1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草野球

鉄拳の「練習をする」、強くなるために「努力する」、
こういう言い回しが自分にはどうもしっくりこないんですよ。

よく鉄拳関係の掲示板等で「○○ばかりやられて負けた」といった書き込みがあると、まぁだいたいは「対処できない奴が悪い」とか「練習すれば対処できるようになる」みたいな厳しい意見が出てくると思います。
そういった考えは確かにもっともなことだとは思うんですよ。1つずつ勉強して、練習して、実践して強くなってまた新しい課題に取り組む。鉄拳に限らず格ゲーというのはそういうスポーツ的な要素があるからこそ面白いんだと思います。

一般にトッププレイヤーと呼ばれる強い方々も一朝一夕で今の強さを手に入れられたのではなく、きっと長い時間と労力、そしてお金をかけて強くなっていったことでしょう。
そういった方々を私は(嫌味でなく)素直に尊敬しますし、これからも頑張っていって欲しいなとも思います。

でも私の場合、強くなるために努力しようとはあんまり思わないんですよね。
そりゃもちろん私だって負ければ悔しいし、同じキャラ・同じ技に負ければ「どーしたらいっかなー?」なんて対処法を練ったりはしますが、まぁだいたいその場限りで「別の人と対戦しよ」てな感じになったりすることが多いです。私の場合、どちらかというと勝ち負けは置いといてとりあえずその場にいる全員と対戦することを念頭に置いてるんですよね。

普段勝つために努力している人にとっては私のようなスタンスの人間は「向上心がない」と思われるかもしれませんが(正直、強い人に対する妬みや諦めといった感覚もなくはないです)、なんというかまぁその辺は考え方の違いということでご理解していただくしかないですねぇ。

とはいえ、テキトーにやっているというわけでもないんですよね。一応真面目に一所懸命やってるつもりなんです。「たかがゲームに・・・」なんて言われればちょっとムッときますしね。

スポーツに例えるなら毎日勝つために練習してる人は学校の部活感覚、私の場合はおっさん連中のやる草野球といった感じでしょうか。
週に一度の楽しみで決して不真面目ではないんだけど、かといって毎晩素振りしたり筋トレしたりするほどでもない。週末に同好のみんなで集まって楽しく対戦するのが一番の目的と言えるかもしれません。

勝利のために突き詰めて攻略していくのも面白いと思いますが、自分としてはあまり肩肘張らずに気楽に末永く対戦していく方が性に合ってるような気がします。単に年食ってきただけかもしれませんが(笑

「○○ばかりやられて負けたー」なんて言われたら「そうそう、あれきっついよなー」みたいな感じで軽く考えるのも鉄拳に対する付き合い方のひとつなんじゃないかと。

テーマ:鉄拳 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/40-20306e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。