1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年後のゲーセンで実現していそうなもの

 5年後のゲーム業界ってどうなってるんだろう?ってのは誰もが夢想することだと思います。
 特にゲーセンの場合は数年おきに新しいタイプのゲームが出てきたりして(格ゲー然り、音ゲー然り、カードゲーム然り、クイズゲー然り)、次に何が来るかなんてのはなかなかわからない。まぁそれが面白いんですが。

 ただ、いったんジャンルとして定着してしまうとその後も手を変え品を変え永く続くのも特徴で、今あるゲームのジャンルが5年後には無くなってるというのはちょっと考えられない。格ゲーだって人気の低下が叫ばれる中、曲がりなりにも残ってるわけだし。

 とはいえゲーム周りの環境は結構変わってる可能性が高いので、技術的なことはもちろんゲーセン経営も素人どころか門外漢な私が、5年後のゲーセンを勝手に予想してみました。リンク先は微妙に古い記事ばかりですがご勘弁を。


・ディスプレイの3D(立体視)化
 眼鏡かけて視るアレ。最近はTVや映画だけでなく、ゲームのほうも3D化が叫ばれるようになったんですが、ゲーセンのゲームも3D化は避けられない感じ。
さあゲーセンも3Dだ 展示会で探る次に流行るゲーム(msn)
 もちろん全部が全部というわけにはいかないでしょうが、鉄拳やバーチャのようなポリゴン格ゲーは立体視との親和性も高そうです。
 鉄拳の場合は次回作で…というのは時期的にちょっと微妙かもしれませんが、次々回作くらい(3~4年後)なら実現してそう。
 ただそうなるとお店側の負担がまた増えそうですね。当然筐体の値段も跳ね上がりそうですし。特にここ最近になってようやく格ゲー筐体のワイド液晶化もひと段落してきた感じなのに、また筐体ごと入れ替えさせるのはちょっと酷かもしれません。

・電子マネー導入
 長らくワンコインで遊べることに固執してきた(というかせざるを得なかった)ゲーセン業界ですが、傍から見ていてもそろそろ限界なんじゃないかなと思ってしまいます。とはいえ大型筐体ならともかく、格ゲーを1プレイ200円とかでやるのはさすがに無理がありそうなので、必然的に電子マネーを導入することにるかもしれません。もう一部の店舗では実験的に始めてるようですし。
ゲーセンを救える神になるのかな? ICコインの「ナムコイン」登場(Garbagenews)
 客の立場からすると多少なりとも手間がかかりますし、若干の値上げは避けられないのも辛いところですが、これはやむを得ないことかもしれませんね。上手く普及してくれることを祈るばかりです。時期的には近い将来あるであろう消費税率のアップがきっかけになりそうな感じ。

・分煙(禁煙)化
 予想と言うより個人的な願望にも近いんですが、タバコの分煙・禁煙化も今よりは進んでいそうです。というかそうであってほしい。
「全面禁煙」広がるか 「分煙じゃダメ」厚労省通知へ
 2月に出た厚労省からの通知も強制力はないようですし、いきなり全面禁煙化というのはさすがにハードルが高そう。ゲーセンの場合、分煙化すら満足にできていないのが実情ですし。
 ただお店側からすると中途半端に分煙化するよりも、全面禁煙にしたほうがコストもかからなそうなんですよね。小さい店舗だとそもそも喫煙スペースを設けること自体難しそうですし。
 今すぐ完全禁煙とまでは行かなくても、せめて”18時までは禁煙”みたいにはいかないもんですかねぇ。

・風営法改正
 現在のゲーセンは風営法により基本的に16歳未満は18時まで、18歳未満は22時までという入場規制があるんですが、これが緩和されるかもしれないとのこと。
アミューズメント施設の入場時間規制が緩和か?アミューズメント業界回復の兆しと今後の重し(まこなこ)
 この話がマジならば是非とも実現してほしいところ。ついでに24時までという営業時間制限も取っ払ってほしい。というか風営法自体カビの生えたような法律で、純粋なゲーセンは規制されてるのに複合アミューズメント施設は対象外とか、素人目にも穴がありすぎですよ。
 もちろん小さい子が深夜も遊べるようにしろとまでは言わないけど、もう少し柔軟であってほしいですね。

・格ゲーのネット対戦
 家庭用ではすでに実現してしまったネット対戦も、ゲーセンに波及する…かもしれない。格ゲーの場合、現状ではどうしても盛り上がっているのは一部のゲーセンに限られてしまうため、ゲーセンでもネット対戦が実現できればそれまで人が集まりにくかった小さなゲーセンでも客を呼び込める可能性はあるんじゃないかと。
 ネット対戦だとどうしてもラグの発生が問題になりますが、ゲーセンがあるような繁華街なら光回線くらいあるでしょうし、最初からネット対戦を想定して開発すれば、ある程度はプログラム的に吸収できるかも。
 ただし普段の対戦をそのままネット対戦に置き換えてしまうと明らかに回転率が悪くなってしまうだろうから、その辺は上手く考えないといけませんね。形としてはこれまでの対面対戦はそのままにして、CPU戦をネット対戦化するのが無難でしょうか。

・家庭用との連動
 家庭用が発売されると大なり小なりゲーセンの売り上げにも影響すると思うんですが、やはり落ちていくものなんですかね? 鉄拳6のようにネット対戦できてしまうと特に。実は私も最近あんまりゲーセンには行ってないんですよね…。
 今後はゲーセンと家庭用で差別化を図るか(家庭用ではできないことがゲーセンではできる)、家庭用との融合を図るか(家庭用と同じことがゲーセンでもできる)、難しいところでしょうね。
 もし家庭用と連動するなら、まず最初に思いつくのがプレイヤーデータの共通化。つまり段位や戦績、コスチューム 等をゲーセンと家庭用とで共通のものにしてしまうことが考えられますが、これはあんまり意味ないかも。特に段位に関しては、ゲーセンと家庭用では環境が違うのでどうしても実力差ができてしまうだろうし、だからと言ってゲーセンと家庭用とで対戦させるのはさすがに不公平感が出てきてしまいそうです。
 ゲーセンで対戦すれば何がしか家庭用のほうにもメリットがあるようにすれば(オリジナルアイテムとか)、多少は共存共栄できそうな気も。

・有料ダウンロードコンテンツ
 これはあんま歓迎されることではないかもしれませんが、近い将来は格ゲーその他でもやってそうな感じですね。Bナムコもアイマスで味をしめてるだろうし。私は多分買わないけど。
 さすがに「金を払えば攻撃力アップ」みたいなことはやらないと思いますが、コスチュームや称号程度なら個人的にはアリかなとも思ってます。事実上、今のIDカードを使ったシステムだって有料コンテンツみたいなもんだしね。ただ現状は無料で出来ることを「次回作では有料」なんてことにしたら反発がありそうですが。



 なんにしてもゲーセンが今以上に盛り上がっていることを切に期待します。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/170-5778a19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。