1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーセン人間模様

鉄拳に限らず、ゲーセンで対戦していると対戦相手から声をかけられたり、共通の知人を通して話すようになったりして知り合いが増えていくことがよくあります。これもゲーセンで対戦する上での楽しみのひとつですね。
私の場合はシャイというか人見知りをしてしまうというか、知らない人に自分から話し掛けるというのはあんまり無いので、声を掛けられること自体はすごく嬉しかったりします。

ほとんどの方が気さくで感じの良い方ばかりなのですが、中にはその、なんと言いますか対応に困るようなイヤ~ンな感じな人もいらっしゃるわけです。
自戒を込める意味でもいくつか例を挙げてみます。

・解説くん
他のゲームでもそうですが、いますよね、やたらと解説する人。
頼みもしないのに「アレをガードしたらコレが入る」とか「アレの後にはああした方がいい」というように色々とウンチクを述べるわけです。
対戦格闘ゲームをしている場ですからある程度技術的な話題が多くなるのは仕方の無いことですし、明らかに特定の技や戦術にてこずっているような場合に親切心で教えてあげるというならまだわかります。
でも中にはいかにも「俺はよく知ってるぜ」みたいな雰囲気が醸し出されている人もいるわけです。知識自慢をされても困るんですよね。
私のようなヲタ系の人に多いかも。

・愚痴・嫌味を言う人
これもちょっと困ります。
愚痴りたくなるような時も確かにありますが、やっぱりカッコ悪いです。
影でコソコソ愚痴るなら害はありません。正直、私もたまにやります(汗
しかし対戦相手の後ろにまわって、わざと聞こえるように「つまんね~」とか言う人はちょっとどうかと思います。雰囲気も悪くなりますし。

・タメ口
いや、別に正しい敬語を使えとは言いません。親しみをこめてフレンドリーに接してくれるなら問題ありません。
でも初対面の時や、明らかに年上の人と話をするときくらいは「ですます」調の丁寧な言葉を使ってもらえるほうがこちらとしても安心できますね。
私の印象としては高校出たてくらいの若い人に多いような気がします。

・妙に態度がでかい
強いから、古参だからという理由でちょっと他人を見下した態度を取るような人もたまに見受けられます。対戦格闘ゲームですから強い人が偉い、とまではいかないまでも、ある程度の発言力が生まれるのも仕方の無いことかもしれません。
でもここは良くも悪くも謙虚さが美徳の日本社会。強さと礼節を兼ね備えた人はカッコいいっすよ。

・いきなり本題
同じゲーセンに入り浸っていると、話をしないまでもお互いに顔見知りというようなことがよくあると思います。
そんな時にありがちななんですが、ふと近寄ってきて「何の仕事してるんですか?」とか「○○さん(私の知人)ってどうしてるんですか?」みたいにいきなり話の核心から入る人もいます。
いや別に悪かないんですがビビリます、私が(笑
小心者なので・・・


まぁどんな方でも声を掛けて下さるのはありがたいことですし、いろんな人がいるからこそ楽しいんですけどね。

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/19-e824cba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。