1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳TAG2所感

 先週末のAOUエキスポ2011にてついに新作・鉄拳 TAG TOURNAMENT 2の詳細が明らかとなりました。
 多分他の鉄拳ファンと同じく、私も先週末はあちこちのサイトをまわってましたよ。
 今更ながらまとめと感想をば。

「鉄拳タッグトーナメント2」に驚愕の新カードシステム登場、プロデューサーの原田勝弘氏が講演(GIGAZINE)
『鉄拳タッグトーナメント2』、『ドラゴンボール ZENKAIバトルロイヤル』の新情報が公開(ファミ通.com)
TEKKEN OFFICIAL TEKKEN TAG TOURNAMENT 2


・タッグアサルト
今作一番の注目システムになりそうなタッグアサルト。ざっくり言うなら2人がかりのコンボといった感じでしょうか。バウンド技にチェンジボタンを仕込むことによってちょっとスローになり、パートナーが1回技を入れた後、もう一度元のキャラが技を入れられるというTAGらしいシステム。通常のタッグコンボは前回のように回復量も削るのに対して、アサルトのほうは回復量は削らず実ダメージ重視ということで、上手く差別化が出来そう。

 以前のムービーでは一度のコンボで複数回交代してたようですが、今回は1回挟むだけになっているようですね。まだまだ調整段階ということで、今後も仕様が変わる可能性大。1ラウンド中に1回だけになるかもですね。でないと普通のシングルコンボの意味無くなっちゃうし。

 このシステムに関しては、今後どういう方向に持って行くのか未知数なのですが、調整は難しそう。自由度を上げ過ぎると壁コンボや起き攻めを含めたダメージがとんでもないことになりそうだし、かといって制約を加えるとこれまでのコンボにアサルトを挟んだだけというちょっと地味なものになってしまうかもしれません。

・ステージギミック
 現行の鉄拳6(BR)でも一部のステージにあった壊れる壁や床のギミックからタッグコンボに持ち込めるように。
 これはこれで面白いとは思うんですが、個人的には今の壊れる床とかも正直「邪魔くさいな~」と思ってしまうことがしばしばなのでなんとも…。1試合に1回しか狙えないというのもなんだかね。
 まぁこれはオマケ程度ということで。

・リプレイがTAG仕様
 今回KOした後のリプレイがいつものスローじゃなくて、前作TAGのようにスピーディーな3連続仕様になってますね。個人的な好みでいえばスロー再生のほうが好きなんですが…。たまに「今のどうなったんだ?」って感じのKOシーンの確認にもなって便利だったし。
 これに伴って(かどうかはわかりませんが)、KO後の死体蹴りも今回の仕様では出来なくなってるらしいですね。ちょっと寂しいような気もしなくもないですが、まぁ余計なトラブルを避ける意味でも仕方なかったかも。

・キャラクター
 新キャラクター(一応)のジェイシーは事前の憶測通りジュリアだったようで。随分スタイルが変わってるようなのですが、ジュリア使いさん的にはどうなんでしょうね。メインキャラの技が大幅に変わってたら、自分ならショックすぎて正直立ち直れそうもないです…。
 その他ではトレイラーを見る限りオーガはまず確定で、さらに準っぽい人も出てきそうですね。飛鳥との差別化はどうなるんでしょ。あと旧キャラで出てないのはクニミツとミシェールくらいでしょうか。

・新カード
 カード周りは一新されて、今まで1キャラ1枚だったのが、1枚ですべてのキャラを登録できるようになり、回数制限も無くなることに。さらに読み込みは流行りの非接触式。しかも他社のゲーム(当面はセガのみ?)も同じカードで登録できるってんだからこれは凄いですね。いつかどこかがやるだろうなとは思ってましたが、まさかこんな早く実現するとは。
 しかもおサイフケータイならばカードすら不要ということで、逆に言えばこれでゲーセンでの電子マネー普及の下地にもなりそう。

・新ライブモニタ
 ライブモニタに操作パネルがついて、動画を見たり自分の情報にアクセスしたり出来るように。これまではほぼ動画の垂れ流しだったモニタに、VFターミナルの機能が付いたような感じでしょうか。
 プレイヤーからすれば便利になるのはありがたいんですが、お店側からしたらどうなんでしょうね。今までのモニタは捨てちゃうんでしょうか…。たまーに昔のモニタを他のゲームにつなげてるところはありますけど。

・稼働時期
 気になる稼動日はこれまで通り今年の夏ということで名言はされませんでした。原田氏によると開発度はまだ50%らしいのでお目見えするのはまだまだ先のようですが、ファンとしては1日でも早くやりたいと思う反面、長く遊べるようにじっくり作り込んで欲しいとも言える複雑な心境。なんというかあんまり急いでゲーム作って面白くなった試しもないしね…。
 夏と言うと普通に考えたら7月~8月あたりでしょうか。ちなみに今年は闘劇の日程も柔軟になるようで(分割開催?)、その辺のスケジュールの心配はなさそう。
 差し当たり次の出展は、3月12~13日のエンターブレインフェス2011だそうで。でもわずか1ヶ月弱しかあいてないから、AOUのバージョンとあんまり変わらないかもですね。

ちなみに過去作の発表スケジュールはどうだったかというと、

鉄拳5
04年5月15日 E3にて映像出展
04年7月3日~ ロケテスト開始
04年7月6日 プライベートショーに出展
04年9月2日 AMショーに出展
04年10月20日 ロケテスト
04年11月16日 稼動開始

鉄拳6
07年2月16日 AOU2007にて映像出展
07年6月18日 プライベートショーにてプレイアブル出展
07年7月7日 第1回ロケテスト
07年9月15日 AMショーに出展
07年11月14日 稼動日発表
07年11月19日 最終ロケテスト(事実上の先行稼動)
07年11月26日 稼動開始

 もちろんそのまま比較はできないでしょうが、プレイアブル出展からだいたい4~5ヶ月で本稼働を迎えてますね。
 今回も同じような感じなら、だいたい7月あたりには稼動を迎えている…かも。

 なんにせよ楽しみでしかたない!



あと関係ないけど
原田さん絵上手い!

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/185-d093c0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。