1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘劇魂 vol.3

エンターブレインから「闘劇魂vol.3」が発売となりました。
tgd3
闘劇魂 vol.3
 (月刊アルカディア編集部 192P 1344円)

vol.2が出たのが去年の暮れなのでずいぶんとご無沙汰な感じですね。
内容はもちろん闘劇'06がメイン。あとはまぁ主要なタイトル(VF5、SC3、鉄拳5DR、サムスピ、GGXX等)の新着情報・攻略情報といったアルカディアの出張版みたいな感じですかね。
さすがにグラビアページは無くなりました(笑

気になる鉄拳情報は「ダブルアップ講座」と称されるもの。コンボダメージをあえて下げてその後(起き上がり等)の選択ミスを期待して高いダメージを狙う、というものなのですが私の周りでは「ダブルアップ」なんて言葉は聞いたことないっす・・・。もちろんそういう戦術自体はよく見かけますが。
トーキョーではよく使われる言葉なんですかね?
で、その肝心なダブルアップ講座なのですが代表的な例を数キャラで示してるだけで「後は自分で考えてね」的な内容です。ん~いいのかこれで?
むしろ参考として載ってる全キャラの最大ダメージコンボ一覧の方が(攻略情報としては)有用な気がします。
他には韓国プレイヤー(qudans、Knee、Nin、NengMyunSungin)の解説とアメリカの鉄拳事情。韓国勢は今回の闘劇ではパッとしませんでしたがやっぱり強いものは強いと。周り(というかアルカディア)が煽り過ぎているという気がしなくもないですが。

その他の特集では各ゲームのキャラクターランキングやプレイヤー名鑑、そしてメインである闘劇のレポートといった感じでしょうか。
プレイヤー名鑑は有名プレイヤーのアンケート、闘劇レポートはトーナメント結果といくつかの試合解説、優勝・準優勝者インタビュー(鉄拳はジロー氏・激鉄氏)で去年とほぼ同じ形式ですね。
キャラランキングは鉄拳でのトップはデビ仁と平八。ま、無難ですかね。ちなみに私のメインキャラは9段階中の上から6番目。嬉しいような悲しいような。
他のゲームのランキングもこれからちょっと始めてみようという人には有用かもしれません。

そして付属DVD。
まずは闘劇'06のダイジェスト。
いやもうこれ以上省略しようがないっていう感じの超ダイジェスト(笑
「このゲームでは決勝進出はこの2人(チーム)で勝ったのはこっち」てな調子で、もちろん対戦動画はほとんど無し。しかもナレーションもなんだか棒読み。わずか23分で9タイトル振り返るってのがそもそも無理があるような・・・。

次に前回もあった「思考の極致」が31分。
闘劇本戦の1試合をプレイヤーのコメントつきで見られるのですが、今回はメルブラとギルティのみ。鉄拳がないのが残念ですが次の「ベストバウト」で優遇されているので良しとしましょう。

そして「闘劇'06ベストバウト」150分。
闘劇本戦から各タイトル数試合の動画を副音声解説つきで見られます。
だいたい1タイトル5試合前後なのですが、鉄拳は最も多くて9試合。プレイヤーはノブ・メンストリュウ・シゲ・蒼天・ショウ(敬称略)他といった有名どころに加え、予備予選から韓国チームFreeStyleの4試合。
大会の動画というとどうしてもガチガチの守備的な試合内容を想像しがちですが、今回収録されてるのはわりと激しい攻め合いが多いので見ごたえがあるかと思います。
副音声の解説(鉄拳はハメコ。/ユウ)は意外(と言っては失礼でしょうが)にも良かったですね。素人のネットラジオなんかでありがちなボソボソ低い声で喋るようなこともあまりなく、また内容も変にオタク臭くなることもないので安心して聴けると思います。他の収録タイトルと比べても鉄拳が一番聴きやすかったですね。もちろんかなり贔屓目にみてますが(笑

鉄拳にしか興味のない場合このボリュームで1344円はちょっと厳しいかもしれませんが、格闘ゲームファンとしては結構有意義な内容なのではないかなと思います。
次号は秋発売ということらしいですが、なんとか最低でも「季刊」の刊行ペースを維持してもらいたいもんですね。

テーマ:鉄拳5DR - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/69-023163aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。