1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなものを好きなだけ語る

 繰り返しになりますが、オタクに限らず人間ってのは自分の好きなこととなると饒舌になるものです。まぁオタクは特に顕著かも。うん、自分でもわかってる。


 こないだ巷で評判のシュタゲをようやくクリアしたわけですが、無性に人に薦めたくなる作品だったのでここでもちょっとだけ紹介させてください。決して薦められるリアル友人がいなかったわけではななななn…

 例によって興味ない人はスルー推奨。でも今回は18禁じゃないのでお子様も安心。
 一応ストーリーのネタバレはないつもりですが、事前情報一切無しでプレイしたい人もスルー推奨。


 というわけで今回紹介するのは、去年XBOX360版が発売するや否や、そのシナリオが各所で大評判となり先日PC版が発売となった5pb./nitro+の想定科学ADV、『Steins;Gate』(シュタインズ・ゲート)。

steins
STEINS;GATE Windows版 (ニトロプラス)



 いやもうね、評判に違わず見事な作品でした。意味深なプロローグに始まり、序盤は小気味良いパロディネタに笑いながらまったりした後、中盤以降はシリアスかつ怒涛の展開、そして各ルート終盤は涙なしでは見られません。最終ルートへの持っていき方も実に見事。

 ストーリーを大まかに言うなら、秋葉原を舞台に主人公とその仲間たちが偶然過去へとメールを送る装置を開発してしまうところから始まる、いわゆる”タイムトラベルもの”なんですが、個人的にもこういう話は大好物なんですよ。古くはハインラインの「夏への扉」やアニメにもなった名作「時をかける少女」、ラノベでは高畑京一郎の「タイム・リープ あしたはきのう」とか、これまた劇場用アニメになった「涼宮ハルヒの消失」などなど、この手の作品が好きな人は特にお薦め。
 SF設定は多少強引かなと思わなくもないですが、まぁあまり細かい突っ込みはせず、「こういうもの」として割り切ることができればより楽しめるかもしれません。

 よく名作ADV「Ever17」と比較されますが、あれとはちょっと方向性が違う感じですね。むしろあの手のトリックを期待してちょっとした伏線にもいちいち疑心暗鬼になってしまうと逆に肩透かしを食うかもしれないので、余計なことは考えず素直にストーリーを楽しんだほうがいいかと思います。ちなみに公式サイトは微妙にネタバレチックなのであまり見ないほうがいいかも。

 システムも独特で、ギャルゲーの定番ともいえる「選択肢」が存在しません。そのかわり”フォーントリガー”システムのいうものが導入されていて、携帯電話をかける(受ける)か否か・メールを送るか否かでシナリオが分岐します。他にはないシステムなので最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、すぐ慣れるかと思います。ちょっとめんどいけど。
 ただこのシステムのせい…かどうかはわかりませんが、PC版は環境によっては動作がちょっと不安定になるようですね。私も強制終了が2回&ロード不能を1回やられました。強制終了はまだともかく、データがロード不能になってまた最初からやらされるのはさすがに萎えましたね。プレイの際は最新パッチ(現在のところVersion1.20)を必ず当てるようにしてください。

 グラフィックはパッケージ絵を見てもわかるように、ちょっとぼやっとした感じの塗りでどことなく退廃的な印象を受けます。キャラの瞳の描き方も独特で、じっと見てると吸い込まれそうなデザイン。アップで見るとちょっと怖いですが、慣れてくるとこれはこれでストーリーのイメージに非常にあっているように思えてきますね。

 ただ、誰もが楽しめるかっていうと実はそうでもなくて、ある程度他のギャルゲやアニメなんかを嗜む人,…というかぶっちゃけオタク向けに作られている感じです。もちろんそうでない方もシナリオ自体は十分楽しめると思いますが、オタクならば思わずニヤリとする色々な作品からのパロディネタがたくさんありますし。
 キャラ的にも主人公のオカリンは電話で何の前触れもなく「俺だ。状況を報告しろ」とか言っちゃうような自他共に認める重度の厨二病患者だし、その右腕のスーパーハカー”ダル”は典型的なオタクとして描かれていて会話中にも「○○キタコレ!」とか「○○だろ常考」といったネットスラングがバンバン出てきます。この辺は正直好みが分かれるかも。

 ヒロインは典型的なツンデレキャラである牧瀬紅莉栖がもう素晴らしい。改めてツンデレの良さをまざまざと実感できました。「べっ、別にあんたのためってわけじゃないんだからなっ」なんて使い古されたベタな台詞を効果的に使うあたり、まさに原点回帰。


 何はともあれ作品の完成度は素晴らしく、「感動して涙を流したい」とか「伏線回収のカタルシスを味わいたい」という人には是非とも一度プレイして頂きたい作品です。近いうちにアニメ化もするそうなんでできればその前に。
 こういう作品に出会えると、心から「オタクでよかった」と思えてしまいますね。


Xbox360mk2:Steins;Gate
当然のUSER RANK ”S”

ErogameScape:STEINS;GATE
貫禄の中央値90

Xbox360専用ゲーム『Steins;Gate』が2ちゃんねるで大好評!!(ニュー速VIPブログ)
ちょいネタバレ

これは“神ゲー”かも。「ゲームで泣くとか(笑)」という人にこそお勧めしたい「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」レビュー(4Gamer.net)
文字通り絶賛

PC版「シュタインズゲート」発売→当日完売のお店も(アキバBlog)
コスプレパッチ付きの初回版はさすがにもう残ってないかも

シュタインズ・ゲート 攻略・考察Wiki
おそらくほとんどの人が終盤行き詰まると思うので、攻略はここを参考に
ただし全てクリアするまで攻略以外のページは見ちゃダメ


kurisu1
STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046%

さーて、次はドラマCDでも聴きますかね

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/176-e3ae0ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。