1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作ゲーム

FC2ブログには「トラックバックテーマ」なる日替わりのお題に対してみんなでTBしまくるというものがありまして、いつもは特に気にも留めないんですが今回のテーマが「わたしの心の名作ゲーム」らしいのでちょっと乗っかってみようかなと。

もちろん私にとって名作ゲームと言えば鉄拳シリーズであることはわざわざ明言するまでも無いことですし、その中でも1つ挙げるとすれば現在稼動中の鉄拳5DRなわけですが、過去作からとすると・・・やっぱり鉄拳3ですかね。

2から3への進化って結構劇的で横移動や受け身、下段捌きと言った今では当然のように実装されているシステムもこのとき登場しましたし、各種特殊構えが確立したのも3でした。三島家の代表技である「最速風神拳」もそうですね。
個人的なことを言えば当時自分はまだ学生だったので昼間っからやりまくっていましたね。大会とかに本格的に出だしたのもこの頃ですし、初めてゲーセンで友人ができたのも嬉しかったです。

ついでに鉄拳以外の思い出に残るゲームもご紹介~。
最近のゲームが少ないのは仕様です(笑

・クロノトリガー(SFC・PS スクウェア)
堀井雄二+坂口博信+鳥山明という当時としては夢のコラボレーションが実現した作品。今から振り返ってみると後のスクウェアエニックス合併が臭わされる企画ですね。(もちろん全く関係無いんでしょうけど)
クリエイターのネームバリューだけでなく内容の方も実に素晴らしく、綿密に練られたストーリーは細部まで必読。ロボのエピソードは泣かせてくれますね。
この作品が実質のデビュー作となる光田康典さんのBGMも素晴らしいですね。サントラ買いました。

・ファイナルファンタジーⅦ(PS スクウェア)
FFシリーズの中ではⅦが一番好きかなぁ。Ⅵのような群像劇も嫌いではないんですが、1本バチっと筋の入ったシナリオが好みです。
何気にPS2以降は未プレイだったりします。いつかはやろうやろうと思ってるのですが。

Ever17 ~the out of infinity~(Win・PS2・DC KID)
コンシューマギャルゲの最高峰。ただの恋愛アドベンチャーだと敬遠している人は人生損してると思います。
数々の謎や伏線を張り巡らし、最終章で明かされる壮大な仕掛けには誰もが「やられた!」と感嘆すること請け合い。
この手のシナリオを真に楽しめるのは初回プレイのみ、大袈裟に言えば一生に一度きりなので、ネタバレをくらう前にプレイしておくことを強くお勧めします。

・信長の野望 烈風伝(Win・PS コーエー)
信長シリーズでは烈風伝がお気に入り。今でもたまにやったりします。箱庭内政は病み付きになりますね。
あと道作りも楽しすぎ。田中角栄の気持ちがわかります(笑

・鋼鉄の咆哮(Win・PS2 コーエー/マイクロキャビン)
軍艦を自分の好きなように設計して海戦に挑む硬派なゲーム。
機銃や魚雷、砲塔兵器はもちろんのことミサイルや核兵器、果てはレーザー兵器やレールガンまで登場します。
大艦巨砲主義万歳。

・Stronghold Crusader(Win Firefly)
自由に自分の城(城塞)を築いてゆくRTS。洋ゲー。
RTSというとスピード勝負の忙しいゲームが多いですが、これは城壁や塔、城門などを機能的かつ美しく配置してニヤニヤしながらまったり楽しむゲームです。
もちろん敵の城を攻めることもできますよ。


自分の好みを語るのって何でこんなに楽しいんだろ。
以下はお約束のエロゲですよ。


AIR(Key)
私の初エロゲでありこの世界にハマるきっかけとなった作品。
千年の時を越える想いと親子愛がテーマ。
初回プレイで、号泣。
「もう、ゴールしてもいいよね」

加奈 ~ いもうと(D.O.)
先天的な腎不全を患う妹とその兄との物語。
いわゆる「セカチュー」のような古典的なストーリーなんですがエロゲにするとどうしてこうも泣けるのか。
当然私も、号泣。
「今日、海を見た。もう怖くない」

家族計画(D.O.)
泣けるエロゲとして必ず名前が挙がる作品。
様々な事情を抱えた男女が1つ屋根の下に集い擬似家族を形成していくハートフルコメディー。
例によって私も、号泣。
「生きることは、問答無用なのよ」

CROSS†CHANNEL(FlyingShine)
とある学校の放送部を舞台にした学園青春アドベンチャー(大嘘
ギャグシーンでひとしきり笑い転げた後、強烈な展開がまっています。
「―――また、来週」

パルフェ~ショコラ second brew~(戯画)
アンティーク喫茶「ファミーユ」を舞台に繰り広げられる恋愛物語。
軽快なテンポで爽やかな涙を誘う丸戸史明氏の出世作。
合言葉は、「里伽子は最後に」。
「お前の周りの世界は…お前が考えるよりも…ちょっとだけ優しいんだよ」

マブラヴ
マブラヴ オルタネイティヴ(age)
延期に延期を重ねて相当の難産の末に生み出された超大作。
さすがにその作りこみはハンパではありません。
ストーリーを説明するのは難しいですがメーカー公式では「超王道学園アドベンチャー」(マブラヴ)「あいとゆうきのおとぎばなし」(オルタ)。
「人類を、無礼(なめ)るな!」


エロゲなんてエッチでお馬鹿なものだとか、ときメモに毛が生えたものだとかいう先入観を持ってる人は(以前の私です・・・)ぜひ一度プレイしてもらいたいですね。

あと自戒も込めて、
エロゲを未プレイ非オタに薦めても突っぱねられる理由
「面白い物を人にすすめる方法」オタク編。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/80-50631387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。