にどんな相手でも3ステージ目までは新規に乱入しないようにしていますね。

・筐体に八つ当たりしない
 当たり前ですが、負けて悔しいからといって腹いせに筐体を蹴ったり、コンパネを強く殴ったりしないでください。場合によっては退店・出禁となります。
 まぁ少々コンパネを叩いたからといって滅多に壊れることはないかもしれませんが、一応精密機器です。値段も1台数十万以上します。なにより相手はもちろん、周りのプレイヤーにも迷惑なんですよ。雰囲気も悪くなりますし。

・レバー・ボタンの不調はすぐ店員さんへ
 ゲームをプレイ中に突然レバーやボタンが利かなくなってしまうことが、実は結構よくあります。
 そんなときは慌てず騒がず、店員さんを呼んで直してもらってください。故意でなければ別に修理代を請求されるなんてことはなく、むしろ逆に1クレジットサービスしてくれるとこがほとんどです。
 ちなみに私の場合は、できるだけ対戦相手に「ちょっと待って」と頼んでからプレイ中に直してもらうようにしています。その方が確認もしやすいですし、なによりクレジットを無駄にせずに済むので(笑
 プレイ後に店員さんを呼びに行く場合は、他の人が入ってしまわないようにイスや筐体に荷物を置いたり、ハンカチ等でコイン投入口をふさいだりするのもいいかもしれません。(ただし置き引きに注意!)


 いくつか挙げてみましたが、基本的にはあまり細かいことを気にせずに気軽に来てもらっても構わないかと思います。というか来てくださいマジで。
 まぁ何より一番気に留めてほしいのは
・負けてもめげない
ってことなんですけどね。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/166-cde438da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。