1. 無料アクセス解析

鉄拳白書

3D格闘ゲーム『鉄拳』に関して想うことをダラダラと書き綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイル論 ~構え

鉄拳3で本格的に実装された特殊構え。(ペクのフラミンゴ等、2でもなくはなかったけど)
テクニカルキャラの必須要素であるこの構えに関しても当時からスタイル論の的になったりしていました。(例によって口上の方もお読みください)

特によく槍玉に上がったのがシャオユウの「鳳凰の構え」とレイの「寝る」。やたらと寝まくるレイは「寝レイ」なんて揶揄されてましたね。(Google検索:寝レイ
少なくとも私の地元では当時(鉄拳3)のシャオ使いレイ使いのほとんどが構えの類を使わずに(正確には構えによるスカシを使わずに)対戦していました。もっともその頃は強い技や安全・安定な行動をとらないことがある種のステータスのような感じだったので、他のキャラでも何がしかの技を封印してるプレイヤーは決して珍しくありませんでした。

そもそもなぜ構えが嫌がられたかというと、やはりその低いモーションによる高いスカシ性能でしょう。知っての通り鳳凰や寝るといった構えはほとんどの上中段をかわす上にリスクも少ないですからね。今でこそそういった構えを潰す技は増えてきましたが昔はホントに当たる技が少なかったんですよ。
しかも当時はバックダッシュ厳禁で常に接近戦を強いられてきましたから、ある意味バックダッシュ並に技をスカすこれらの構えが非難されるのも当然の成り行きだったかもしれません。
さらにこれらの構えからは強力な中段の浮かし技や下段技を出すことができるので、たとえ技をスカさなくてもキツイ2択をかけることができました。この辺は横移動の話にも通じるところがありますね。

そして時代は鉄拳5。さすがに「構えは汚い」なんていう人はほとんどいなくなりました。皆無と言ってもいいかも。
かく言う私も別に構えでスカされたり2択かけられても、特に嫌悪感などは抱かないですね。昔に比べて構えのリスクも増えたようですし。ナムコさんナイスバランスといったとこでしょうか。
あえて言うなら相手が構えを多用すると知ったときの「対構えモード」にスイッチを切り替えるのがめんどいと言えばめんどいかな。

ただ実は私、メインで某構えキャラを使ってるんですが基本的にダイレクトに構えることってないんですよ。安易なスカシや2択に頼りたくないってのもあるんですが、直接コマンドによる構えを使わずに構え移行する技を使っていかにスムーズかつ相手に悟られることなく構えるかってのを考えるのが楽しいんですよね。
相手からしてみれば「構えがあるのにもったいない・キャラの個性を消してる」と思われるかもしれませんが、なんと言うかこればっかりは昔からのスタイルなのでご容赦いただきたい。

鉄拳4以降は構えを持つキャラが激増してきた感じですが、一口に技を避ける構えといっても色々なものがありますね。

・下に避ける構え
前述の鳳凰の構え(シャオユウ)や寝る(レイ)が典型的ですね。ある意味オーソドックスに上中段を避ける構え。ダメージの高い下段とノーマルでコンボになる中段ももれなくついてきます。他にも座り(エディ・クリス)やハンティングスタイル(クマ・パンダ)なんかもそうですね。毛色は違いますがスティーブのスウェーも。
ある程度やりこんでる人ならこれらの技を確実に潰す技は必須知識としてわきまえているでしょうが、初心者さんにはちょっと厳しいかもしれません。

・横に避ける構え
ペク・ファランのフラミンゴやスティーブのウェービング、シャオユウの背向けは左右に技を避けることになります。単体での移動距離はそれほどでもないので、スカシ目的で使う場合は横移動→構えといった具合に使う事が多いかと思います。
言ってみれば特殊な横移動ですからキツイと言えばキツイ。ウェービングに至っては上段も避けますからね。
出せる下段が弱い構えが多いですが投げが側面投げになったり、横から打撃を食らったらコンボになってしまうこともあるのでこの手の構えで避けられるとちょっと理不尽さを感じてしまうことも。
せめて横移動からは直接構えられないようになんないっすかね?

・後ろに避ける構え
レイの背向けやセットアップビースト(マードック)がこれに当たりますね。構えに限定しなければ浮草(ポール)やスウェー(ブライアン)も入るかも。
背向けなんかは移動距離もたいしたことはないのでそれほど脅威というわけではないのですが、セットアップビーストはちょっと、ねぇ。
というか今作の構えのシステムで唯一ケチをつけるとしたらこのセットアップビースト。いくらなんでも下がりすぎではないかと。開幕の間合いで使われたら当たる技を探す方が難しい。せいぜいタックル系やスラッシュキック系くらい?
下手にステップ系なんかで近付こうものなら待ってましたとばかりの立ち途中攻撃。手を出さなければそのままじりじりと待つか初心者泣かせのスピアタックル。いやホント勘弁してくださいマジで。
こう思っているのは私だけではないと信じたいっす。

最近は特殊構えの種類も増えてきたので他の構えと比較して避けやすい避け難いの差別化は別にあっていいと思うし、構えでスカされること自体は取り立ててイヤというわけではないのですよ。
ただどうせ構えるなら苦し紛れに構えるんじゃなくてなんと言うかこうスマートにと言うか、やられた方が思わず「シマッタ!」とうなってしまうような使われ方をしたほうが私は面白いですね。テキトーな技をガードさせて構える・構えないの2択ばかりというのはテクニカルキャラとしてはちと芸がない。まぁこれは構えに限ったことではないのですが。

テーマ:鉄拳5DR - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tekkenwp.blog14.fc2.com/tb.php/86-13aacbd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
近況

ズイカク

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
pick up
RSSフィード
ブログ内検索

リンク
Thanks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。