1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳で『魔法少女まどか☆マギカ』

 PSNが一向に復旧しないのでムシャクシャしてやった。今は反省している。

 まどか観てなかった人はスルー推奨。

 というわけで鉄拳でまどかキャラ作ってみました。

まどか
madoka
 セオリー通りシャオで。あまり変わり映えしないメイドコスになってしまいました。もっと鮮やかなピンクなら雰囲気出てたかも。飛鳥の弓が欲しい。

ほむほむ
homura
 一番それっぽいのがリリのデフォルト2Pコスかなと。さすがに正確に再現するのは無理ですけど。足はブーツのほうが良かったかな。あとデビ仁のシールドが欲しい。

 やっぱ鉄拳で再現しようと思ってもなかなか難しいですね。まぁ心の目で見れば似てないこともないってことで。マミさんや杏子でもやってみたけど、これ以上に似てなかったので断念しました。
 キャリバーのキャラクリなら結構それっぽくできるみたいですね。→■:気ままにキャラクリ日記
 


 いや~、それにしても良かったですね、「まどか☆マギカ」。今更ではありますが。
 放送前の情報で、脚本・虚淵玄、キャラデザ・青樹うめと聞いたときはどうなるかと思ったけど、見事にアニメ史に残る…かどうかはわかりませんが、少なくとも上半期の話題をかっさらう大作となりました。こういう作品がたまに出てくるからオタクはやめられない。
以下ちょいネタバレ

 序盤の1話2話で、意味深ながらもいわゆる「魔法少女もの」テンプレをなぞるような展開で視聴者を誘導しつつ、3話以降は怒涛の鬱展開。中盤で過酷な魔法少女システムの全容が明かされるなか、一向に変身しない主人公・まどか。10話ではもう一人の主人公・ほむらの壮絶な過去が明かされ(ここでのほむら役・斎藤千和さんの熱演は見事!)、最終話ではついにまどかが壮大な願いと共に最初で最後の変身へ…。もう10話~12話までは何度繰り返し見たことか。そして改めて1話とか見ると実は伏線張りまくりだったこともわかって、なんかこう感慨深いものがありますね。ホント良く出来てます。そらBDも売れるわ。


まどかマギカ 感想・考察まとめてみたがスゴイな…
 放送後はあちこちの考察サイト回りましたよ

まどか☆マギカ : ヒット生んだ緻密な計算 「魔法少女」の常識覆す(まんたんウェブ)
 何から何まで「上手い」よなぁ

アニメ評 魔法少女まどか☆マギカ(京都大学新聞)
 京大生もぞっこん

朝日夕刊『魔法少女まどか☆マギカ』の評論が素晴らしいと話題に
 朝日新聞まで!

『魔法少女まどか☆マギカ』最終話感想(ちょいネタバレ?)
 SF作家・山本弘さんによる感想

「魔法少女まどか☆マギカ」お薦めです。(日刊田中けん)
 政治家も注目

魔法少女まどか☆マギカ WIKI
 改めて振り返ってみると、普通に観ただけでは気付かないような細かいネタも多いですね。
 10話に出てきた”一個だけ取っておいた”GSが、まさかあの子のものだったとは!


 放送中はもちろん、放送後もあれこれ話したくなる作品って良いものですね。虚淵氏による緻密なストーリーもさることながら、独特の世界観を見事に表現した新房監督、印象的なBGMを紡ぎ出した梶浦由記さん、その他スタッフやキャストのみなさんに大感謝。

 これからも魂を揺さぶられるような作品に出逢えることを切に期待します。


 ちなみに今期は『あの花』がいい感じですね。あなる可愛いよあなる。

ぼくの心の傷えぐらないでよ!アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が最高に卑怯!
 言われるまで気付かなかったけど、EDの「secret base~」にある”10年後の8月”ってちょうど今年なんだ。



 ついでに現在放送中の『STEINS;GATE』から、

助手と
jyosyu2


オカリン
okarin

 えらくワイルドなオカリンになってしまった(笑

この記事に対するコメント


おかりんワロタ
【2011/05/17 01:56】 URL | マシリト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/188-b29bdcb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。