1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削除技2

前回の続きです。
改めて見ると削除された技って結構あるんですね。
DRでは全てのキャラで削除技が無いことを祈りつつ。


凶襲拳(カズヤ 4RP 上段 鉄拳4)
発生も早めでガードさせてちょびっと有利になる上段パンチ。
なんでコレ無くなっちゃったんでしょうかね。一応、六腑凶襲拳という形で残ってはいますが。
コレと対になる形の頭蓋落し(4LP)と組み合わせれば結構楽しかったと思うんだけどなぁ。まぁ頭蓋落しの方が有利な上に中段だから性能的に埋もれてしまうんでしょうけど。
でもそれなら頭蓋落しを不利にすればよかったんじゃないかなぁ。そうすれば有利な凶襲拳、中段の頭蓋落し、ついでに下段の腿砕きとカウンター狙いの閃烈脚でワンセットの攻めが出来るかもしれないのに。あまりカズヤらしくないかもしれないけど。

ジンガ(エディ 両P 特殊移動 鉄拳3~TAG)
何を隠そう(?)昔のカポエラでは両Pで特殊移動が出来ました。・・・ただの横移動なんですけどね。
レバーによる横移動と全く同じ(多分)だったので無くなった事すら気付かない人も多いんじゃないでしょうか。
そもそも何でジンガが存在したのかが疑問です。システム担当者とエディ担当者の意思の疎通がされていなかったのかと余計なことを勘繰ってしまったり。

鰓突き(ニーナ 66RP 上段 鉄拳3~4)
リーチの長い上段攻撃ですが対戦でお目にかかることはめったにありませんでした。レバー操作を短くすれば鰓速突きになりましたが、こちらは更に使い道が無い。
何よりモーションがカッコ悪い。例えるなら片手で出すサルコンパンチ(マードック)といった感じでしょうか。往復ビンタや首刈り打ち(これも削除)なんかもそうですが3で追加されたニーナの技って素人が作ったようなダサいモーションが多いんですよね。
ただ使い道が無いというだけならキャラへの愛でカバーできますが、プレイヤーに使う気を起こさせないような技は存在意義が無いですよ。

オクトパスホールド
(キング アリキック4発目ヒット中RKRPLPRK 投げ 鉄拳2)
当時鉄拳をプレイした人の中で果たして何人が実践で見ることが出来たであろう幻の大技、オクトパスホールド!
いわゆる「卍固め」なんですが、プロレス技としてはポピュラーな割に条件が異様に厳しいんですよね。
アリキックなんて立ち合いではそうそう使わないし、たとえカウンターヒットしたとしても4発目までくらってくれる人はまずいない。一応アリキック中は中段のスピニングスマッシュが出せますが、大抵の人はしゃがみガードしてしまうし、慣れれば見てからガードできないこともない。しかもコマンド自体は簡単なのですがタイミングが多少シビアなので、折角チャンスが到来しても焦って失敗することもしばしば。
しかしそのダメージ量(80)と独特のモーションは一見の価値があると思います。その高々と振り上げられた左腕には神々しいものすら感じられますね。
何とか復活してもらえないもんですかねぇ。

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/35-0230645f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。